「タイムドカン」スゴかったよ話

「機動警察パトレイバー THE NEXT GENERATION」つまり実写版パトレイバーの第4章を見て来ました。上映最終日の最終回に慌てて駆け込んできました。
〆切前のただでさえ貴重な時間を割いて無理矢理観に行ったんですが、行って良かったです。というかなんでこれ最終日に見てるんだよ、私。今薦めてももう上映終ってるから見れないじゃないか。円盤発売やレンタルを待つしかないじゃないか。私は劇場で円盤買って来たのでこれからまた見ますけど。

で、〆切前なのに書かないと収まらないくらい衝撃的だったので、今書いてます。なので、取り急ぎEP7「タイムドカン」についてだけ(熱海特撮回についてはいずれまた! 田口さんが特技監督だし!)。

爆弾処理回といえばアーリーデイズにもありましたし(遊馬がすごい形相になって、香貫花が適当に切るやつね)定番っちゃ定番なんですが。
実写版の特車二課も段々ファミリー感が出て来たというか、馴染んで来たというか、筧さんの隊長ぶりも板についてきたなー(実際は私が慣れてきたのだろう)と思っていた矢先。
整備班が総出で探索した結果色々出て来るっていうのも、アニメ版からの流れをちゃんと汲んでて、最近ファミ劇の一挙放送で「火の七日間」を再見したばかりだから説得力あるなーと思いつつ、整備班の女の子たち可愛い〜サービスすぎる〜とか思ってたら。

二課に荷物を届けに来た宅配の人、顔が大写しになって誰だか分かった途端に
吹いた。

一人で吹き出して、その後も画面に映る度にニヤニヤが止まらなかった。
カメオ出演でえらい人連れて来たなと思った。

しかし

ドラマ「アオイホノオ」の武田さんや山賀さんみたいなカメオ出演とは全然違った。あんなレベルの出演じゃなかったのだ。つーかカメオに見せかけたカメオじゃない出演だったのだ。

もう最高。このキャスティングした人最高。
私がパトレイバーを好きになったのは、第三舞台を好きになったのと同じ頃なので、筧さんが隊長を演じてるとか、21世紀すげえと思ってるってのは、いつも(主にTwitterとかで)言ってるんだけど、本当すごいな。91年の「朝日のような夕日をつれて」でスーパー時事ネタタイムにパトレイバーも使ってた劇団ですよ、第三舞台。ほんと意味分からない。しかも今年「朝日」再演してるんだよ!(筧さん出てないけど)。なんなんだこのタイミング。本当意味分からん。分からん。

もともとこの機会に第三舞台クラスタはパトレイバーに、パトレイバークラスタは第三舞台にハマればいいと思ってた両方好きな私ですが、今回の話は特に第三舞台ファンはマスト視聴ね。よろしく。というか私がこれだけ騒いでいる理由、第三舞台ファンにしか分からないから。
劇場でも終ったあとに思わず館内の人に「今回のゲスト俳優のキャスティング、分かってます? ねえ、分かってます?」と大声で確認したくなったくらいだよ。この中で私しか分かってる人居なかったらどうしようと思って(最終回だったので客席はかなり埋まっていた)。こんな感動は米倉さんのテレビの「交渉人」1期最終回でゲストが大高洋夫さんだったとき以来ですよ。

劇場で円盤買って来たから、これからリピろっと。
カーシャの肩甲骨はほんと至高。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

パラノーマン ブライス・ホローの謎

先日ドリパスの復活上映で見て来ました。12年の子供向けアニメ映画なんですが、アンテナ低い私はTwitterでフォローしてる方がドリパスの投票呟きをしているのを見るまで知りませんでした。
折角だから前情報を仕入れず何も知らない状態で見に行こうと思っていったら……

いやはやこれが大当たり。

何の気構えもなしで行ったからというだけではないと思うのですが、すごーーーく良くて。思いのほか良くて。というか思った以上に良くてですね。
泣いちゃいました。マジ泣きでした。
だからあまり細かい紹介はしないで薦めます。
面白いよ!

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

実写版パトレイバー制作記者会見

ニコ生のタイムシフト視聴で見ました。
うーーん。

実写化の話が上がったときから「番狂わせ」をすればいいと言ってましたが、おおむねそんな感じになりましたね。
レイバー隊員は3代目、シバさんは班長に昇格、隊長は2代目で名前は後藤田。
名前といえば主役の名前も番狂わせと同じ。ただ、さすがに男の子にはしませんでしたね。
そこはさすがの押井さんも空気読んだんですね。
キャスティングはハロプロの子なんですね。
私は基本的に女性アイドルには詳しくないのですが、玲君が「赤毛のアン」でハロプロの子と共演してるので劇場でハロプロファンと思われる方々と遭遇したことはありますが、彼らのファン熱も相当強いです。熱いです。
遊馬……の代わりにバックアップになったのは、知らない俳優さんなのですが(すいません)、雰囲気いいですね。遊馬に似てるわけではないけど、それっぽい。しかし、男の子としてはレイバー乗りたかったでしょうね。コミックス版では乗るシーンもあるんですけどね。
しかし女の子の主人公がロボットのパイロットで、そのバックアップが男の子っていう設定が、25年前、斬新だったんだよねえ。

番狂わせをベースに……といいましたが、さすがに他のメンバーもそのままにするわけにはいかなかったみたいで、特に見栄えのする香貫花の3代目バージョンは美人さんを連れてきましたね。番狂わせでは相当ひどいキャラでしたけど、あれ、そのままなんですかね(最後に1度だけ頑張ってたけど)。

シバさんが千葉さんというのはまあなんというか、特に言う事は何もありません。
歳をお召しになって、班長の貫禄もあるなあと思いました。

あと隊長たち。
埋め立て地は明らかに流されてた場所だったから、南雲さんも後藤さんも本庁に戻って実力に応じた部署で仕事してるのだろうなあ(と思うことにする)。まあ後藤さんは相変らず昼行灯なんだろうけど。
筧さんは相当「実は切れるけど昼行灯」というキャラクターを意識してましたね。
初代後藤隊長のキャラクターを同じようになぞっても仕方がないので、筧さんなりの昼行灯隊長を演じてくれればそれでいいのではないかと思ってます。一応、後藤隊長の直系の部下だしね。筧さんもベテランだしね。

さて、実物イングラム。
目撃情報が少し前から出てましたけど、全部棒立ちだったから、あれ、動かないのかなーと思ってたのですがどうなんでしょう。
形を作るのは可能でも(お台場ガンダムのように)、動かせるロボットとしての実物を作るのは大変ですよね。
絵コンテ(画面の入れ方)とかで工夫するのかなあー。
イングラムって生で見ると重心高いよね。アニメやコミックスでは特に感じなかったけど。倒れそうで不安になっちゃう。篠原重工のオートバランサーの機能でなんとかしているという設定なんだろか。

総監督の話。
もうパトレイバーの仕事に関わる事はあるまいと、「ミニパト」のときも「番狂わせ」のときも思ってました。
出淵デザインのイングラムが嫌いという話も聞きますし(ドーファンとかの方が好きなんでしょ?)
でも、実写でパトレイバーをやるとなると、実物をつくらなくてはいけないと思ったのかなあ。

しかし、実写で撮影するからには、土木作業用レイバーとか、犯罪者が乗っ取るレイバーとかタカアシガニとかグリフォンとかも作らなくてはいけないですよね。
それらはまだ出さないのかな。

嬉しかったのは、1度きりの映画化ではなく、テレビドラマシリーズではないけど、何作か作られるというところですね。
東北新社さんも折角高い金払ってロボット作る訳だから映画1作だけではもったいなかろうと思ったんじゃろかげふんげふんっ。
脚本が押井さんなので(伊藤さん、他でないので)、それも嬉しかったかなあ。
映画1本だと決めうちでアニメ劇場版みたいな重厚なやつ作らないといけないけど、シリーズだったら多分中には押井さんお得意の不条理ものとか食べ物ネタとかのエピソードもあるだろうし、押井さんの脚本のパトレイバーはレイバーが動いてない方が面白いしね……(いいのかそれは)。

パトレイバーファンの心理はとても複雑なんですよ。押井さんが面白いものを作れる監督なのは知ってるけど、関心の方向性がファンと全く違ったりするから。だから監督は押井さんがいいけど押井さんじゃ不安とかいう訳のわからない心理状態になるんです。押井さんとパトレイバーの両方のファンじゃないと判らないと思います、この心理。

制服のこと忘れてた。
アニメのどオレンジが嫌だったんだろうと思うんだけど、色替えだけで、デザインは変えて欲しくなかった……
あと、実写イングラム、ブチ穴がないような気がする(はっきりと断言は出来ないけど)。押井さんのささやかな抵抗なんだろうか。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

レ・ミゼラブル フラッシュモブ

映画版DVD、Blu-ray記念のフラッシュモブを日本でもやった……という話は聞いてました。

でもやっぱ先にこっちのフラッシュモブ見てたから、比べるとイマイチだなー↓

フラッシュモブには民衆の歌よりワンデイモアの方が向いているんですよ。
最後のフレーズを2度繰り返すのもかっこ悪いよなあ。
レミゼは日本語翻訳歌詞もあるんだから、映画では日本語で歌ってないのは分かるけど、どうせ民衆の歌をやるなら日本語でやればいいのに……。
とか色々文句が多くてすいませんでした。

youtubeで検索するとレミゼのフラッシュモブいっぱいあるね。ワンデイモアの方が多いような気がするよ。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「あぶな絵、あぶり声トリビュート」にいって思ったこと。

平川大輔さんはLOTRの吹き替えでレゴラスをやっている人なので、私は指輪の本編で好きだったのに映画で削られてしまったシーンのレゴラスのセリフを平川さんの声で聞けたらいいのになあと思っていた。
今、そのセリフを引用しようと文庫の棚を探したら、旅の仲間も、二つの塔も、王の帰還下巻も、追補もあるのに、王の帰還上巻だけがなかった。なんでだ!
そんなわけで引用は出来ないのですが、好きなシーンがありまして、映画ではなかった。
この際評論社さんがセリフは映画の吹き替えの声優さんがそれぞれしゃべってくれる指輪物語原作の朗読CDとかを作ってくれたら私が幸せになるのに……と思いました。瀬田さんの翻訳がね、いいんですよ。
地の文を読む人が大変。
あと、歌ね。
でも本国では朗読CDとか出ていた気がします。
 
評論社さんお願いします!
 
教授も喜ぶと思うよ!

 
 

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」

ガイ・リッチー、ロバート・ダウニーJrのシャーロック・ホームズ映画2作目。
最初に結論を言うと、1作目を見たときのインパクトはやっぱりなかった。
これは仕方がないですよね。
でもクライマックスの盛り上がりはなかなか良かったです。
1作目見て気に入っているのなら、見るのをおススメします。
思ったんですが、ホームズの推理描写が昔考えた「凡才が可能な天才描写」に似ている。
ゆうきまさみ先生か誰かが言ってたんですが、創作者は自分の知力を上回る知性の持ち主を描写することはできない。うむ、確かに自分より頭のいい人を描写するのは難しい。
でも例えば「頭の悪い自分だったら1日かかる推理を、1秒で出来る能力」とかの描写だったら出来る訳ですよ。
執筆に十分時間をかけてトリックをじっくり練ればいいわけですからね。
まあそれも執筆に必要な最低スキルは持った上でのことですが。
この映画のホームズは推理しているときに、今まで自分が得てきた情報を走馬灯のように頭の中で再生させて、それを映画のスクリーンで視聴者にも見せるかたちで描写しています。
普通の人間だったら見逃すか、忘れているようなささいな事柄を、そこで拾い上げているんですね。
原作のホームズを現在のハリウッドで実写化するという行為の、一つの解答だな、と思います。
メアリーが良かったなあ。
あと、オチはシャーロキアンなら当然分かってますよな終わり方でした。
滝壺に落ちる振りをして身を隠してこそシャーロック。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「mirror」


今年の一月に上映してた映画のトレイラーがYouTubeにアップされていました。
ちなみに見に行ったときの感想はここ
これDVDとかにならないのかな?

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「幻の湖」mixi2004年11月23日

mixiの日記の一部をこっちに転載しようと思います。
いつmixiを退会することになってもいいようにです。
というわけで2004年11月23日の日記です。

幻の迷画「幻の湖」をみました。
いや、聞きしに勝るひどい映画でした…。ひどいのも突っ込みどころもレビュー読んでて知っていましたが、実物を見てみるとまず全てのシーン・台詞が無駄だらけで冗長すぎるんですよ。だから見ていて面白くないというか退屈というかつらい…。一人でみてたらまさに「拷問」としか言いようのない状態。
そして台詞を途中で止めると言う台詞回しがとても多い「○○が××である」という文章を「○○が」で止めるような感じのです。そりゃあね、こっちも長年日本人やってますから省略されても何を続けるつもりだったのかは推測がつきますよ。でもそれを何度も使われるとそこはかとなく沸き上がる座りの悪い感じ。断言しろよ!と言いたくなります。ほんとにこの監督、脚本家として名を成してた人なんですか?と疑問に思う程でした。
主演、演技へただし。まあこれは新人だから仕方ないのかもしれませんが。なんかこう、下手くそに感情を込めて台詞を言うのですが、主人公の言動が異常すぎて見ていて気持ち悪いので、彼女が感情を表しても見ている方は全く感情移入出来ないんですね。飼い犬のシロの方がよっぽど芸達者で演技上手いです。
まああれです、言動がおかしいのは主人公だけじゃなくて出てる皆なんですけどね。主人公の職場のミーティングで、ことあるごとに同僚のかたせ梨乃がいじわるな台詞をいうのですが、見ているこっちにしてみればこの人の言う事の方がよっぽどまともなように思えます。
でもやっぱりキャストがそうそうたるもんですよ。菅井きんまで出ている。しかもチョイ役で!
母の知り合いが出ているシーンですが、「時代劇パートのお市の方の侍女その1」の役なので、つねに背景です。小さくて顔もよくわからないし台詞も一つもないや…。さびしい…。
でもこんな映画ですごい役やってたらそっちの方がさびしいかもしれません。
そういうわけで、この映画のレビューは読んでて面白いのでお薦めですが、映画本編はかなり精神的につらいので、体力がある物好きな人にしかお薦めできないかも…。
そういえば今週の「ブルータス」でみうらじゅんがこの映画紹介してました。さすがですね。
※この日記は元々は昔あったTajima Show Roomの掲示板記事を前提に書いているのですが、現在その掲示板はありません。そこには「母の知り合いが幻の湖に出演していたことが判明」というようなことが書いてありました。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「4探。」

「4探。」という映画を見てまいりました。
1月15日のことです。もう2週間前のことですね。目当ては遠藤公太朗さん(´∀`*)。
4人の映画監督による4つのオムニバス映画で、主人公というかメインキャラクター……作品によってメインだったりサブだったりするキャラクターたちが共通して出てきます。
1話目「探偵事務所~始まり~」いかにして探偵となりしか
2話目「浮気調査」浮気調査の果てに
3話目「Mirror」殺しの仕事も受けてます?
4話目「TANTHEI/タンテイ」武闘派との闘争
↑正式なタイトルの横の文は私が作った一言説明文です。
大体こういう話だと思ってもらえればいいかと思います。
公太朗さんは3話の「Mirror」に出演。サイコでミステリーでマッドな作品。
これ以上言うとネタバレになっちゃうよ。なので書きません。
いやでもいいのかな。
どうかな。
ちなみに公太朗さん目当てに行ったことに関して言えば、大正解でした。
色々な公太朗さんが見られて大層満足でした。
IMGP0421.JPG
写真は映画館で特典で頂いた公太朗さんのサイン付き写真です。劇中の公太朗さんですね。ステッキー(´∀`*)。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「マリア」見るよ


今夜はクリスマスイブなのでマリアでも見るか! クリスチャンじゃないけど!
気分だ気分。
しかし預言のせいで幼子皆殺しとか、こえーよ! やりすぎだよ! 人の命軽過ぎだよ! いくら昔でも。
シドの出番は少ないのですが何せガブリエルなので神々しいです。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「マリア」来たよー

「マリア」(原題THE NATIVITY STORY)をアマゾンで買いました。
これから観るよー。
劇場で一度観てるのでBGM代わりに観ても大丈夫だろう。そしてガブリエル登場のシーンだけばっちり見直そう。神々しいよシド神々しいよ。
「ファインダーの中の欲望」のシドについてはその後徒然と思うところがあったので改めてまた書きましょう。そのうち。で、この映画みたいなはくちっぽい演技もいいけど、大天使ガブリエルもできるシドすごい。
と書いたところで、iTunesStoreで「タイタンの戦い」を買おうとしていた事を思いだしました。
支離滅裂な日記ですいません(いつものことだが)。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「ファインダーの中の欲望」UN HOMME PERDU

シド目当てでフランスの映画「ファインダーの中の欲望」(原題UN HOMME PERDU)を観ました。
結論としては、シドのファンのご家庭には一枚あってもいいんじゃないかな! というくらいシドの出番が多かった。助演扱いだとは思うけどほとんど主演じゃないかな、これ。
【概要】
フランス人の男とアラブ人の男が中東で二人旅をしながら先々で女をひっかけるロードムービー。
【感想】
シド演じる記憶喪失の秘密めいた男は終始捨てられた仔犬のような目をしていて可愛い。
トマ(一応主人公・カメラマン)がかまいたがるのも分かる。
交流らしい交流をほとんどしていないのに彼を「友人」と言うトマ。
ふと
『男同士の連れ風俗は疑似同性愛』
という格言(?)を思いだしました。
直接ホモっぽい描写は全くないのですが、トマとフォアド(シド)が仲良すぎるのでホモみたいに見えます(作中でも言われます)。
合間あいまに男女のエロエロなシーンが頻繁に挟まりますので、そういうのが苦手な人はご注意を。普通に18禁な内容ですよ。褐色肌の良いおっぱいがいっぱい。
ただしエロシーン目当てに観るにしては、ノイズ(エロじゃないシーン)が多すぎるような気がする。
この映画を観ていると、フランス人にとってセックスは挨拶と同じくらいな感じなのか!? という気がしてきます。気のせいでしょうか。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

LOTR「旅の仲間」

1日に30分くらいずつ映画のロードオブザリングス(SEE版)を見返している。
今見てもすごい。そしていい塩梅に忘れていて面白いし、いい塩梅に覚えている。
ドワーフを殲滅したあと、モリヤの鉱山にはオークたちが住んでいたみたいだけど、あそこ居住性むちゃくちゃ悪そうだよね。何よりバルログがいるし。バルログは主にエルフに恐れられているらしいけど、オークたちも逃げてたからやっぱり怖いんだな。ぶるぶる。
オークだから人間とは居住性の良さに対するニーズが違うのだろうけど、そんなことを思うのだった。
今見てもメリーとピピンかわいい。あの二人は最終兵器並みにかわいい。しかし、旅の最初の頃はめっきりトラブルメーカーだけどね(特にピピン)。
ボロミアとメリピピがキャッキャウフフしてるだけでもご飯何杯もいけますハァハァ。
レゴラスも今見ても美しい。やっぱいいわーエルフ族。
アラゴルンは何度見ても不思議な顔してるなーと思うのだった。
吹き替えで見てるのですが、ギムリの内海さんがガチなキャスト。すばらしいよね。
ガンダルフ……バルログと対峙してるところはやっぱりかっこいい。
というわけで今日はロスロリエンに入ったところまででおしまい。長いからね。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「ヒックとドラゴン」

ヒックとドラゴンは見た人の評判が誰も彼もよくて、よっぽどよいのだなあと思って見に行きました。いやあ、良かったです。
私はパンツァードラグーンというセガのゲームのシリーズが好きなのですが(でもシューティング苦手なので主にRPGのAZELです)、ドラゴンに乗りたい! 冒険したい! そしてドラゴンと交流したい! というそんな私のようなターゲットど真ん中の映画でした。
ドラゴン自体も数種類いるのですが、なんといっても主人公の相棒トゥース! かわいい! トゥース!(めろめろ)
目や頭の形のせいですかね。猫を彷彿とさせるドラゴンですね。魚好きだし。
この世界のドラゴンはかなり知能は高いが言語による人類との交流は出来ず、それでも人間の感情(特に好悪)を読み取る術は高いみたい。
特別にドラゴンが好きという訳ではなくても、空を飛ぶシーンの痛快さや、「親と子」「仲間たち」のドラマなど、普通に子供向けの映画としてちゃんと作ってある(つまり大人が見ても楽しめる)ので、こういったジャンルに特に抵抗がある人以外にはお薦め。
感動して、泣けて、痛快な気分になって、見終わった後幸せな気分になれた映画でした。
勿論いいところばっかりでもないし、好き嫌いを言い出したら色々とあるみたいだけど、私は好きだなー。
ネタバレなしの感想というとこんな感じかのう。
まだもう少し公開してる劇場があるみたいなので、見てみたくなった人は公式でチェックしてね。3Dがお薦めですよ!

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「インセプション」

一ヶ月位前ですけど、インセプションを見てきました。
実にわかりにくく「俺ルール(この映画の中でだけ通用する常識)」が沢山あって覚えるのが大変。
でもシリアナに比べたら全然マシだね! シリアナは分かりにくい事この上なかったから!
夢の中に侵入するとどういうことを出来得るかというのを考えてみた、という感じの映画です。
そしてそれを商売にするとしたらどういう専門家が必要で、どういう出資者が存在し得るかとかね。
個人的には見せ場としては謙さんですかねえ……。いやあ、ああいうおじさん、ステキですよね。
それと、スタートレックのネメシスでクローンの若い(でもハゲの)ピカードを演じていたトム・ハーディが主人公チームにいました。……いた筈(あまり覚えてない。次に見る事があったときはちゃんと確認したいものだ)。
新スタートレックテレビ本編でのピカードの回想シーンでは、若い頃のピカードは毛が生えていたんだよ! だからピカードの若いクローンだって生えてて良い筈だ!
(いやもちろんピカードのクローンらしさを出すためにあえてやってるというのは分かるよ。でも言ってみたくなったので言ってみました。ほほほ)

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]