Theory
神経塔の潜り方
一般 | アイテム | 異形

もくじ

これだけはやるな これだけはやってくれ やっておいた方がいいこと ほか


これだけはやるな 〜やっちゃいけない事あれこれ〜
●未判明の表向きの文様を踏む
表を踏むと自分に害がある文様は「自爆」「腐食」「古化」「食料」「散乱」「消失」
裏を踏むと自分に害がある文様は「回復」「散乱」
場合によっては害になるかもしれないのが裏の「食料」
シチュエーションにより益害が別れるのが「飛翔」「嵐」「反転」
その時の自分の状態や進め方によっても変わってくるが、少なくとも表の文様は踏まない事にした方が無難。自分で設置した文様以外はトラップと見ていい。育てた剣が食料文様で肉や心臓に変わって泣いた人は多数いるようだ。
どうしても表の文様を踏まないといけない場合のリスク回避考察(別項目へのリンク)
表向き文様表向き文様はこんな感じ
裏向きだと全体的に暗い色調。
●グリロに囲まれる
グリロは1匹づつ片付けるのが基本。出来れば骨等の飛び道具で遠くから倒したい。1、2撃で倒せるくらい剣が強くなっていたら普通に倒してもいい。倒すのに時間がかかるうちは下手するとアイテムを持ち逃げされる。追い掛けるのは結構大変。また、複数のアイテムを持ち逃げされた場合、最後に盗まれたアイテムは倒せば取り戻せるが、それ以前に盗まれたものは取り戻せない。
グリロさん近影グリロさん近影








これだけはやってくれ 〜やっておかないと、後で泣く羽目にもなるかも?〜
●心臓、肉、回復の液は最大値上げに利用する
心臓、肉、回復の液で最大値を上げるために、最大値にちょっと足りなかった場合、回復にはありとあらゆるものを使う事(例えば耐毒偽翼を身に付けてるときは毒骨も回復アイテムになる。歪んだコートを着ていた場合ほとんどの骨が回復アイテムに)
 
●物の者に預けている荷物をメモに取る
感覚球に投げ入れた物(回数)もチェック。常に物の者にあといくつ物をあずけられるかを確認する。
また物の者の収容スペックを上げる為に、なるべく以前とダブらないアイテムを転送するように心掛けよう。
 
●ソコンポを通路で倒す時は、手持ちアイテムの所持量をいっぱいにしない
ソコンポはまれに食料文様を落とす。倒した後にこれを取り損ねると、床に食料文様が落ちる事になる。誤って踏まないようにしなければいけないのは勿論だが、これが通路のまん中だった場合、先に進めなくなる。
手持ちのアイテムが所持量限界だと、自動的にアイテムは床に落ちるので、それを避けるために所持量限界の状態はさける方がいい。
また、どうしても通路のまん中に落ちてしまった場合は、食料になっては困る物を床に置いて踏むという手もある(無防備になるので周囲の異形は一掃すること)
ソコンポさん近影ソコンポさん近影








やっておいた方がいいこと 〜やっておけば何かと安心安全〜
●剣・コートの育成
このゲームは一番最初の探索時を除いて全ての最下層の一階手前のフロアに感覚球が2つある。そしてそのフロアには異形が出ない。つまり、最下層前に剣とコートを地上に転送しなさいという事だ。攻撃の液、防具の液、攻防の液を使うと剣やコートが強化されていく。強化された装備品を次の探索でも繰り返し使い、強化を繰り返していくのが攻略への近道である。
勿論コンスタントに最下層※1まで辿り着けるくらいの腕を持たないと、剣やコートを繰り返し使用する事は難しい。(勿論、最下層手前のフロアの感覚球で地上に送っても構わないが、ややロスの多いやり方と思う)
育てる剣・コートには防腐の液を注入するのをお忘れなく。もしもの場合に備えて俺印を押しておこう。
また、どうせ育てるなら基礎的な属性やパラメータの高い装備品を育てよう。
○育てるに値する剣
 三属の剣―基礎属性が良い剣。
 吸収の剣―斬り付けると剣側でも成長していくので、注入液でバックアップしていけばどんどん育つ。炎・氷・雷虫などで攻撃に属性をつけよう。
○育てるに値するコート
 歪んだコート―他のどんな良いコートを持っていても、これを拾ったらこちらに乗り換えるべし。腹痛虫を寄生させたら最強。
※1:探索時によって最下層が何階かは異なる。判明骨を壁に投げ当てると判明する。しかし探査中にフラグを立てると、その段階から深くなる事があるので注意
●育成中の剣・コートのバックアップ
どんなに注意しても不慮の事故や不注意でアイテムを失う事はある。それが充分育った剣やコートだった場合、ダメージは大きい。物の者の収納量が充分な場合は、剣やコートのバックアップを彼に預けていこう。
バックアップは追加の箱で取れる。追加の箱を見かけたら取りあえず感覚球で物の者に送ろう。
 








ほか 〜より楽しい神経塔ダイブ生活のために〜
●どの焼印を押すか?
神経塔では判明印、地獄ダンジョンでは不動印がおすすめ。地獄ダンジョンには未判明アイテムがないらしい。
それ以外は好きな焼印を選ぶのでいいと思う。
焼印は押し直しが面倒なので、よく考えて押そう。
 
●どの寄生虫を寄生させるか?
コート 歪んだコートには腹痛虫が必須。腹痛虫は自分にも寄生させられるが、繰り返しコートを使う気ならコートに寄生させよう。それ以外のコートなら状況に応じて※2、コートにしか寄生させられない虫を優先的に寄生させよう。
大抵の剣で流星虫は役立つ。また、剣の攻撃属性を補うために炎・氷・雷虫のいずれかを複合させて剣や自分に寄生させるのは定番。
自分 三属の剣や歪んだコードなどで自分に攻撃属性やステータス異常回避の虫を寄生させる必要がない場合は、運虫や流星虫など好きな虫を寄生させよう。
※2:フロアによって出現異形が違うが、異形によってステータス異常を起こす攻撃をしかけてくる場合があるので、それらに応じた寄生虫を使おう。必要なくなったら上書き寄生させればいい。焼印と違って寄生虫は後から別の虫をどんどん寄生させられる
●どうしても表の文様を踏まないといけない場合のリスク回避
廊下のまん中に設置してあるなどしてどうしても踏まないといけない未判明※3の文様がある場合のリスク軽減方法を考えてみた。
○消失文様/食料文様 育てた装備品を失う可能性があるので、失いたくないものは床に置いてから踏む。(無防備になるので周囲の異形を一掃してから)
○散乱文様 無防備になったところを攻撃されるとまずいので異形を一掃してから踏む。
○飛翔文様 消失、食料文様対策で必要な装備品を置いてある状態で別の部屋に飛ぶとまずいので、予備の剣、コートを所持しておく(食料になっても惜しくないものを)
○消印文様 いつも押している焼印の予備を所持しておく
「異形に踏ませる」という方法もあるが、誘導も踏ませた後も危険なので、あまりおすすめしない(飛んでる異形しかいないフロアだと使えない手だし)
究極の回避方法は「反転文様でひっくり返す」あるいは「集束刑具で室内に移動させる※4」。

という訳でまとめると
「予備の剣・コート・焼印を常備し、周囲の異形を一掃してから、失いたくないアイテムを床に置いて踏む」あるいは「反転文様か集束刑具を常備する」
ということになる。めんどい…


※3:異形が落とした場合は何の文様か推測出来る。また、文判印を押している場合は近付いただけで分かる。それぞれの文様で必要な対策を取ってから踏もう


※4:異形も集まっちゃうのでそっちの対策も必要になりますよ
●歩加骨の活用法
フロア内を隈なく探索してる時に、行き止まりにきてしまい、未探索の部屋に戻るまでめんどい時に齧ります。(別にわざわざ書く程の事でもないような気もしてきた…)
 
●追加の箱の使いどころ
増やしたいアイテムを一度置いて拾ってから追加の箱を開けると、好きなものを増やす事が出来る。 複数あると便利なもの、あればある程嬉しいもの、バックアップを取りたいものなどを追加の箱で増やそう。

  • 複数あると便利なもの
    双子の箱 二つないと開けられないので、一つしか無いときは追加の箱で増やそう
    双子の剣 1本でも使えるが、折角2本まで装備出来る剣なので、追加の箱で2本手に入れよう
  • あればあるほど嬉しいもの
     人によって多い程嬉しいアイテムは違うと思うが、私は攻防の液をよく増やした。

  • バックアップを取りたいもの
     塔内部ではどんなに気をつけていても不慮の事故※5で育てたコートや剣を失う事がある。
     そこで、追加の箱を感覚球で送っておき、外界で回収した剣やコートを追加の箱で複製し、片方を装備して片方を物の者に預けよう。装備した剣やコートは塔の中で成長しているので、たまにはバックアップの取り直しもしよう。私は装備品とバックアップに10ポイント以上差がついたら取り直しをしていた。


※5:グリロに盗まれる、食料文様を踏んで食料になってしまう、消失文様で消失してしまう等


一般 | アイテム | 異形
|| page top | site top ||