バーディー本ができました

10月12日のイベントで鉄腕バーディー本を無事発行しました。わーい。
みんなありがとー!
イベント当日私はふらふらだったのですが、ゆうきまさみファンの皆様にお会いできて本当に嬉しゅうございました。差し入れを下さった方もいて、なんだか申し訳ありません。ありがたく頂戴いたしました。
当日お相手してくださったみなさま、ありがとうございます。

特に落ちがない投稿ですいません。報告と喜びの表明でした。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ


【告知】10月鉄腕バーディー本出しますよ【同人】

このサイト、最後の投稿が夏コミ落ちました速報って、ひどい。

COMIC CITY SPARK 9(2014年10月12日(日)開催)にサークル参加します。
「ゆうきまさみプチオンリー『ゆうき缶』」に参加します。
鉄腕バーディーの新刊出します。詳細はまた後日。
「ゆうき缶」さん発行のアンソロジーにも寄稿いたしました。
よろしくお願いします。


岡田トシオさんの話題

「岡田斗司夫の毎日メルマガ〜力尽きるまで」というメルマガを読んでいます。岡田さんが毎日気軽に読めるテキストを配信しているメルマガです。タイトルは死にそうですが。
有料のコンテンツもやっている方なので無料で読めるこの辺の内容はライトな内容がメインなんだとは思います(有料コンテンツの方を知らないので比べられない)が、読んでいるとたまに「岡田さん、その認識温いよ!」と思うことがあります。
岡田さんと言えばナディア作ったりオタクアミーゴスだったり大学でサブカルについて教えたりしてるオタクの大大先輩なのでそんな偉そうな事言えるような立場じゃありませんけども。たまにあるんです。

「HUNTER×HUNTER」の連載再開のニュースがネットを駆け巡った次の月曜、意気揚々とジャンプを買ったら掲載されてなくて意気消沈した、という話の日がありました。岡田さん、相手は富樫なんだよ!? 実際にジャンプに掲載されているのをこの目で確認するまで信用しちゃダメ、というか本当に掲載されるなんて思っちゃダメだよ!!! 実際は掲載予告が一ヶ月位前だったから岡田さんがフライングしてしまったという話だったのですが。富樫ファンとしての習性が身に付いてるので、私はそんなにすぐに載るとは思ってなかったですね。素で。

それから「アオイホノオ」ドラマ化にあたっての話。
以下引用です。

「当然、ドラマ化の時はそういうデタラメはしないはず。ちゃんと普通のドラマっぽく、俳優さんたちの力関係や人気度に応じた登場頻度になるはずです。

なので、僕としては「全12話で、1話40分程度」というフォーマットなら、岡田トシオの出番は無い、と踏んでいました。

庵野くんたちが自分のアパートでアニメ作ってる描写さえあれば充分。そのほうが?モユルの行動範囲内です」

ドラマに自分は出ないだろうと思っていたそうです。
普通のドラマの文法だと、ああいった内容(原作ね)にはならないだろうと。
温い、温いよ岡田さん!
「アオイホノオ」でDAICONアニメ制作がどんなに重要なパートか、分かってないよ岡田さん!
ちなみに、1クールだったら12話前後だと思いますが、30分枠の番組だったらもっと短いと思いますよ岡田さん。

そんなわけで、オタク的にははるか遠くの人だと思っていた岡田さんも、結構お茶目だなあと思うこのごろでした。


twitterから引っ越ししてきた話題

長くなりすぎて140字でまとめられないのでこちらで返信します。

いくつかひっかかるところがあります。

漫画原作がドラマの足を引っ張るのだとして、多分中園さん、つまりドラマ制作の脚本のような立場(ドラマの中枢を担うにも関わらずプロデューサーやスポンサーや局よりも下の立場)から見た時、やりたいことを原作をかさに制限されるという不満があるんだろうと思います。

しかし、どこの業界であれ自分の作りたいままに作らせてもらえている環境の創作者の方がまれです。それが可能な人は、「すでに実績がある」か、「製作費を全て自分で出している」かのどちらかです。そのどちらでもない立場の人間がそれをさせてもらえないのは当然だし、そもそも中園さんがくさしている原作を書いた漫画の作者だってそういう下積みの時代を経て、そこで実績を得、漫画の業界で評価され(売れて)生き残ってきたからこそ、ドラマ化までされるような原作を作り上げるに至っているわけです。

それに比べてそういったことをしていない「下の立場の」ドラマスタッフが「自分の思うようにドラマを作らせてもらえない」なんて当然のことです。

そういう意味では中園さんが橋田脚本賞の檀上で言ったのは、「私もよやく実績を作った! ものが言える立場の脚本家になった!」という気持ちの裏返しだったのかもしれません。
でも、だとしたらだからこそ、漫画原作がドラマをダメにしているなどという認識は、浅識と言わざるを得ません。
実に残念な話です。
ただ黙って、人気漫画の原作に負けない脚本を書けばいいというだけの話です。
漫画原作の人気にあやかって、制作の手を抜こうとしてるスタッフが間近にいたらその姿勢を正してやればいいだけの話です。

もう一つひっかかったのは、「漫画原作が」というところ。
条件は同じだと思うのに、「小説原作」については同じことは言わないんですね。
小説に関して言うと責められそうだけど漫画なら構わないだろうという意識が透けて見えます。
漫画を下等なメディアだと思っているんだろうということ。
個人の意見なのでどんなものであろうと構いませんが、今の時代に時代錯誤な人だなと思います。

最後に、さちみりほさんの意見の中にある、ドラマ化されると大抵改変されてしまうということについて。
これに関して漫画原作と原作ファンは完全に被害者(あえて『被害者』と言います)なんですけど、そういう認識はないんでしょうね。
これは中園さんに限らないんですけど、漫画を原作にしたときのテレビドラマの制作側は「ドラマ化されてテレビで放送されたら売り上げも伸びるし、有名にもなるし、うれしいだろ? いくら感謝してもしたりないよな?」という感じの認識なんじゃないかなあと思うことがよくあります。なんかそんな空気があります。原作漫画ファンの被害妄想乙と言われたらその通りですし、そうなのかもしれないけど、そう思うんです。
何しろひどい改変をして、悪びれもしないからです。
漫画のここのところ、ちょっと直しといたけど、いいよね? って感じで。
確かに漫画で書く分には問題ないけど、テレビで実写でそのまま映像化すると問題がある、というような表現というものも世の中にはあると思うので、改変が必要な場合もあるとは思います。
でも漫画原作テレビドラマの改変の大半はそういうのを大きく逸脱してますよね。
だから上記のように思うんですよ。
むしろ被害者はこっちなのに中園さんはこっちが被害者、悪いのはそっち、と言ってるので、ひっかかるんですよねえ。
とはいえどちらが被害者とか、そういう話をしたいわけではないんです。そんなところで言い争いをしたいわけではないので。ただ、中園さんとテレビドラマでいわゆる「原作レイプ」された原作漫画ファンの間には深くて広い溝があるような気がしてなりません。

さちみりほさんは漫画家さんの立場で憤っておられますが、私は漫画ファンの立場で上記のように思っております。

漫画が原作のドラマを脚本を書くことになってくさしている脚本家の人たちに言いたい。あなたが脚本を書くことになった漫画を書いた人は、あなたの何十倍も頭をひねって編集さんとの打ち合わせを経てその作品を世に送り出し人々の支持を得た、大先輩なんですよ、と。

真面目に語って熱が出てきた:;(∩´﹏`∩);:終わりです。

追記

漫画原作ドラマについて、みなさんに知ってほしいことがあります!
何度でも繰り返し言いますが、「風魔の小次郎」の実写ドラマは本当に素晴らしいです。改変している部分ですら原作っぽさを損なっておらず、むしろ制作側の原作愛を感じるほどの出来栄え。
全ての漫画原作ドラマスタッフに見てもらいたいです。


北崎さんのフルネーム(非公式)

仮面ライダー555に北崎さんっていう人が出て来ますよね。
ドラゴンオルフェノクの人。ラッキークローバーの。

昔から下の名前が不明だったんですけど、リアルタイムで視聴していた人に聞いても「ない」らしい。
誰も下の名前で呼ばないし。設定上でどこかで発表されたりもしてないらしい。

もう北崎さんは下の名前なしでいいよと思ってたんですけども、先ほど衝撃の事実が判明しました。

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

北崎快さんですとー!!!!!

私たちのような藤田玲廃人にはご褒美です。北崎先生本当に本当にありがとうございました。

北崎先生はただいまヤングキングアワーズで源義経の漫画「ますらお」を連載中です。みんなで北崎先生を応援しよう!!

義経好きな私はますらお目当てで購入しましたよヽ(・∀・)ノ

最後に廃人のたわごと。

な?


少佐の演説藤田玲愛好会版

明けましておめでとうございます。表題のようなものを作ってみました。

諸君 私は藤田玲が好きだ
諸君 私は藤田玲が好きだ
諸君 私は藤田玲が大好きだ

555が好きだ
牙狼が好きだ
風魔の小次郎が好きだ
リンダリンダラバーソールが好きだ
ミュージカル黒執事が好きだ
レ・ミゼラブルが好きだ
愛が殺せとささやいたが好きだ
ロック・オブ・エイジズが好きだ
幼なじみが好きだ
赤毛のアンが好きだ
ユンカーズ・カム・ヒアが好きだ
ダブル・ブッキングが好きだ
殺人鬼フジコの衝動が好きだ
DUSTZが好きだ

演劇で 朗読劇で
ミュージカルで ライブで
テレビドラマで アメスタで
Twitterで イベントで

この地上で行なわれるありとあらゆる藤田玲参加の催しが大好きだ

チケットを入手してイベント当日までわくわくと楽しみにするのが好きだ
急いで入金したチケットの整理番号が一桁だった時など心がおどる
イベント会場で玲君宛に送られた花を見るのが好きだ
ファン有志が贈った花束が並べられていたときに
色合いが揃っていた時など胸がすくような気持ちだった
DUSTZの物販で散財するのが好きだ
初めて参加した新規ファンが、全てのグッズを買いそろえる様など感動すら覚える
ライブの初めがwarningのときはもうたまらない
集まった最前列の観客たちが歌うRAYとともに
赤いバンダナをひたすら回し続けるのも最高だ
照明が眩しいステージ上で汗かきの玲君が大量に汗をかきながら
力強くパフォーマンスを魅せる時など絶頂すら覚える
人が多いライブ会場で滅茶苦茶にされるのが好きだ
楽しそうなイベントに日程の都合で参加することができないのは とてもとても悲しいものだ
玲君の芝居のチケットを買って口座の残高がピンチになるのが好きだ
必死に働き続け にも関わらずスケジュールが合わずに追っかけに参加できないのは屈辱の極みだ

諸君 私は藤田玲を 地獄のように藤田玲の仕事を望んでいる
諸君 藤田玲を愛する愛好者諸君
君たちは一体何を望んでいる?
更なる藤田玲を望むか?
情け容赦なく糞の様に激しく 藤田玲を望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す 嵐の様に藤田玲を望むか?

「藤田玲! 藤田玲! 藤田玲!!」

よろしい ならば追っかけだ!!!!

引いた? 引いた? 私は引いたわ〜〜(作っておいて)


段々マイナーになる

昔同人界では星矢のバブルがあって、キャプテン翼とかも人気で、あと人気漫画やアニメが色々あって、私は
星矢→銀英伝→パトレイバー→サイバーフォーミュラ→スラムダンク→スタートレック→LOTR→ライドウ→月9西遊記→実写風小次→牙狼→タイタニア→鉄腕バーディー→グレンラガンという具合に(必ずしも順番通りではなくて重複してたり前後してたりしますが)ハマってたんですけど。

必ずしもグラデーションになってるわけじゃないですけど、確実にマイナー志向になってますよね。
グレンラガンもリアルタイム時にはまってたらそれなりだったんでしょうけど、今ですから。ハマったの最近ですから。
タイタニアとかバーディーとかほんとに本がないです。
星矢からサイバーフォーミュラまでは比較的サークルのあるジャンルだったので餓えを感じたことはなかったのですが、スタートレックにハマって「ああああマイナーだ」と思ったのですが、その後の牙狼、タイタニア、バーディーに比べたらとてもマイナーとは言えなかったです(あと今は新作映画の公開で別の意味でファンの裾野が広がっているともいえる。とはいえ、ベネディクトさんのファン怖いんだけど)。

あ、幽白やハンターも好きです。読むだけだったらトライガンマキシマムやヘルシングなんかも。スケットダンスも読んでます。

とにかくアリアバートとか千明和義とか零なんかはもう私が描くしかなくて、検索してもコミケに言っても少ないorないだったので、絶望しました。非常に絶望しました。その点、リアルタイム時に買っていた同人誌を貸してくれた人がいたグレンラガンは本当に恵まれてます。

しかし、ここ2ヶ月くらいずっと体調を崩していて、会社と家の往復と文鳥の世話しか出来てない状態です。あと真・女神転生4。

とりとめなくてもうしわけない記事なのですが、タイタニア4巻でやはりというかどうしてというか、アリアバートがあんなことになってしまいましたね。
5巻で完結という話なので、完結するまで細かい事は言わないつもりですが、私はかなり衝撃を受けました。
どれくらいかというと、仕事中とかに不意に思い出して心臓が苦しくなるレベル。子供だったら泣いてます。
そういえば銀英伝のキルヒアイスの時は泣いたのでした。

マイナーといえばバーディーも負けていない。本を作っても売れないし(スタートレックの方が売れます)。
作品のファンがいないのか、私の同人誌作りが悪いせいなのか、多分後者でしょうけど、前者の人は薄い本を求めてないのかなあと思ったりします。
私はチョビの薄い本すっごく読みたいんですけど。
それを考えるとあれだけサークルがあって作家さんがいた内海黒崎ってすごかったのかな。
ゆうき先生はいい男をピンで出すのでやめて欲しい。WXIIIの石原とか。
「白暮のクロニクル」毎週楽しみに読んでるんですけど、いい男オンパレードですね。ファンとしてはうはうはです。そして今後の展開が気になります。椎名高志先生みたいにもうすこし腐心を踏まえて書いてくれてもいいのになあ。あからさまに狙ったのは厭ですけど。

まあ長くなりましたが駄文でした。


帰国

行ってきたよ、フランス。パリ。ジャパンエキスポ。
見て来たよ、フランス語字幕付きの「妖刀」。
トークショーは写真撮影禁止だったんだけど、その後東北新社ブースで玲君とファン一人一人の記念撮影の時間が設けられたので、沢山のフランスのファンと触れ合っているのを見て来ました。

あとはTwitterにも書いたんだけど、オランジェリー美術館の突然の臨時休館とか、あったんですが(弾丸ツアーだったので、他の日にオランジェリー美術館振替が出来なかったんです。スケジュールぎちぎちだったので)、全般的にはステキな体験が沢山出来た渡仏でした。
でも全部レポートするには時間がかかってしまうので、気が向いたらおいおいに。

行きはシャルル・ド・ゴール空港からパリ市内の目的地に移動する際に、全然違う場所で下ろされてしまっていきなり迷子になった(iPhoneのGoogle地図アプリで、全然違う場所にいることが分かった)。
そこから本来の目的地にタクシーで移動するのに余分に20ユーロかかったんですよ! パリ市内と空港間の移動は成田と違って割と近いので(とはいえタクシーだと料金は50〜60ユーロする)、タクシーを使ってたのですが、そういう事があったので、行きに余分に払ってしまったタクシー代を取り戻すために帰りは最寄り駅から地下鉄で空港まで行った! 旅行用の大荷物抱えてるので駅での乗り降り、乗り換えがちょっと大変だけど、パリでの地下鉄の乗り方はマスターした!

帰りは、飛行機のトラブルで2時間以上の出発の遅れ。成田着の段階で2時間半遅れました。ただ、元々朝8時着の便だったので、2時間半くらいの誤差ではそんなに困りませんでしたね。まあ、その後会社に直行したので、予定より遅れてしまったというのはあったのですが、うちの会社出社時間緩いので……。
その後アメリカで飛行機着陸時の事故で死人が出たと聞いたので、エアーフランスはちゃんと飛行機運航してくれて良かったなと思いました。

ちなみに今回フランス(正味3日)でやったことは

  • パリ在住の母の友人に仕事を頼んだので前金を届けるミッション
  • マルモッタン美術館に行く(丁度マリー・ローランサンの期間限定の企画展をやっていた)
  • オランジェリー美術館に行って、臨時休館だったので、悔しさのあまり呆然とチェイルニー公園を横断
  • オランジェリーに行けなかったのがもったいなかったので、ネットで調べてヴィクトル・ユゴー記念館に行く
  • 今パリで評判のアイスクリーム屋さんでマンゴーのシャーベットを食べる。んまかった。
  • 夕暮れのセーヌ川をマリー橋から眺める。ライトアップされててキレイ
  • ジベルニーのモネの家に、睡蓮の池を観に行く
  • パリ滞在中にお世話になった母の友人の方と色々お話した。その方の娘さんとも色々お話した。日本人とはいえ、フランス在住の方なので、やはり普通の日本人とは感覚が違って、話していて面白かった
  • Japan Expoに玲君を観に行く
  • お土産品を買いに地元のスーパーに行く。おやつと紅茶を買う。
  • それとは別に世那っちの誕生日プレゼント購入
  • ユゴー記念館からホームステイしてるお宅に戻るまでの間にあったアンティークと古道具の間くらいのお店で自分用にお土産購入。コップ。かわいいの

中3日でこれだけやったので、充分であろう。
マルモッタン、オランジェリー(入れなかったけど)、ユゴー記念館の日は一人行動だったので、最初緊張してたんだけど、パリの地下鉄の乗り方段々慣れて来て、楽しかったです。

モネの家があるジベルニーはパリからは少し離れている(電車で1時間、バスで20分)のですが、今度その近くに印象派美術館が出来るみたい。まだ正式には開館してないんですが、付属のカフェは営業していて、そこはよいお店でした。

と、とりとめがなくなったところで、この記事はおしまい。また何か思い出したら、ここに書くよー。

【追記】
ルーブル、ポンピドゥー、オルセーのメジャーどころは前回渡仏したときに行っていたので、今回はスケジュールの都合もあって行かなかったのだ。ルーブルはもう一度行きたかったけどな。
ヴァンプとクリニャンクールの蚤の市も前回行ってるので、今回はパスしたのだ。でも蚤の市ってほんと楽しいので出来れば行きたかったなー。


広島行取りやめ

Twitterで前のブログ投稿の事を呟いていたら、SF系のフォロワーさんから

「星雲賞の投票は5月で終わってる筈」

という衝撃の事実を教えてもらいました。確認してみたら確かにその通りでした。

終わってるのでは仕方がありません。
もっと前から星雲賞の投票システムについて入念に確認してなかった私が悪いです。
あとはもう天に任せるしかありません。

私がSFクラスタの人間ならそれでもこの機会に参加するといいのでしょうけど、スタートレックと鉄腕バーディーが好きなだけのSFファンもどきなので、他の全うなSFファンの人達とご一緒するのは失礼かなと思いますし、全体的に話題についていける自信がありません。

広島行きは取りやめになり、大会参加、交通、宿などのキャンセルを行ないました。
また今度ゆうき先生が素敵なSF作品を書いて、参考候補作に上がった際には、ちゃんと確認して投票したいと思います。

みんな、鉄腕バーディーは面白いSF&アクション漫画だよ! 是非読んでね!
私は被災地に新版無印を1セット寄付したことがあります(あ、現金の寄付もしてます)。


渡仏・渡広

渡仏します。
今度の目的は
ジベルニー
オランジェリー
ジャパンエキスポ

その後広島に行きます。
目的はSF大会。

そのため渡仏までにはそれまでにやらなければならないことだけ、
島行きまでにもそれまでにやらなければならないことだけしかしません。
大丈夫です。「やればできる子」がADHDのキャッチコピーです。
6月中に全て終わらせます。
広島の頃には、やらなきゃいけないことはなくなっている筈です。
コミケ落ちましたから。

SF大会参加の目的は星雲賞で鉄腕バーディーに投票することです。

今回のコミケは鉄腕バーディーで申し込んでいて落ちました。
だから新刊を作っても出す場所はありませんし、スケジュールが厳しいので出せません。出しません。

鉄腕バーディーが星雲賞を取れるかどうかは分かりませんが、SF大会に参加する他の方も是非鉄腕バーディーに投票してください!

フランスですか?
玲君を見に行くんですよ、もちろん!

KenTがメンバーから抜けたことはショックでした。これからもKenTのギターが好きだと思います。
でもこれからもDUSTZを応援し続けます。

おっと、今度のフランスでの出番は牙狼でしたね。
東北新社さん、期待してますよ!


芸能人のファンになるということ

このブログ記事を読みました。

うん、分かるわ。

いや、それはない。

の繰り返しでござった。

同意半分てところでしょうか。

もちろん私の場合、入れこんでいる芸能人の相手は違います。

あと、ここまでつぎ込める財力が今のところありません。やりたくてもできない。

色々考えると長い記事になってしまいそうなので一つだけ。

対象に恋してしまっているファンがいる、というのは分かるのですが、私は自分自身はそれは避けたい。というか、そうはならないと思う。恋している訳ではないのです。あえていうならパトロンを気取りたいのです。

他人がそれを望むのであればそれは否定はしてませんが、正直引きます。

でも大変な仕事だなあと思います。

実は先日、同僚がこのブログのアヤさんみたいなことになっていました。

仕事で自分がファンをしているとあるバンドと関わりを持ってしまったのです。

それを間近で見ていて、羨ましいと思う反面、もしあれが自分の立場だったらと思うとがくぶるです。

やはり芸能人にはファンの立場で接していたいと思うたじまさんだった。


SoftBankWi-Fiの契約を切って来た

こんばんは! 
公約(?)通りSoftBankWi-Fiの契約を切ってきました。

そしたら契約解除料9,975円取られました!!!!1!!

私も子供ではないので色々と経費がかかったりするとか、回線契約を減らしたくないという思惑があるとか、色々事情があるのは分かりますが、それでも私は帰り道、孫さん徐々に弱れと呪詛の言葉を脳内で巡らさずにはいられませんでした。
なんつーか、あれよね。SoftBankって行く度にがっかりして帰って来るの。行くと楽しくなるAppleストアと大違いですよ。

もしこれからSoftBankでWi-Fiルーターの契約を薦められたとしたら、お断りすることを皆さんにお奨めしますよ。
だって、テレビでCMしてるのとはうらはらに範囲広くなってないし、繋がらないし(特に東大の福武ホール地下2階に繋がらない)、ルータ自体にもお金がかかっているのに、それが分割になってるのが契約時に分かりにくいような気がするので、2年未満で契約切りたくなったときに私みたいなことになりますよ。私、これから19ヶ月間、持ってないルータの分割払わないといけないんですよ。いや、それは契約した私の責任ですから、いいんですけど、でも5ヶ月で契約切りたいと思ってしまうようなサービスなので、2年縛りの契約はお奨めしません。本当に。

Wi-Fiの契約解除のための手続きの時に、分割の支払いの残りが19ヶ月分だと告げるときにSoftBankの店員さんが軽く笑ってるような感じだったのですが、まぬけな顧客と笑うよりも、5ヶ月で見捨てられるようなサービスをしてる自分達のヤバさを顧みて欲しいものでした。
他にも色々あったけど、些末なことなので省略。
さらばSoftBankWi-Fi。

9,975円は厄落としの代金だと割り切ることにします。

 
 


清盛ファイナルパーティー 異聞

清盛ファイナルパーティー、会場は時代考証を担当した本郷せんせいの協力で決まったらしく、場所は本郷の東大内のホールでした。この場合の本郷は地名です。
ホールは地下2階でした。私はちょうどスタッフの方が空いている場所に設置した折りたたみ椅子に座ることが出来て、iPhone5を取り出しました。
Twitterでのイベント実況が見たかったのです。
ところが、繋がりません。
地下だから繋がらないのかな? と思いました。あるいは、大学の構内ですから、カンニング防止のための携帯電波ジャミングをしているのか? とまで疑いました。私が大学生だったのは遥か昔のことだったので、最近の大学学内の携帯電話事情については知りません。
ふと見ると、斜め前のやはりあとから通路に設置された折りたたみ椅子に座っている女性が、iPadを開いていました。
普通だったら他人のiPadを覗き込むなどということはしません。マナーに反しますからね。
でもそのときは、この講堂でネットに繋がらないのは私だけなの? という疑いがあったので、ちょっとだけ覗き込んでみました。細かい文字までは読めなくても、その人の操作でTwitterを更新していることは分かりました。それが知りたかったのです。他の人はネットに繋がっているかどうかが。繋がってる! 少なくともその人のiPadはTwitterらしき画面を表示していて(クライアントまでは分かりませんでしたが)、それは更新操作に合わせて更新されているようでした。

ということは、SoftBankWi-Fiだけ繋がってないってことじゃないか!!!???

私は試しに、Wi-Fiを切って普段は入れないモバイルデータ通信をオンにしてみました。

繋がりました!!!!!

つまり同じSoftBankでもWi-Fiはダメ、モバイルデータ通信はOKってことです。なんでやねん!!(似非関西弁)
その時一つ気になったのは、斜め前にいた方のiPadのTwitterのタイムラインにゆうきまさみ先生のアイコンがあったことです。
ゆうき先生は7万人近くフォロワーがいる方ですからね。平清盛についての呟きも多かった人だから、清盛ファイナルパーティーに来てる人がフォローしてても何の不思議もありません。
その人の他のフォロワーさんと違ってゆうき先生のアイコンは私も見慣れているので特に目に飛び込んできやすいのだろうと思いましたし、その人もゆうき先生のファンなんだな! と思いました。

その後イベントが始まる際に磯Pが「今回のイベント内容に関してはTwitterで実況するのは大歓迎です!」と発言したことから、繋がってないのはSoftBankWi-Fiだけだ(いや、他のキャリアにも繋がらない会社はあったかもしれませんが、少なくともdocomoなどは繋がったんでしょう)と分かったのです。

で。

イベントが進んで、フリートークは一旦終わり、ゲストの皆さんは退席(多分休憩)、大きなスクリーンで「オールアップ集」が流され、講堂に集まった大勢の清盛ファン達はそれを皆で楽しみながら観賞することになりました。

※Twitterで友達の夏時雨さんに教えてもらったのですが、全70分に渡るこの映像は、これから出る総集編DVDに収録されるそうですね。

それがまた素晴らしかったのですが、その時に、ふと、斜め前に座っていた、例のiPadでTwitterを見ていた女性のiPad画面が私の視界に入ったのです。

うっ!

うわあああああああ!!!!!

iPadで盛絵描いてる!!!!!!!!!!

この人……高田明美先生だあああああああ!!!!!!!!!!!!

ちなみにそのときに高田先生が書いていた絵。

疑問が確信に変わったので、Twitterでリプってみました。

驚かせて申し訳ありませんでした!!!

ほんとは声とかかけさせて貰えば良かったんですけど。盛絵本2冊買いましたとか! パトレイバーがバイブルなんですとか!!! でも撤収の時は会場内がかなり混雑してて、なんだかよくわからないままに会場を出てしまい、かないませんでした。アアン。

と、長々と書いて来て、何が言いたかったのかというと、

SoftBankWi-Fi、おめーとはこれっきり契約を切る。絶対にだ。