「機動警察パトレイバー」実写化

昨日初日だった東京アニメフェアで発表された機動警察パトレイバー実写化のニュースでTwitterを追っていたら、いくつかの傾向に別れると気がつきました。

  • 楽しみ!
  • 不安しかない
  • 主演がG力になりそう。イヤ。
  • 男性キャストはJ事務所とかなんだろう。イヤ
  • 押井さんが監督なら許す。
  • 押井さんが監督はイヤ。
  • ゆうき先生は「映像化の話は進んでない」って呟いてた! 原作者抜きで進んでいるのか!?(脚注・ゆうき先生のくだんのコメントは半年も前のものであり、当然話が進んでいたとしても公言出来ない立場・時期です。また、原作者は「ヘッドギア」であり、ゆうき先生はその中のメンバーであり、原作者そのものではありません)
  • 後藤さんは誰がやるの!?(以下色々な人が妄想キャスティングされる)
  • シバさんが、南雲さんが、(以下略)
  • 栗山千明さまが香貫花がいい。
  • レイバーは実物でやるの? 安っぽくなるのやだ。CGっぽいのもやだ。
  • 監督が押井さんならレイバーは最後の5分だけ。あとは立ち食いと犬と鳥(予想ですね)。

個人的には「番狂わせ」で部下が出ていたハンチョー、つまり安積さん(佐々木蔵之介)が出るといいと思います……。いや、どんな話が出るか分かりませんが。全然。

そんで思ったのは、実写化に対して不安感を持ってる人が多いこと。それはつまり、今まで幾度となく好きな漫画やアニメや小説が実写化して、その度に現場の都合や大人の事情やその他色々なことで自分の好きな作品がひどい扱いを受けてきた事に対する憤りを持っている人が多いということだと思いました。
その気持ちはこの国で長年オタクをやって来た私も痛い程分かります。
でも私は皆さん程は不安を持ってないんですよね。
一応作ってみて、良ければ嬉しいし、ダメだったらその時批判すればいいんじゃないの、という感じです。
最初から全力で拒否するのではなく、取りあえず作ってみて、という位の気持ちになれたのは、二つの実写作品のおかげだと思うのです。
一つは「ロード・オブ・ザ・リング」。もう一つはドラマ版「風魔の小次郎」です。
どちらも必ずしも原作に忠実ではなかったけれども、それでも監督の原作愛がすさまじく、自分の指輪物語/風小次とは違う、他人の指輪物語/風小次だなと思ったものの、でもこれだけ監督が原作を愛してるならそのことに関しては文句は言うまいという出来でした。言ってみればちゃんと版権とってちゃんと配役して作った規模の大きい二次創作でした。いや、これに限らず、他の「実写化」だってもちろん「二次創作」なんですけど、結局原作者が原作を作り上げるにあたって出したパワーを上回る作り手が関わらないと、「作品(としての二次創作)」にならないんですよね。(「萌えの昇華物としての二次創作」でしたら、そうでなくてもいいんですけど)
ところで映画になるのかテレビドラマになるのかも分からないんですよね。キャストもスタッフもまだ未発表。今後の動きに注目したいと思います。
実写用サイトのURLがhttp://patlabor-nextgeneration.com/なので、ネクストジェネレーションですね。新スタートレックみたいになるんですかね。ということは人入れ替えですかね。

 
 

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「HELLSING official guide book」

HELLSING official guide book買ったー!!
近所の本屋が「入荷してません」とか抜かしやがるので、取り寄せてやったわ! ふはは!
というわけでヘルシングオフィシャルガイドブックです。内容的には「本編読めばいいじゃん」な部分も多いですが、平野耕太先生の生の声が聞けるインタビューは素晴らしかったです。
ハインケルはふたなりということになってしまったんですね。最初は杉田智和さんが予定されていたとか。ふたなりということになって変更されたとか。えーと、つまり最初は男性キャラだと思われてたんですね。私は読み切りのハインケルを見て女性だと思ってました……。
ヘルシング女性ファンによる座談会という、割とどうでもいいような内容のコンテンツもあるのですが、女性でヘルシングファンという段階で「……お察しください……」って感じですので、そういう意味で「どうでもいいけど読み応えはある」という訳の分からないことになっていました。個人的には「ヘルシングは作者が男性なのに女性キャラが添え物扱いでなくて女性から見ても魅力的」というような評に『なるほど、そうだなあ』と思ったりしました。
平野先生本人はインタビューで、ファンの男女比が9:1とかおっしゃってましたが、どうなのかなあ。分かりにくいだけで女性ファンも多いと思うけどなあ。というか私の回りの女性の漫画読みは大体ヘルシング好きだけどなあ。たじまさんの回りという段階ですごく偏りがあるんですけどね。
インタビューはもう本当に読み応えのある充実した内容なので四の五の言わずに見てくださいとしか言えないのですが、意外に思ったのが、ゾーリン姉さんの不人気。そもそもゾーリン姉さんは身体の半身に呪文みたいのがびっちり書き込まれているので、漫画制作の現場ですごく嫌われていて、その理由で作者も嫌っていて、死に方が紅葉下ろしだったのもそのせいらしいです。うん、まあ、でも、そういうデザインにしちゃったんだからしょうがないよね。ゾーリン姉さんの責ではないような気がしますね。
でも「人気もないし」とか平野先生が言ってて『そうか、姉さん人気ないのか……』と寂しくなりました。
私は結構好きなんだけどな。
ヘルシングの登場人物の中では20番目くらいに。
あと、少佐の部下たちの中で「大尉だけが本物の人狼」という記述があったのですが、え、そうなの?
私はゾーリン姉さんやリップバーン、シュレディンガーなど、人外の能力があるキャラはみんな人狼なのかと思っていた。リップバーンは真っ昼間に太陽にあたってたから少なくとも吸血鬼じゃないみたいだし。じゃあなんであんな人外な能力持ってるんだろう、みんな。アルハンブラあたりだと人狼というより「頑張って強化した人間」くらいな感じがしますが。

それにしてもヘルシングといえば思い出すのが、単行本が4〜5巻辺りまで出た頃に、加野瀬さんとどっかで雑談していたときに「最近楽しみな漫画」ということでヘルシングの名前出したら「えーでもなんかもう謎とかわかっちゃったなーって感じじゃないですか?」とかいうようなレスポンスをもらったことです。そりゃまあ敵はナチスの残党ミレニアムと分かった段階で最初に提示された敵の組織の謎っぽいところは明らかにされちゃった感はありましたけど、でも結局その後実際にどうなってどう戦ってどう決着をつけるのかというところが実物を見てみない事にはなんとも言えない訳ではないですかぁ!
という具合にオタクは好きな作品をdisられた記憶はいつまで経っても忘れないもんだなと思いました。加野瀬さん今となっては付き合いないのに。でも昔貸した同人誌返してください。よろしく。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「鉄腕バーディーEVOLUTION」9集

レビ一味に囚われの身となったバーディーとネーチュラーの脱出話の続きから。
千明の出番すくねー!←真っ先にそれかよ!
4特の出番はそれなりにあります。
が、この巻はなんといってもバーディー・ネーチュラーの共闘シーンと、バーディーV.S.ダールでしょう。とくにダールさんはこの巻から登場の新キャラクターですが(この期に及んで新キャラを出すゆうき先生)、「究極超人のアレに似ている」ネットで大評判。本人(ゆうき先生)にも大評判(おまけまんが)。
スピリッツを読んでるのでこの後どうなるかは分かっているとはいえ、10集が楽しみです。
近衛兵の皆さんの活躍ももっと見たかったような(話が長くなるからだめだめ)。
P.S.近衛兵の棺桶みたいな人、多分エヴァの使徒を思い出す人が多いと思うのだけど、私はバロックのデスとオル・ハガヌースを思い出していました。
女神転生シリーズ(というかライドウ)のモトみたいでもある。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「彼女のひとりぐらし」1、2巻

ひさびさ漫画レビュー(でもないか)
書くの遅くなってたら2巻が出ちゃった。遅れ過ぎ。
一人暮らしをしてる二十代の女の子の、日常のよしなしごとを綴った漫画です。
1巻が出た頃、ちょうど一人暮らしをやめる頃で(単に実家に戻ったのだが)、一人暮らし生活を数年していた私にはかなり刺さった。しかも職業が一緒だし。
ただし私は会社務めのデザイナーなので、フリーランスの大変さは経験していないのだが(フリーランスで仕事していた時期もあったけどそのときは実家暮らしだったのである)。
こういう本が出ると、男性が書いてるから女性の生活にリアリティがないとかなんとか言う人がいるけど(そういう感想をネットで見かけた)、別にそんなことはないんですよ。
異性が書くと、同性ならではのあるあるネタには限りがあるけど、性別関係なくあるネタを書くことになるので、却って汎用性が増すよねーというのが私の持論です。
昔、女性が書いた女子高生の4コマ漫画を読んだ事があって、その漫画は面白かったのだが、ネタ的に共感出来るのが女性に限られるというか、男性は読んでも意味分からないだろうなーという漫画だった。
その後「あずまんが大王」が出て、それを読んだ時に思ったんだけど、男性が女子高生の4コマ漫画を書くと、女性しか出せないタイプのあるあるネタはなくなるけど、代わりに女性が読んでも男性が読んでも面白い漫画になるのだなーと。
そんなことを思いだしたりした漫画でした。
ひとつひとつのネタは、さりげない、どうでもいいことだったりします。
輿水さんはちょっと妄想しすぎな気もしますが(妄想彼氏とか自分いないからなー)、自分より先にゴールしそうな妹の面倒を見てやったり、いいやつですし。あ、ちょっとお酒関係の失敗が多いような気が。
私も飲み過ぎで記憶がなくなったことがあるので人のことは言えません。
萌えとか燃えとかとは違うのですが、肩の力を抜いて笑える漫画だと思います。

そういえば、2巻のブリーチする話、USTREAMでペン入れ配信していたときに見てたよ!

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「燃えよペン」mixi2004年12月17日

mixi転載日記です。
「燃えよ剣」読了記念…というわけでもないんですが、「燃えよペン」を読んでいます。以前世那さんだったか誰だったかに借りて読んでるんですが。いやーやっぱり面白いですね。名作ですね。
フィクションであり誇張しているというのは分かるんですが、それを踏まえた上で、この本は大切な事を伝えてくれていると思います。それと、やっぱり漫画家というのは選ばれし職業なんだなあと思います。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「ハチクロ兄メカ?」mixi2004年12月04日

mixi転載日記です。
羽海野チカコミュのトピックによるとハチクロがアニメ化するとかしないとか。
でもまだそのトピでしかその情報聞いてません。眉唾?
ドラマ化して欲しかったけどな…(そして銀河鉄道999の機関室みたいに改造された忍先輩の部屋とかを実写で見てみたい)。
そしてロケは武蔵美で…☆<ドラマ化

斉藤智晴 2004年12月04日 14:22
森田先輩1人のせいで無理だよな<ドラマ化
http://u-maker.com/61074.html
↑来世はロバとか言われてムカツク事受け合い。

たじまさんは 野宮匠 です!
たじまさんの来世は、野良犬です!
基本的にレスは転載しない方向ですが、斉藤さんのレスは例外的に転載させていただきました。結局ドラマ化も映画化もしたハチクロ。隔世の感がありますな。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」漫画版39話

いんちき戦争(ボニーウォー)始まったよーヽ( ・∀・)ノ
タイタニアは登場人物が銀英伝とかと比較しただけでも「屈折してる」のが面白いところなのですが、今回はジュスランが自己嫌悪したりリディア姫のコメントにはっとしたりするあたりのシーンが良かったですね。原作通りなんだけど。
そしていんちき戦争始まったので前半はアリアバート無双でかっこ良かったです。
まあ、これからヒューリックにまたやられちゃうんだけどね!(´・ω・`)
そんなわけで今回もアリアバートファン的には雑誌の値段580円分の価値のある回でございました。
もう漫画版も内容が3巻に達してるから、しばらくアリアバートファン的には色々楽しいだろうなあ。わくわく。
それにしても話が原作に追いついちゃったらどうするつもりなのかな漫画版。
たなかてんてー! 4巻待ってるからねー!(`・ω・´)

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

今日の落書き

漫画版でキャラデザがお気に入りのミランダさん&ドクター・リー
違う意味で敵に回したくない二人。
うーんまだまだだね( ゚д゚ )
この二人は身長同じくらいというイメージ。二人とも高い。ヒューリックより少しだけ小さい。
mira+lee.jpg

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト」3巻

コドクノマレビト3巻です。
マレビトは稀人のことだろうと思ってましたがコドクは蟲毒ですね。孤独じゃないですよね。デビルサマナ—シリーズなんだし充分考えられることだったのにあんまり考えてなかったです。しょんぼり。
色んな呪術があるけどその中でも一際禍々しい話ですよね、蟲毒。コワイよー。
3巻買ったら帯に「さらば友よ…!」と書いてあったので、そっかー、微妙にウザキャラだった星命くん死ぬのかーと思ったら退場の仕方が違った。うは。
この巻では金王屋のご主人、そしてヴィクトルが初登場でした。ヴィクトルといえば業魔殿。業魔殿といえば悪魔合体ですね。何を作るのかと思ったらフツヌシでした。
今回のメインの一つは対ヒノカグヅチ戦なのですが、フツヌシと一緒にヨシツネが呼ばれたのでヨシツネ大好きなたじまさん大喜び。
綾村切人さんが書くヨシツネは耳がエルフ耳でかわいい。
そして源五郎自爆の後処理にジャックフロストが呼ばれたのでジャックフロスト大好きなたじまさん再び大喜び。ジャックフロストまじ天使。あ、悪魔だった。
メインのもう一つは星命戦なのですが、色んな悪魔出て来て大盤振る舞いだなー。
ライドウがバラのつるで緊縛されているのを見て、ああ、ライドウ受けの腐女子のお嬢さん方が大喜びだ…と思ったのはないしょです。ちなみにたじまさんはライドウ攻めです(誰も聞いてないよ)。
作画の綾村さんの絵は描線が流麗であまり強弱はないのですが絵は大変お上手なので弱々しさは感じられません。一歩間違うと神経質っぽく見える線だと思うのですが(ベタやトーン使いも)、デスノートの時の小畑さん程じゃないですね。
つーかね、たじまさんは綾村さんの絵が好きかもしれない。最初はちょっとBLっぽい絵柄だなーと苦手意識があったのですが(ライドウが美麗すぎるからだよね。まあ、設定から美少年なので当然そうなるんだけど)、漫画を読んでみると女の子可愛いし女性は美人だしおじさんも書けるし何より悪魔たちの特徴をよく捉えていて丁寧に描写しているのが悪魔好きの私としては嬉しいのです。
着物女子を綺麗に描いているのも嬉しい。
昔読んだ新撰組もののラノベで、挿絵が新撰組の隊服はともかく着物女子を可愛らしく描けてなくて——いや、女子を書くのは可愛かったのですが、着物描写がヘタクソで——多分書き手は男性で、女性もの着物の構造を理解してないし勉強する気もなければ、着物女子を漫画絵で可愛く表現するやる気みたいなものがないんだろうなあという感じで、非常に残念だったことがあるのです。
漫画というデフォルメ形式が、現代のものではない着物という衣類を可愛く書くのに向いてないのかとすら思ったのですが、コドクノマレビトを見る限り、そんなことはなかった。
着物女子を書けない人は着物に対する見識も知識も思い入れもなくかつ絵が下手だったんだ思いました。
ちなみにそのときの挿絵の人はその後どうなったのかというと、先日購入した月刊少年シリウスで漫画連載していたし表紙も書いていました。表紙はナース姿の女子二人で、絵はうまくなっていました。でもきっと今でもあまり着物女子に対する思い入れがないだろうから、もう時代物の仕事が来ないといいねと代わりに祈っておいてあげました。
アトラスのゲームのキャラデザもやっていたので(デビルサバイバーとかいったかな。やってないけど)きっと人気イラストレーターなんですね。
新撰組の小説の後ろにおまけで書いてた漫画がすごく白く(背景的な意味で)「これはひどい」と思ったものでしたが、漫画雑誌で連載してるということはその後漫画も上達したのかなー。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト」2巻

1巻の感想書いた気でいたのだが、今確認してみたら1話の感想しか書いてなかったコドクノマレビト2巻です。
黄幡さんがサロニー(パームシリーズ)にしか見えない。
今回は遊郭でこわーいおんなのたたかいと、廃墟の校舎で学校の怪談の二本立てです。
どちらもデビルサマナー(メガテン)ぽいモチーフでいいですな。
タエちゃんが串蛇を着々と攻略してるのが微笑ましい。
登場人物紹介のとこの綾女の説明の「夜刀神を退治した壬生一族の末裔といわれている」の一文が気になる。壬生ですよ壬生。壬生攻介の親戚関係の方ですか?

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」漫画版38話 羊の群れ

「月刊少年シリウス」6月号を買ってしまった。
タイタニアのために。
タイタニアだけのために!

どうしようまじで他に読む漫画がない(連載途中の漫画見ても話がわからん)。
しかし鉄腕バーディーしか読む漫画がないのにスピリッツを買っている私に死角はなかった。
他の漫画パラパラ見てて思ったんですが、ガンテツさんの絵はこの雑誌の中では馴染んでますねなんとなく。
アリアバート公爵がラドモーズ男爵をイドリス公爵にのしをつけて返却するシーン。
続けてジュスラン公爵に礼を良いに行くシーン。
リディア姫とまったりお茶シーン。
リディアの言葉に、ジュスランとアリアバートの間に流れる微妙な空気。
続けて、金羊で出征するシーン。
いやあアリアバートづくしでお腹いっぱいです。ゴチです! 580円の価値ありましたありがとうそしてありがとう。
ヒューリック対アリアバート第二戦開始直前で、終わりました。
まあ、その結果も知ってるんだけどさ。
知ってても燃える展開ですね。ふふふ。
しかし、前から書いているけど、アリアバートはヒューリックに負ける度に、男としての株を上げるんだよねえ。
不思議なキャラクターだ。
いやあ、本当にタイタニアって面白いですね。
ところでサブタイトルの「羊の群れ」って、アリアバート艦隊?

もはやこのブログアリアバートのことしか書いてないな! 反タイタニア勢力の中ではドクター・リーが好きです(取ってつけたように)。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」漫画版6巻

漫画版6巻はドクター・リーのザーリッシュへの宣戦布告から、ザーリッシュのバルガシュ総攻撃まで。
その間にヒューリック奪還作戦があったり、イドリスがビッチにひっかかったり、ヒューリックが新しい恋人を見つけたり、ラドモーズ事件が起きてバルアミーが左遷させられたりと盛りだくさんです。
盛りだくさんですが。
しかし一番の見せ場はアリアバートが乱闘を治めるシーンと、それに続くジュスランとの会話シーンでしょう! やた! アリアバートかっこいい! ←アリアバートバカ。
いや、それ以外にも見せ場はあったんですよ。
ミランダの美人局とか。おっぱいおっぱい!( ゚∀゚)o彡゜乳尻ふとももー!!
アニメでもなかったミランダさんのサービスシーンですよ! ミランダさんのサービスシーンはないものと思っていたので、これは嬉しい誤算ですわ。ほほほ。
ばっとかばうカジミール船長が可愛いです。ひとづまひとづま!( ゚∀゚)o彡゜
今回の表紙は、今巻初登場の女性キャラ二人、セラとテオドーラさんでした。
テオドーラさんはちゃんとアニメに出るべきだったと思うの……。
イドリスの可哀想な子っぷりが増すからね。
イドリスといえば、漫画版の左頬(向かって右側)のあれはタトゥーか何かの飾りだと思っていたら、傷跡だったんですね。なかなか味のある設定ですねぇ〜。
7巻が楽しみですね!

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」漫画版5巻

漫画版4巻の感想でも書いたけど、ドクター・リーがゆっくさん(友達)のアバター(セカンドライフの)に見えてしかたがないたじまです。こんばんは。
漫画版5巻はヒューリックによる仇討ち(アルセスの暗殺)からエルマン・タイタニアさんとドクター・リーの共謀まで。
しかしこの巻で一番インパクトがあるのは内容より表紙です。アリアバートとジュスラン!
かっけーなあ。
ちなみにこの前書いた小説版の販促イラストはこの表紙を見ながら塗ったので赤っぽくなりました。
原作、アニメと続いて漫画版でもヒューリックに暗殺されたアルセスですが、
やっぱり原作の描写が一番悪意に満ちているよね。
なんというか、作者の妄執を感じるよ。
まあ、嫌いじゃないんだけどね。そういうの。
でも妄執の源泉がホモフォビアってのも人類として寂しい話やね。
漫画版では、生前、兄と母と3人でいたころの思い出の情景が挟み込まれて、アルセス死亡と相成りました。アニメ程じゃないさりげない演出ですが、少しはそういうのもやっとくよね。
その次、偶然の出会い亭での乱闘シーンです。
最近気がついたんだけど、私は漫画版ミランダさんの姿がかなり好きかもしれない。
アニメ版でも好きなキャラではあるけど、漫画版は、コスチューム、体型、髪型、全てがたじまさん好みなのである。
大女なんですよね。だから相対的にそんなに大きく書いていないけど、実際に横にあったら大きいと思うあの乳。そこがよいです。
6巻が楽しみですね!

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

【報告】被災地支援

株式会社三成堂さんの、東日本大震災の被災地支援「被災地の子どもたちに『本』を贈ろう!」に本を送りました。
送った本は、鉄腕バーディー(無印)全巻と

犬神人一巻

どちらもとても面白い漫画ですので、きっと被災地のみんなが楽しんでくれることと思います。
もちろん自分の本を送ったのではなくて、新たに買い足して送りました。自分の分は必要なので送れないから!
ゆうき先生と室井先生にも印税が入るし、被災地のみんなも喜ぶし、続きが気になった子が地元の本屋でEVOLUTIONを買うかもしれないし、みんな幸せになれるよ(そもそも無印ってのは東京でも在庫を揃えている本屋なんてありゃせんのですよ。私は勿論Amazonで買いましたよ)。
少しでも被災地の子どもたちの心が癒されますように。
一日でも早く、被災したみなさまが元の生活に戻れますように。
お祈りしております。
あ、義援金寄付ももちろんやってますよ。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」漫画版4巻


毎度表紙のニス引きが美しいタイタニア漫画版でございます。

しょっぱなからアリアバート卿のターンキタ――(゚∀゚)――!!

シラクサ会戦で幕を開けます。いいねえ。
漫画版オリジナルストーリーとしてリディア姫のエピソードが挿入されます。
いいねえ。
こういう、キャラクターを魅せる追加要素を持って来てくれないとなあ。ごにょごにょ
マフディーさんはアニメのキャラデザの方がかっこいいね!
かっこよさは求められていないキャラなので漫画版でも問題ありませんけどね!
そして漫画版のドクター・リー、既視感あるなーと思っていたのですが、誰に似ているのか、ようやく気がつきました。
KowloonSIM男人街の店「熊猫紙征雑貨公司」の丁稚、yukさんに似てるよね! そっくりだよね!
アバターに似てるということは中の人にも似てるということなんだけどね(yukさんとは直接会った事があるのですが、アバターにそっくりでした)。
という話をしてもSecond LifeのKowloonSIMの住人と、タイタニア漫画版の読者は、どれくらい被るのだろうか(反語)。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]