実況動画の話


すあまさんがアバドン王の実況やってたー!
って今気がつきました。すいません。
実況動画は遊んだ事があるゲームのしかみません。
だってネタバレになるじゃん!
遊ぶ予定のないゲームならみてもいいかもしれませんが、遊ぶ予定がないということはあまり興味がないということなので、見てもしょうがないですよね。
遊んだ事のあるゲームは多くないので、つまりあまり実況動画みてないんですが。
すあまさんというプレイ動画実況者の方は以前超力兵団をやっていて、それで知ったのですが、あまりアクションが上手でないところが親しみが持てるのか、というかすあまさんの人柄が良くて実況がまったりとしたいい雰囲気なので続けてみていました。
で、すあまさんの実況でアバドンもやってくれないかな~と思ってたんですよね。
わーい。
そしてチュートリアルで死亡して期待を裏切らないすあまさんだった。
既に沢山上がってるっぽいので少しずつみます。


すとじき(多分最終回)


ラスボス倒しました\(^o^)/
よかったブログの記事タイトルの文字数がまだのこってて。
途中でのレポート日記を書かなかったからですけど。
いやもう大変です。大変でした!
ラスボスが大変でした!
ラスボス以外の中ボスも大変でした!!
このゲームは全般的に中ボス戦が大変でした。強いんだよ。
ラスボスや中ボスはおろか、道をあるいているその辺の野良悪魔相手でも結構しょっちゅう主人公殺されてました。
私が弱いだけか。
ラスボスも何度も挑戦するハメになったのですが、最後には主人公の防具を強くしないとだめだ!と思って、一番防御力の高い防具を作るために野良中ボス(エネミーサーチでみつけるやつ)狩りを頑張りました。結構上手く行った。
ラスボスが各属性の攻撃を繰り出すので、ラスボスに連れて行く仲魔は弱点のないのを吟味してかき集めることにしたのですが、そんな中、ホントはレッドライダーを作ろうと思って素材悪魔を集めたのだけどレッドライダーと遭遇できなかったので仕方がなく諦めて作ったブラックライダー(長い)が、やってくれました。
元々疾風反射スキル持ちだったのですが、途中レベル上げのスキル変更で、何かのスキルが減って(何だったかは忘れちゃった)、代わりに火炎無効が……!!!(゚∀゚)
弱点なくなったから最高のブラックライダーではないですか。
素敵!
ラスボス相手にひたすらランダマイザとメギドラをかけ続けてくれました。ありがとうブラックライダー! 好き!
私はライダーさんたちを初めて見たのがアバドン王で、あの時は新月が来るとガクガクブルブルしていたものでしたが、ストレンジジャーニーではあまり見かけませんでした。ちぇっ。
殿堂入り悪魔は以下の通り
トールカンギテンブラックライダーウロボロスサマエルセイオウボスフィンクストランペッター
ラスボス戦に参加してなくてストックされてたやつとしてはリリスさんムシュフシュファフニール
さて、エンディングですが、感動して泣きました。
年取ると涙脆くなる。
ゲームでも映画でも感動するとすぐ泣く人間なのですが。
ストジャーはやっぱりエンディングまでが大変だったからねえ。
あとはやっぱり「彼」ですかね。
弱いんだって、ああいうの!
泣かされるとは思ってなかったなあ。
でもまあしょうがない。人工頭脳ものには弱い……。
なんというか、ゲームに感情移入してしまうと、ああいう脚本出されるとだめね。アトラスさんはすごいな!
んで、終わるまでに109時間もかかってしまいました。
ボリュームでかすぎですアトラスさん。
これくらいないと、お客さんに文句言われちゃうのかしらねえ。ライドウの1作目はボリュームないという不満を結構みかけたしね。私はあれくらいが丁度よかったのだけど。
とにかくランニングコスト的には素晴らしいゲームだと思います。メガテン好きな人は遊ぶといいと思うよ!
あ、うちのどうじま隊員はニュートラルでした。頑張りました。
そんなわけで、アトラスさん、今度はライドウの新作が遊びたいです。よろしくお願いします。


「ファイナルファンタジー」

iPhoneアプリのファイナルファンタジーを遊んでいます。
今までどのプラットホームでも遊んだことがないので、初プレイです。
キャラの名前と職業を4人分決めてプレイ開始なのですが、
名前は
 アリアバート(戦士)
 ジュスラン(シーフ)
 ミランダ(白魔法使い)
 ファン(黒魔法使い)
にしました。
最初はタイタニアの4公爵にしようかな、と思ったのです。4人だし。
しかしそういう名前にすると後で自分が苦しむような気がしてやめました。
ザーリッシュさんとイドリスさんすまん。
残りの二人を反タイタニア勢にするという画期的な手法(?)で乗り切りました。
だって残りの二人がリディアとバルアミーだったら単にジュスランハーレムじゃないか。
FFが面白かったらFF2もやってみようと思います。


すとじゃき

ストレンジジャーニーを続けています。
育成計画を失敗しました。
悪魔は合体でどんどん目減りしていくので、随時補充せねばならないのですが。あまりレベルの高くない悪魔が跋扈しているセクターを再び訪問しなくてはいけないミッションになってきたので、捕まえるに捕まえられません。どうすれば良いんだー。
仕方がないのでマッカで登録済み悪魔の再召喚をしていたらマッカが足りなくなってすごく貧乏に。
我ながら遊び方を間違えているとしか思えません。残念です。
そんなことしてる間にクルーたちが次々人間辞めていくし。
メガテンの名を冠してるゲームなのである程度予想はしていましたが。
「真・メガテン」のときのローヒーローとカオスヒーローはかつては親友同士で一緒に修羅場をくぐり抜けていた仲間たちがやがて信条や経験によって袂を別ったという感じがあったのですが、ストジャーのローヒーローとカオスヒーロー(と、あえて言わせていただきますが)は最初から最後まで不倶戴天の仲で、クルー同志という感じがあったのはちょっとだけでしたね。
ストジャー面白いです。いまのところニュートラルでやってます。
カオスやローで進むとどうなるのか気にはなりますが、何周もするのは大変そうだなあ。


すとじゃっき


ひさびさにDS起動してストジャーをすすめました!
風邪引いたからなんだけど。
前回はウロボロスが倒せなくて止まっていたのでした。
再度チャレンジすれども上手くいかず。強いよウロさん。
いろいろやってようやく倒した…と思ったらもう一度チャレンジさせられ。前回より強ええええ。回復しなくなったけどそれ以上に強いじゃまいか。ひどい。
泣きながらなんとか倒しました。
自分がいかに無計画に仲魔を集めているかがわかりました。スキルのこととか考えてなくていきあたりばったり。
気を取り直して出発!
と思ったけどやはりまだシャバルツバースから出られないんですね。
いいんです、予想はしていました。
次のセクターをうろうろしてアリスと遊んだり、ウロボロスを生成したりして、終了。
ウロさん、予想通り仲魔にやると弱いな~。
MJ現象(ミスギ・ジュン・フェノミナン)がここにもまた……。


すとじゃにっき


ポルちゃんは見つかったんだけど、はさみの謎かけがわからない。
ネオクーロンのモノノケ退治イベントに出てくるはさみの形のモノノケしか思い浮かばない。
メインのミッションは、そこそこ進んでいます。
あとラクダに乗ってる女悪魔だな~。見かけないけどなあ。
このゲーム、最初の領域にも「まだ入れない」ドアがいっぱいあります。
これからまた戻って来いという気まんまんです。
にしても、はさみどこかなあはさみ……


すとじゃーにっき


ミッションに行き詰まってます。
もうすこしうろついても分からなかったらネットで攻略方法探すしかないかなあ。
あと、サブミッションでポルちゃん探しているんだけど、どこの領域に出る子だったかすら不明。どこだっけ。


ストジャーにっき


プレイしたりしなかったり、したとしても数十分程度だったりで、あまり進んでいないストジャーです。
4番目の領域でイクラのような悪魔を追いかけ回していたところダラダラレベルが上がっていたのでしょうか。あるいは火炎反射でブフダイン、ブフーラ持ちのフロストエース、じゃあくフロストのコンビのおかげでしょうか。4番目の領域中ボスは今までの中ボス戦の中で一番楽な戦いでした。余裕ですよ余裕。
しかし、中ボス戦が終わって次の領域に移動してみたら、主人公はカオスになっていた。
フロストたちと共同攻撃出来ないからニュートラルに戻りたい
めそめそ。きゅーん。


「コロばしてでもうばい取る」


ストジャーにっき。
「復讐の雪だるま」EXミッション終了の直前セーブデータを大切に取ってあります。いつでもかわいいジャックフロストが見られます。
といっても、先日久しぶりに一度見てみた程度なんだけど。
なんか「ねんがんのアイスベスト」とか言ってるんだよなあ、ジャックフロスト。
それが微妙に気になったので、また見てみた。
ジャックフロスト「やや! それは
ねんがんのアイスベスト!
ゆずってくれホ!
たのむホ!」

「アイスベストを1個渡しますか?」という選択肢で「いいえ」を選んでみたら……
ジャックフロスト「むむむ、コロばしてでも
うばい取りたいんだケド、
オイラにはムリなんだホ…。
くやしいホ…」

と出ました。
みなまで言うな。お前の気持ちは分かっている。


ストジャー・プレイ日記


結局体調は復活しませんでした。
もう1日休むことにしまして。
で、ストジャーしかやってませんので(あとは寝てた)、ストジャーのことしか書く事がないです。必然的にプレイ日記。
このゲームはBGMが背景変わるごとにあるんだけど、どれもかっこいいなあ。サントラ出たら買っちゃうなあ。
人類の存亡をかけた調査隊なのでメインの曲は重ためで、各セクターの音楽も軽くはないんですが、様子は結構ちがいまして。特にボーティーズのフィールドの曲なんか、携帯機のくせに管楽器っぽい音が低音で利いててたまらんですね。
話は変わってメインストーリー。
というか、悪魔とかにもよく言われるのですが、このゲーム自体の取り扱ってるテーマが人類による環境破壊らしいです。
そして南極に突如出現した謎の亜空間の内部は人間が作り出した近代的な風景を投影させています。
その辺でなんかこー、色々と思うところがあったような気がしたものの、現在風邪で頭が今一つ働き悪いので、考えがうまくまとまらないのでした。
こういうときって一生懸命文章を書いても冗長になったあげくに何を書いているのだか分からないような感じになったりするよね。
というわけで今日はもう寝ます。おやすみ。


今日もダメでした(ストジャープレイ日記)

何がダメだったのかというと、体調です。
数日前に風邪引きましたと日記を書きましたが、それ以来で一番具合が悪いのが今日(月曜日)でした。土曜日は多少だるいとはいえ外出出来たので、このまま治っていってくれるんじゃないかと思っていたのですが、甘かった。
むしろ土曜日は色々と気合い入りすぎて身体の方がそっちに合わせてくれていたのかもなあ。でもおかげさまですごくいいものが見られたので(ブログには書いてないけど、色々な役者さんたちの表情が見られてとてもよかったのですよ。詳細に書くと私が変人(変態?)なのがバレちゃうので自重してるのです)、身体には頑張ってもらった甲斐がありました。
そんなわけでこの連休で進んだことといったら、就寝の合間にしていたストジャーだけですよ。
まだ序盤だと思うんですけどね。
その辺の野良悪魔にも油断してると殺られます。あと野良中ボスとでもいうべきタケミカヅチさんとチュパカブラさん。特にタケミカヅチさんは始めて戦った時よりはマシになってきましたが、今でも油断すると殺されます。
それとムドね。ムドやってくる悪魔がいるんですけど、除けようがない!
ライドウだとアクションRPGなので、アクション苦手な私でも慎重にプレイしていればなんとかムドを除けられなくもないのですが、ストジャーは普通のRPGなので、ムドをかけられたら当たるか外れるかは運を天に任せるしかない。2回くらいはムドで殺されましたよ……。
ところでこのゲーム、取説の見本ゲーム画面の主人公の名前が「クズノハライドウ」なのですよ。私も考えたけど採用しなくてよかった!!(いや、してもいいじゃん)何代目なんですかね、この時代だと。
私の主人公の名前は京極堂シリーズの脇役(というか悪役)の名前から取ってどうじまです。


ストジャープレイ日記

このゲームの略称はストジャーでいいのか。他に呼びようないけど。
真メガテン・ストジャーでも長い。
メガテン・SJとかだろうか。SJじゃ何のことか分かり憎いですよね。
今日は一日風邪で伏せっていましたが、合間にご飯食べたりストジャーやってました。やることがないので暇。いや、本当は健康ならやらなきゃいけないことがいっぱいあるんです。でも風邪だから早く治ってほしくて休んでいる。寝ていると暇すぎてかなわん。→仕方がないのでストジャーで暇をつぶす。そんな流れです。
とはいっても序盤だから特になにもないです!
ワッサにも書いたけど、火炎耐性のジャックフロストを作れてかなりゴキゲン。ずっと一緒に連れて行くぞ!!! あ、でもスキルの持ち直しをしたくなったら作り直すかも。
戦闘システムも3Dマップも悪魔たちもいつもの感じです。
でもストーリーは人類の命運をかけたエリート部隊の危険任務。
仲間が多いのがなんだか不思議です。真メガテンはローヒーローカオスヒーローヒロイン以外はあまり仲間って感じじゃなかったし。ライドウも一人か他数名って感じなんですが。このゲームは大勢でミッション遂行中なので、なんだかスタートレックみたいです。楽しい。
今日は一日の半分は昼寝してたのですが、また眠たくなってきたので、そろそろ寝ます。沢山寝られるってことは、やはり体調悪いんだろうな。


「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」購入


引き続き風邪です。昨日よりはいいですが、まだ体調悪いので、何かするのにすごくエネルギーが必要です。でないと忘れちゃったりだるくてめんどくさくてやりたくなくなったり。で、なんとかiPhoneを充電し、食後の薬を飲み、友達にメールを送り、別の友達に電話で連絡を取ることができました。今日はあとはもう寝るだけです。でも、せっかくSTRANGE JOURNEYを買ったのにまだ封も開けてない自分が気の毒でならん。明日からやるよ、明日から。
全然関係ないですが、今日の昼間J-WAVEで馬の骨さんキリンジお弟御さん)が歌ってたジョンレノンよかったですな。あれCD出てないのか。
ジョンレノン生きてたら今日で69歳らしいよ。


「デビルサマナー葛葉ライドウ対隻眼化神」後編


ドラマの後編です。
今回のキーワードは「早とちり」
ヴィクトル曰く「悪魔というより、神になりそこねたヤツ」。
いやあの、メガテンの世界では神でも悪魔呼ばれてますがな。
とかいうことは言っちゃいけないんだろうな。やっぱり民間信仰とかあるわけだし。
今回の話は、前編を見て予想したとおりの展開でした。ある意味、ひねりはないです。でも、良かったです。
この手の話だと、悪魔によるトラブルが起きているその奥には、何か悪さを企んでいる人間の存在がかかせません。以前高橋なにがしさんの陰陽師小説を読んだのですが。
……思い出そうとしたんだけど、どうもタイトルが思い出せないです。でも内容的にこの本だろうか。


ライドウのみたいなのじゃなくて、平安時代のほんとの陰陽師の話なのですが、短編の集まった1冊の本の全てがそのパターンでした。
つまり「より恐ろしいのは人間の方だった……!」ってやつ。
正直読んだときにびっくりしました。一つくらいはパターンにはまらない話があってもよかりそうなものなのに、全部それかよっ。
しかしよく考えると、いや考えるまでもなく、あやかしや妖怪というのは、人間の営みで現れた『歪み』を『視覚化したもの』であるという見方があるわけでして、それに則って考えれば、そういう話になるのは当然の流れなのかもしれません。人の営みのないところに、悪魔たちの出番もまた、ないわけです。
今回もそんな感じで、悪いことをした人が裁かれるべく警察にひっとらえられました。悪いことをした人間を引っ捕らえていくのは、風間刑事のお仕事。
そして、人々に害を為す悪魔を引っ捕らえるのはデビルサマナー葛葉ライドウのお仕事です。
あとはネタバレになってしまうので、お話についての話はここで終わり。
個別に感想など書いてゆきます。
まずはガイン君! 来たよガイン君! 前編の感想で不満をもっておりましたが、その私の気持ちをちゃんと汲んでくれたのでしょうか!(と電波っぽいことを言ってみる)やっぱりモコイさんはいいねえ~~~。
エフェクトかかりまくってましたけど!
その次。メモをとる猫! この頃はフェルトペンはあったのでしょうか。ボールペンや万年筆では猫の口で書くのは難しかろ? あるいは鉛筆でしょうか。それにしても書くの大変だろうと。
それから、ヴィクトルのところに沢山いた悪魔。ライドウに連れてってーとせがんでいたということは、ライドウのところの悪魔だったの? 悪魔保育園状態だったの? デビルカルテに登録するって、そういうことだったの? それはそれで面白い。
ところで今回の「隻眼化神」は天目一箇神(アメノマヒトツ)のことでございました。隻眼だな。
そして、キヨのとーちゃんを雇っていた浜垣さん。
1週間以上ノルマが達成してないからという理由で労働者を家に帰さないってどう考えてもただの犯罪者……。
そんな無茶な労働条件を押しつけてもいいことなさそうだけどなあ。
昔の人の工場勤めとか、労働者を働かせる時にやりすぎるとやばいという意識がなかったころの時代のひどい話は、よく聞く話ですよね。
蟹工船とかもそうなのか? 読んだことないけど。いや、これはもしかしたらワーキングプアという現在の暗部を鋭く抉り取った社会的な問題提起の物語なのかもしれない。100年に一度の不況のせいで、身につまされる人もいるのではないでしょうか。つまり、全然昔の話になっていないんだなあ。にしても浜垣重工は極端だろと思うけど。しかもやらせている行為が犯罪……なんだっけ、こういうの、こんぷらいあんす……ほうれいじゅんしゅとかなんとか……むにゅむにゅ……。難しい話をしようとしてぼろが出そうになったので、やめました。
ここでも現実の世界の人間の方が恐ろしかったというオチになってしまうのでしょうか……!!
そして鳴海さん。いいなあ、ドラマの鳴海さん。この鳴海さん好きだー! 鳴海らしさが良く出ています。
タエちゃんもそうですね。脚本の人がキャラクターの「らしさ」をちゃんと把握して書いている、という感じがします。丁寧な仕事です。よいですね。
今回割を食ったなあと思うキャラは出番がなかった「ヤタガラスの使者」。
キャスティングするとしたら個人的には勝生真沙子さんか田中敦子さんがいいです。
名も無き神社を通して異界へ行くシーンがあるので、そこで出番がなかったということは、キャスティングの都合上だったんだろうな。
でもまあ、しょうがない! 優先順位が低いと判断されたのだろうし。
実際のゲームの時もそんな感じでしたが、事件がクライマックスに近くなると、ライドウが異界で悪魔と対戦する展開が続くので、他の人たち、つまり鳴海やらタエちゃんやらの出番が減りますな。
このCDでも前編に比べて後編の方がそんなでした。ライドウとゴウトと悪魔と悪役以外の出番少ない。風間刑事はもともと出番多くなかったですけど、ヴィクトルとかね。金王屋に至っては後編は出番なかった。前編では出番が少ないとはいえかなり重要で、しかも彼らしい出番があってよかったですけどね。
今回出てきたヴィクトルさんの新作「レギンの剣」。
私は詳しくないのですが、北欧神話? だっけ?
本編にも出てくるといいな~。
レジンの剣となると、プラスティック製ってことになってしまうからな。
悪魔の話。
今回はヒーホーはお留守番だったホー。
ナタクとピクシーは続けて当番。
それから戦闘要員として新しく投入されたのはアルラウネ、ミシャグジさま、アマツミカボシ、そしてナーガラジャでした。
特技要員としては、先ほども書きましたがモコイ。
一つ気になるところがありまして。
ライドウの風魔、じゃねえ封魔方法。
2体同時召還してるし、ストーリー的にもアバドンより後なんです。
が、管で吸引という方法を使っているのです。その辺はドラマだから都合に合わせて採用した展開なのでしょうけど。
にしても、戦闘中、非戦闘中を問わず悪魔たちの言葉が最高です。
前回もそうでしたけど。
ゲームでも元々色々話しているわけですが、自分は操作に必死なので、何言ってるんだかわかんねーということもよくあるわけです。
でもドラマですと、そういうのがはっきりとしていて、台詞が実に的確で、おさまりの良い感じ。「聞こえますよ、悲鳴のオペラが!」とか、文字で読んでもピンとこなかったわけですが。こうして聞くと、わかるなあ。
かといって、作中での悪魔台詞にこだわらず、オリジナルで発言させている台詞もそれぞれそれっぽい。鳴海やタエちゃんのところでも書いたけど、じつに正しく各口調を把握して書いているんだなあと思います。ステキよ。
「お前誰?」って言われてるのか、ライドウ。「たまにな」
……いや、いじめじゃないよな。
ライドウは鳴海の面倒を見まくっているらしいです。
24時間面倒をみる存在、それは嫁といいます。
ただの探偵見習い、というかデビルサマナーなのにそこまでやらなくてもいいだろ、たとえ学生の身分じゃなくなっても……。
ここにも問題のある労働環境が(違います)。鳴海は結婚でもしろ。鳴海のところに嫁いで来たがる女性もいなさそうだけど。
おまけにあった、ネットで先行公開していた小話(?)。あれの鳴海V.S.ゴウトの話が好きです。とても好きです。特に鳴海の「うふふふ、うずうずしているね。おいで~~」が最高です。しゃべり方がすごくいいです。弄ばれるゴウトさんも最高です。
ですが。
おまけの、「無音時間」が長すぎです。
QuickTime(有料版)でカットさせて頂きました。
こちとらiPhoneで通勤時などに聞くのです。極端な無音時間は勘弁してください……。
最期のコメントで声優のみなさんも言ってたけど、続きができたらいいですね。
ゲームの続きでもいいし、ドラマの続きでもいい。同じキャストでアニメでもいいですね。ドラマCDやアニメを作るにしても、ゲームの続編も作って欲しい。ようするにもっとライドウを遊びたいです。アトラスさん、本当によろしくお願いします。
「この屏風にはいった……なんでもありませんありがとうございました!」