マニュアル車を操作してるという喩え

ADHDの人がどういう状態かを説明する喩えに「マニュアル車を運転している」というのがあります。
健常発達の人はオートマ車なわけです。
この喩えを使うと、免責事項の2番目の項目についてもわかりやすく説明出来ます。つまり

「『縦列駐車が苦手』? そんなの誰だってそうだよ。私も苦手だよ」
「そりゃオートマ車だって縦列駐車は大変だろうよ。でもマニュアル車は大変さが全然違うの。それ分かって言ってる!?」

子供のうちはADHDの傾向がある子が多いけど、年を経るにつれて数が減っていくというのも、これで説明がつきますね。
オートマだろうとマニュアルだろうと運転し始めは運転手がなれなくて上手く制御できなかったりする。でも、オートマの人は大人になれば上手く出来るようになる。マニュアルの人は大人になっても上手く出来ないままの人が少なくない。

現実のドライバーはマニュアル車とオートマ車を選んで乗れますし、後から乗り換えることも出来ます。発達障害の場合は本人が選んだわけでもなければ乗り換えることも出来ない。逆にオートマの人がマニュアルに乗り換えることも出来ないです。そういう状態のことに対してADHDという名前をつけているので。乗り換えようと思ったらできた場合は、それはADHDって言わないの。

車の仕様がマニュアルでも、運転手の側が運転になれて一見してオートマ車に乗ってるかのような人もいるので、注意が必要です。
そういう場合は、本人が普通以上に疲れていたりする。無意識レベルまでに自動化していたとしても、処理すべき事柄が多いため消耗するんです。消耗しても大丈夫なくらい元々の体が頑強な人は、それはそれでいいんじゃないでしょうか。問題が発生してないわけだから。私は体が弱いので羨ましいです。

この喩えは当事者でもすとーんと腑に落ちるし、多分健常発達の人にもイメージしやすいんじゃないかと思います。今後も使っていこう。

ちなみに私のリアル自動車免許はオートマ限定です。自動車の運転くらい自動化させてくれさい。


「マニュアル車を操作してるという喩え」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。