週刊ヤングサンデー休刊

ヤフーニュースをみてたら週刊ヤングサンデーが休刊との報。

『同社広報室は「同誌は、多数の映像化作品をはじめとして人気マンガを輩出してきましたが、ヤングコミック誌を取り巻く環境に対応し、弊社コミック誌ラインアップの一層の強化を図ることになりました。現在、新コンセプト・コミック誌創刊に向けて、鋭意準備中です」とコメントしている』

…なのだそうだ。どうも違う雑誌を創刊するつもりみたい。
月刊ジャンプを休刊してジャンプスクウェアを創刊みたいなもの?
私としては鉄腕バーディーがどこかしらで続けられるなら文句はない。でも休刊なんて言われたら寂しいかぎりですよ……。単行本派で雑誌買ってない私が言うのもなんですが。
でも今連載中の人気作品は他にもあるのだろうしそれらが全て新雑誌に移行するのだとしたら、新しくする意味あるのかな〜。
雑誌が売れなくなってるそうですが、ちょっと買ってみようかなあ。でもバーディー以外読んでる漫画ないんだよね。
最近読んでる漫画がバーディー、テレプシコーラ、ヘルシング、リアル、ハンター×ハンター、ねくろまねすく、犬神人あたりなわけで。うは、掲載誌バラバラ。


フィクションにおける美人表現と最近の山岸作品について

常々ひっかかっていたことがあるんですよ。
それは子供のころにドラマを見ていた時のことです。
作中でとある登場人物が蔑まれている理由が容姿がイマイチっていうことだったりするわけ。
でもドラマとかって芸能人がキャスティングされるから、特にメインのキャラなんか、そういう設定を無視して美男美女が配役されちゃったりするわけですよ。
子供心に首をひねるわけですよね。
逆のパターンもあって、これは「トリック」での話なんだけど。
上田は美女に滅法弱くて、美女がやってくるとメロメロしてたりするんだけど、山田のことはぞんざいに扱うじゃないですか。
私から見るとゲスト女優の佐伯さんも山田役の仲間さんも同じように美女にしか見えないので(むしろ好みで言うと仲間さんの方がいい)、『これは、作中の設定では山田は「容姿が並」なんだ!』ということに気がつくのにしばらくかかりました。
上記の2例はテレビドラマの話なんだけどこれは実はマンガでもあって、漫画家さんによっては容姿のマンガ的ビジュアル描写のうち「美人」「並」がかき分けられてない人とかがたまにいる。「ブサイク」は記号的に書ける場合が多いけど。
この際むしろ「美人」に記号がいるんじゃないかと思うこの頃です。
まあようするになんだ、フィクションにおける美人というのは難しいなという話題。
ここで山岸凉子の話に移ります。
山岸さんというのはそれこそマンガ的な美しいビジュアル描写というのを極めたといってもいいような人であることに異論をもつ人は多くないと思うのですが、最近はあまり美しくものを書かなくなったと思いません?
絵が雑になったという言い方も出来るし実際にそういう面もないわけじゃないけど、私はどちらかというと何かが吹っ切れちゃったのかなあという気がしてきました。
なんというか、手慰みに(というのはようするに、利き手が自動筆記してしまうほどに書き慣れた形でのマンガの絵をただあまり考えもせずに手の動くままに適当に書いてしまうという状態のこと)美しい絵を描いてしまうということを止めたんだなあ、というか。
上記のドラマとかの話と関連してるんだけど、ようするに作中の求めがあったわけでもないキャラに対してまで無意味に美女キャスティングをするのを止めた、ということなのかなあーと。
「青青の時代」にっていうマンガに野心あふれる4男の王子というのが出て来るけど、ヒラメ顔なの。ハンサムじゃなくて、でも全くのぶさいくというわけでもないし、シーンによってはかっこよく見えなくもない。基本的には俗物なんでそんなにいい役ではないんだけど、普通の場合だったら安直に美男子にしちゃうようなキャラなような気がするわけですね。だからか、なんか見ていて落ち着かない気分になるんだけど、ようするに、今までのマンガ的記号に含まれないと言うか、そういうのに収まらないタイプの顔なのかなあと思うわけです。
「美人」「並」「ぶさいく」とあったときにキャラの配置を「美人」ゾーンじゃなくて「並」ゾーンに一番のボリュームが来るようにしていて、かつ「並」の書き分けが幅広くなったのかなあと思う。この頃の山岸さん。
でもね、もちろんちゃんとそれぞれのキャラクターを魅力的に書けるんだよね。
とまあ色々書いて来たけど、それとは別に「テレプシコーラ」の六花ちゃんが可愛い件について。
いや、上記のようにむやみに美形キャラを出さなくなった山岸さんですが、でもやっぱり六花ちゃんは可愛いなあと思うわけで。
あの年頃の子供の可愛さのエッセンスの漫画絵への汲み取り方(ディフォルメというのかな)がじつにいい感じな訳ですよ! やっぱり上手い人だなあと思うのだった。ただ可愛いっていうのじゃなくてさ。年頃を感じさせるというか…。この年ならではの書き方をするというか。
あの年頃の可愛さ描写というと今の日本のマンガだと、男性向けの漫画家さんの方が熱心なんじゃないかと思うんだけど、そういう作品群とも一線を画す感じとかがね。いいんですよ。


「皇国の守護者」1巻


手塚治虫賞の公式サイトいったら未だに「ノミネート」状態なんですよ。
なんなの。
ノミネート作品をみてたら「皇国の守護者」という漫画があったので、買って来ました。
とりあえず1巻。
うわーサーベルタイガーですよ。龍ですよ。
萌え萌えだぁ〜!
明日本屋さんにいって続きを買ってこなきゃ!
伊藤さんは絵が上手いなあ〜。プロの人にそんなこと言ったら失礼ですかね。


めでたい話題

手塚治虫賞第11回はテレプシコーラだったらしいですよ。
おめでとう! 山岸さん!
めでたいから早く第二部開始しましょう!
気になってるから!
六花ちゃんが成長してちょっと可愛くなくなったところとかがすごくリアルだなーと思ったんだけど、可愛くなくなったこと自体は寂しいのだった。
あれくらいの年齢の細い子の体型とバランスはほんとに微妙すぎると思う。で、そういう微妙なのを書くのが上手いんだよなあ、山岸さん。
追記
もやしもんもノミネートされてたんですね。
もやしもんは今後も賞を取る機会がありそうです。
ところで今検索してて知ったんだけど、もやしもんは秋にテレビアニメ化するらしい。
私としては実写で撮影して菌たちをアニメにして合成した方がおもしろそうなんじゃないかと思うけど。
むかしそういうハリウッド映画ありましたよね。名前忘れちゃったけど。
ああいうばかばかしい技術はすたれさせてはいかん。
そして、もやしもんや、昔のまんがである「地球へ…」がアニメ化される昨今、今こそ「日出処の天子」をアニメ化するべきではなかろーか。
今なら出来るのではないだろうか。だめだろうか。
実際の所王子の顔を書くのは大変だと思うけど。
でもだれか頑張ってくれないものか。
以前アニメ化した妖精王がヒドかった覚えがあるんだが(深夜にテレビで放送されたときにちらっとみただけなのだが)。
うーん、山岸さんのまんがはアニメは難しいかなあ。
アニメのプロデューサーとかをやってる人がおりましたら是非ご一考ください。


●じまけんじ

「スラムダンク」のキャラクターの名前は元ネタがあるのが多いですね。
往年の俳優だったり、コメディアンだったり、少女まんがの私立探偵だったり、日本酒の銘柄だったり、少年マンガのライバルだったり、戦国武将だったり、色々です。
しかし「藤真健司」って名前はどこからきたんだろうなあ?
…と、常々思っていたんですが、最近メジャーリーグのニュースを見ていて気がつきました。
城島健司って名前が似てるよね。漢字よりひらがなの方が近い!
ところで城島って何歳?


「日出処の天子」


最近読みたくなって文庫で買ってみたら、普通の単行本の時にあったおまけまんがみたいの(連載中に休んだ時に雑誌に載せたと思われるやつ)が掲載されてないので寂しかったです。調子麻呂が王子の髪に飾る花を用意するのが大変な話とかそーゆーやつ。
読み返して思ったんですがやっぱり母親に愛してもらえなかったのが悪いのでしょーか!
基本的には間人さんがひどいなーと思う訳です!
子供なんだから怖くても愛してやれよとか思う訳です!
あとお父さんが死ぬ時とかさ。王子可哀想だよね。王子が一番可哀想なのはそこではないが。
王子は非情で冷酷で天才で超能力者で恐い人なんだけどなぜか魅力的で、どうしてなのかなあと考えることがあります。山岸さんが上手いのかなあ。
とか言って文庫で日出処の天子を読みながらテレプシコーラの再開を待っているこのごろ。どうも私はかなり山岸漫画が好きらしい。


そういえば漫画


去年月9西遊記とタイアップでコロコロで始まった漫画版西遊記があったのをすっかり忘れていた。
ドラマが終ったあとも続いているみたいで、よかったですね。単行本、あったら買ってみようと思う。
5/9に映画の先行DVD?かなんかが発売されるらしいんです。どんな内容なんだろうか。5/9なのは悟空の日だかららしいですよ。


王さまが姫カット


11人いる!を読みましたよ。子供の頃アニメを見たはずなんだが、あまり覚えてないのだ。記憶力ないなあ。一応落ちは憶えている…つもりだったが、読み返してみたら「誰が11人目だったのか」は全然覚えてなかった。病気の発生とか軌道がずれたとかのトラブルのディティールも覚えていませんでした。そんな記憶力です。アニメもまた見返してみたいけど、萩尾さんのより頭身が高い絵柄だったような?
文庫本だと続編と番外編と中島らもの解説も載っててお得なんだが(らもさんの解説はかなりどうでもいい内容だった。まあ面白いんだけど)、続編、11人メンバー中に死人が出てしまうのがちょっとなあ。悲しくてやりきれんなあ。番外編はうってかわって能天気すぎだよね。ミドリなんか初登場時はちょっと美形風だったのに番外編だと絵もキャラもディフォルメが…。いいけど。
ところで前々から思っていたんだけど、山岸凉子ってキャラ作り上手いのにキャラの使いまわしを全然しないですよね。
いや、文庫の11人いる!を見て改めて思ったんだけどさ。この作品なんか続編もあって番外編もあるわけじゃないですか。
山岸さんの漫画でいうと、例えば私の人形は良い人形の霊能者の男の子と彼をバイクに乗せたりしてる相棒?の男の子の二人組とか、鬼の現代パートのサークルメンバーたちとか、千引きの石(タイトルに自信がないけど今手元に本がないので)の3人組とか、皆なんか妙にチームワーク良かったりキャラ立ってたりして、この子たちが出てる漫画もっと読んでみたいなーというか、この子たちを使っていくらでもシリーズ物の漫画とか書けそうだなーとか思うんだけど、そういうのしませんよね、山岸さん。
11人いる!みたいに出来そうだけどねえ〜…。特に私の人形…の霊能者君(手元に本がないので名前がわからないです。すまん)。
そういう漫画の作り方してないんですね。ちょっともったいないような気もするのだった。


カズたんと永遠さま


最近はめっきり鉄腕バーディーの最新刊は「どれくらいカズたんの出番があるか」ばっかり気にしてるんですね。
今回はちょっと出番あったな。
ところで永遠さまは女の子だと思ってたのに、男の子だったのか。女顔の少年か。ゆうきまさみめ!!!
しかし次巻予告を見ると次はカズたんの出番少なそうだな。がっかりだな。
氷川も好きだけどな。
あとサラマンデルの出番もちょっとありましたね。彼も好きだな。
相変わらず進行の遅い漫画でした。もっとカズたんの出番増えないかな〜。


表紙がもうもののけだらけで

角川書店の「怪」っていう妖怪のムック(季刊誌?)を初めて買ったんだけど、表紙が荒俣宏とか京極夏彦とかオッサンばっかりで、全くキャッチーさとか考えてないのが潔い。今だったらウエンツの鬼太郎にするとかいう手だってあるだろうになあ。
kwai.jpg
まさに現代の物の怪大集合な感じで。
表紙に「新連載 妖怪研究家ヨシムラ」と書いてあるので、次号も載るものと期待しています。
yosimura.jpg
そーそー、前に言ってたヨシムラのカッパのTシャツ、届きましたよ。
いい感じです。
しかしライブドアだと毎回1本づつしか読めない(しかも掲載は不定期)ヨシムラが14本も一度に読めると不思議だなあ。なんか勿体なくてさ…。いっぺんに全部読むのが。読んだけど。
「ねこまた」を読んで思い出したけど。ライブドアのヨシムラの「ぬらりひょんの巻」で教授が何気なくねこまみれになってるのが気になります。
ヨシムラ面白いのでもっと読みたいです。早く単行本にもなってほしいな〜。


通過儀礼の物語として「SAW」を読む


SAWを見ましたよ。面白かったですよ。サイコスリラーサスペンスホラーというのでしょうか。ジャンルがよくわからん。怖くて陰惨なお話です。でも面白かったですよ。怖さや陰惨さが面白いわけじゃないです。まあそこがいい人もいるだろうけど。怖いのや陰惨なのにある程度は耐性があるという人で、面白い映画が見たいという人にまあまあお薦めな映画です。あまり期待させるのもなんだからな。
で、内容に関してはネタばれなのでこれから見る人は読まないでね。
まずネタありきな映画なのでこれから私が書く考察は穿ちすぎかもしれません。でもまあ、そういう見方もある程度に読んでくださればいいかと。

続きを読む 通過儀礼の物語として「SAW」を読む


浦沢直樹の絵で

女性向けに作られた恋愛シミュレーションは昔アンジェリークを少しやっただけで投げ出してしまい、それ以来近付いてなかった私ですが、今日NHKで仕事の流儀をみていて、浦沢直樹の絵でそういうゲームがあったら購入を検討してもいいなと少し思いました。
だって少年・青年・中年(ロマンスグレータイプ)・中年(おっさんタイプ)・中年(韜晦タイプ)・老人(現役指導者タイプ)・老人(引退縁側タイプ)と色々な男性が書けるじゃないですか。中年以上の方が異様に多いじゃないかとか言わない。
最近プルートウ読み始めたんですが、面白いですね。


かずタソがんがれ。超がんがれ

鉄腕バーディーの14巻が出たー!
14千明
ここんとこずっとバーディー過去話だったので、それはそれで面白いし好きなんだが、とにかく千明成分が足りなくて禁断症状起きそうでした。
14巻は千明くんの出番がそれなりにあって、しかも新ダークヒーローになって出て来て(コスはジャージと包帯だが)、びっくりするやら嬉しいやらだ。この後どうなっちゃうんだろうか、彼。
それと千明くんの秘密がちょっとづつ明らかになってるっぽいけど、まだ全部は判明してないなあ。
氷川はまだ千明くん狙ってるのかなあ。それとも今は別のことかなあ(1からやり直しみたいになってるしね)。
あと最後に久しぶりにレビ登場で、しかも新キャラつれて千明くんのところに来てるし。(永遠って、今まで名前は出てたけど本人が出るのは初めてですよね)
まあそんなわけで鉄腕バーディー面白いんで読んでない人は読んでください。スタートレック好きな人だったら宇宙人とその社会描写が面白いかも。
あー15巻がまた楽しみだなあ〜〜


人の話を聞いているというボディランゲージ

私は人の話を聞いているように見えないことがあるらしい。
子供の頃とある習い事の先生がそういっていたのでそれを知ったのだが。
というのはある日「この教室で習ったことのお影でテストで良い点取れましたよ」と報告したら「話を聞いているか聞いてないのかわからないような態度だったけど、聞いてたのね」と言われたのです。
レベルE」というまんががありまして、パタリロみたいな宇宙人が主人公なんですが。それの話にやはり「実際はそんなことないんだけど人の話の話をちゃんと聞いているのだかいないのかが判らない感じの人」が出て来るのです。ただ、ちょい役どころか、その有様すら主人公の日記内の記述のみなので、まんがを読んだ人でもそんな人が出て来たのを覚えてない人も多そうですが。私は上記の理由でやけにその記述が印象深く残っていたのですがね。作中の人物がそういう性質だからといって話には何の関係もなかったような気がするので、作者がそういう記述を取り入れたのは何故なのだろうと今でも疑問なのですが。もしかしたら作者も何も考えてないかもしれませんけどね。
で、これこれこういう風な態度を取ると、自分が相手の話を聞いてるってのをアピール出来るよってLingkoさんに教えてもらったのですが。確か途中で相づちをうつ、とかそんな感じだったかな。そういうのって普通の人は自然にやってるもんなの? 私は話に集中すればするほどそういうボディランゲージを間に挟み込むというのを忘れてしまうのですが。作業が自動化されてないってことかなあ。
そんな訳で今は気をつけるようにしてますが、上手くいっているのかどうかは不明です。