「ある種のコスプレクラブ」mixi2005年01月29日

mixi転載日記です。
時代劇にたまに白拍子が出て来ますが。あれって男の人のカッコをして踊る女の子なんですよね?
男装モエーって事なの?ある種のコスプレクラブなのかしら…とか思ったり思わなかったり。どっちだ。
そういうわけで、頭痛がひどくて会社に行けなかったたじまです。
おかげで今日は太平記の初回放送をリアルタイムで見れました。
さて第三回です。
今回は赤井英和(楠木正季) →陣内孝則(佐々木道誉) →宮沢りえ(藤夜叉) と、 下手な役者三連コンボ です。
でも下手でも役にあってるので全く問題ありません。特に陣内さん。 (3人ともボクサーとかロッカーとかアイドルとか、役者以外の仕事をしてたんだからしょうがないよね!)
わたしゃこのドラマの中では全ての役者が好きですからねぇ(なんでそんなに好きなのかは自分でも分からない。ストロング金剛やミスターオクレすらいい)
ところでこの話を見ていて思ったんですが…
片岡孝夫[現・仁左衛門](後醍醐天皇)って、美形顔つーかとても柔和で落ち着いて整った顔じゃないですか?これはなんだか「いい男すぎてヤバい」レベルかもしれない。つーかヤバい。
いい男といえば榎木孝明(日野俊基)もいい。
なんかいい男がよってたかって出てくるのでいい番組です。
それとERのグリーン先生やエンタープライズのリードでおなじみ、井上倫宏さんが四条隆資役で出て来ました。まあ、ちょい役なんですが。

その後陣内さんはメインがロッカーというよりすっかり俳優さんになりました。