【ヴィラル】鉄ヤスリと紙ヤスリで磨く

ひたすら磨いています。
なぜなら、プラキャストの注ぎぐちとか、バリとかを取り去り、その跡をヤスリで磨かねばならないのです……。
と思っていたら、奴のことをすっかり忘れてたぜ!!
それはパーティングライン!!!
パーティングラインというのは鋳造する際に出来る型と型の境界線であり、そういう意味ではバリと一緒か。どうしても段差が出来るんですね。
エッジのところだと比較的目立たないのですが、それでもエッジとは別にラインがあるなーこれ取りたいなーとか思って磨いたらエッジが甘くなったりなくなったり……いっそのことエッジじゃない場所にあってくれた方が助かるな!!!
とかぶつぶついいながら磨くわけです。キモイとか言わない。

どういうパーティングラインにするかというのも、原型制作後の型作りで重要になってくるわけです。
シリコンとはいえ極端な逆勾配にする訳にはいかないですからね。なるべく抜け勾配に……
抜け勾配って何? という人はググってくれや。

まあ、原型つくる人も大変なら、ガレキを組み立てるのも大変ってことです。
そういう意味では、3〜4千円で買える完成塗装済みフィギュアとか、あまりの値段の安さに目眩がします。
中国の工場では一行程を一人が担当してるらしいですが(テレビでやってた)、一体何人必要なのかと。
まあ自分で作るガレキは行程も楽しむのがポイントですけどね。逆に楽しめなかったらほんと地獄の沙汰ですよ。
まだ磨き中なので特に見せられる写真もなく、地味な観測日記ですません……。

とか言ってる間にもライドウのアクションフィギュア発表されましたが……。

こんなにちゃんと作ってあって4,410円とか、どうなってんの、ほんと(白目)

ライドウ次回作への布石&お布施だと思って、当然買いますが!
鳴海所長が付属しないのが不満。