お気に入りの仲魔とずっと一緒に戦う方法

「デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団」
ども、ライドウ絶賛2周目のたじまです。
今日は最近になってようやく気がついたとあるノウハウについて書きます。
このゲームで私が一番不満だったところは、お気に入りの悪魔がいてもいつまでも一緒に戦えないところです。
ほっとくとライドウとレベル差がどんどんひらいていってしまうからです。
かといって特定の悪魔だけ使って戦い続けていると、累積忠誠度が上がらないのでサマナーランクが上がりません。
ところがサクリファイスを使うと、忠誠度が2体の悪魔の平均値になるのです。つまり忠誠度マックスの悪魔に忠誠度が少なめの悪魔を合体させると…忠誠度が下がるのです。
というわけで、常にサクリファイスをさせながら戦えば、ライドウのサマナーランクを上げるためだけに忠誠度マックスの仲間を戦闘メンバーはから外さなくてはいけないということがなくなるのですよ。おまけにパラメータも一つづつ増えて行くから一石二鳥。すげー! 我ながらよくぞ考えついた(って誰でもすぐ考えつくことかしら)。
とはいえこの方法では「サマナーランクが上がらない」という問題しか回避してないので、これだけでゲームを進めるのは難しいです。どうしてもゲームを進める上では各種管族の悪魔が必要になりますし、それをそれぞれこの方法で育てるってのも無理ですし(やっぱりレベル差が開いていってしまうから)。
だから多分この方法が有益なのは、2周目、その都度レベルに応じた必要な属性を持った悪魔はデビルカルテから呼び出せるという場合、ですな。
しかも、お気に入りの悪魔とずっと一緒に戦い続けたいという欲求がある人にとってしか意味がないノウハウです。そういう悪魔がいない人は、普通〜に合体したり封魔したりで進めるのがいいんじゃないでしょうか。
私は2周目はなんとかヨシツネをずっと使いたくて頑張ったのですが、上記の方法に気がつくのが遅くて、結局ネビロス道場に頼りっぱなしでした。それでもゲームを進めているとやっぱりライドウとの差はひらくばっかりだったし、なんだか切なかったです。今はもうヨシツネ、レベル58なのですが(22も上げた!)、ライドウは80ですからね(だからベルゼブブさん仲魔にしてみた)。
だからなんとかライドウをサマナーランク最上位にまでしてしまえば、もう累積忠誠度にこだわらずに悪魔が育てられるのだと思って、随分頑張ってしまいました。
ええ、その甲斐あって今はうちのライドウは最高ランクのサマナーになりました。だからやっぱり上記の方法はもう意味がなくなってますよ。
もう累積忠誠度とか関係ないから、3周目はジャックランタンでも育てるかな…アリスでもいいかな…。ジークフリードも好きなんだよな。
…やるのか、3周目。


ネビロス道場

「デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団」
今ではファンブックも攻略本も持ってる「ライドウ」ですが、最初はネットの攻略情報のみでやってました。
とはいえネタバレが苦手なので攻略サイトもなるべく読まないようにして、詰まった時だけそーっと見てました。
そうやって参考にしていた攻略サイトに、ネビロス道場というものが紹介されてました。
ネビロスという悪魔は敵として現れると「召し寄せ」という技を使ってどんどん仲間を呼ぶのです。
そこでわざとネビロスを倒さないで同伴の悪魔だけ倒し続けると、最終的にはすごい量の敵を相手にすることになり、経験値がたんまりと貰えると言う寸法です。ネビロスは物理攻撃が無効な悪魔なので、仲魔には「MPを無駄にするな」と命じておけば、間違って倒してしまうこともないという訳です。
ネビロスの同伴悪魔は何種類かいるのですが、登場時に引き連れてる悪魔しか呼び寄せないようなので、どの悪魔を相手にするかもある程度は選べます。私はヒルコとゾンビーケンペイ、赤マント、ゾンビーケンペイのみという3種類と戦ってみましたが、赤マントは経験値稼ぎには不向きでした。ヒルコだとまれに混乱魔法をかけられるのが面倒、というわけでおすすめはゾンビーケンペイのみを引き連れているネビロスです(異界桜田山で遭遇しました)。
一緒に戦う仲魔は、オオクニヌシがいいようです。
ネビロスは呪殺魔法、ゾンビーケンペイは銃撃を繰り出して来るので、どちらも無効な彼は頼もしいです。
特に私は合体技が「呪殺無効」のオオクニヌシだったので、それが出せればライドウもネビロスの魔法攻撃を無効化出来るのでかなり楽でした。ライドウへの銃撃と、それぞれへの直接攻撃にさえ気をつけていればHPが減ることもあまりありませんので長期戦闘に最適です。
とはいえ長く戦っていると段々HPが削られていってしまうのですが、この長期戦は最後まで戦えば大体傷薬と牛黄丹が9つづつ貰えるので、アイテムで回復していけば無問題。アイテムもなくなった場合はたまに回復の出来る仲魔に取り替えるといいでしょう。ディアラマができるアリスがいたので、彼女にやってもらいました。彼女も呪殺無効なので。
最後まで…といいましたが、どこが最後なのかというと、それはネビロスのMPが尽きるまで…です。
そうなると奴は通常攻撃しか出して来なくなるので、オオクニヌシのかわりにレベルを上げたい悪魔を呼び出し、銃撃でとどめです。
それで大体経験値が2万くらいもらえるので、ライドウですらいくつかレベルがあがります(その時のレベルにもよりますが、40くらいだったとして)。元々ナーガラジャのレベルを一つ上げたいと思ってやっていたのですが、4つもあがったので最初びびりました。
ついつい4回くらいネビロス道場に通ったら、ライドウも10くらいレベルが上がってました。
まさに道場。ネビロスさんありがとう。


かずタソがんがれ。超がんがれ

鉄腕バーディーの14巻が出たー!
14千明
ここんとこずっとバーディー過去話だったので、それはそれで面白いし好きなんだが、とにかく千明成分が足りなくて禁断症状起きそうでした。
14巻は千明くんの出番がそれなりにあって、しかも新ダークヒーローになって出て来て(コスはジャージと包帯だが)、びっくりするやら嬉しいやらだ。この後どうなっちゃうんだろうか、彼。
それと千明くんの秘密がちょっとづつ明らかになってるっぽいけど、まだ全部は判明してないなあ。
氷川はまだ千明くん狙ってるのかなあ。それとも今は別のことかなあ(1からやり直しみたいになってるしね)。
あと最後に久しぶりにレビ登場で、しかも新キャラつれて千明くんのところに来てるし。(永遠って、今まで名前は出てたけど本人が出るのは初めてですよね)
まあそんなわけで鉄腕バーディー面白いんで読んでない人は読んでください。スタートレック好きな人だったら宇宙人とその社会描写が面白いかも。
あー15巻がまた楽しみだなあ〜〜


「デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団」

「デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団」
やたーライドウ↑クリアしたよー!
…いや、ライドウのプレイ日記はしつこくmixiでやってたんですけど。
そういやブログに書いてなかったなと思って。
ようやくクリアしたことですし、書いてみました。
いやー楽しいゲームだった。
難易度が低めなんですよ。
だって私今まで挑戦したメガテンシリーズ、いつもラスボスかそのちょっと前の「いつもより少し難易度あげてみた」ダンジョンで行き詰まってクリア出来なかったんですもん。ちなみに真・女神転生と初代デビルサマナーですが。
そーいや私はアクションRPGは得意って訳ではないけどやり慣れてはいるんだよね。バロックでね。でもバロックって「ラスボス戦がない」という、ゲームをやり慣れてる人にとっては「なんだそりゃ」なゲームだからね。ライドウのラスボスは手強かったです。
悪魔の数(種類)も少ないようにおもうのですが(70〜80種類くらい?)、難易度低めのゲームではこれくらいでいいのかもしれないし。
それと私はレトロなものが好きなのでそういう意味でもライドウはいいゲームでした。
なんかこー、雰囲気のあるゲームってなあいいね。それが自分好みならなおさらね。まあ一番好きなのはバロックなんだけど。その次がロマサガ。ライドウは私のRPGランキングでは3位に食い込む健闘っぷりですよ。あれ? それだとアゼルが4位ってことか? まあいいや(いいのか)。
贋作FFTライドウ
絵はmixiからの再録ですいませんの贋作FFTライドウ&ゴウトです。でもお気に入りは鳴海さんだったりする。
以下はネタバレ

続きを読む 「デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団」


YouTube買収話とMusicBox再び

みなさんもうご存知でしょうがYouTubeがGoogleに買収されちゃった
YouTubeの創立者によるコメントもあるよ。
私は英語聞き取れないので何言ってるのかわからないんだけど、二人とも若くてなんかかわいいな…。
…ハッ。
今年久しぶりに(ダイレンジャー以来)戦体ものを見たときに、もはや主役メンバー全員がかわいく見えてしまったことを思い出した…。
一番かわいかったのはガジャさま(@大高さん)だけどね!
それはさておき。
以前「ひとに書かせる」っていうエントリーで来訪者に情報をかかせるサイトが最近多いなーって話を書いたんだけど、その後CGM(コンシューマー生成メディア)という言葉を知りまして(9/19の書き込みで使ったりしてるヨ)、で、YouTubeもCGMっていうやつらしいです。ぼえー。
しかし書き込みが出来るようになっていても全然コンシューマがメディア生成してくれないサイトとかもあるわけで(前に検索してて見つけた映画情報サイトとか。もうURLとか分からなくなっちゃったけど)、一方YouTubeやWikipediaみたいににぎわってるところもあるわけで、こういう違いは一体何が原因なんすかね?
それと先日書いたYouTube MusicBox話の続き
前に紹介したおじさんのギターは他にも色々あることがわかって聴いていたり、リンクされている他のギター映像を聴いたりしています。これとか
あまりギターを聴いたことがなかったんですが、ギターいいですね。クラシックなやつとか。
それと演奏会の映像とか、テレビで放送された物を録画したと思しき映像より、自宅で録音したような映像の方がなんとなく好きだなー。
ただ、ギターじゃなくてピアノ演奏で見かけた映像なんですが、つっかえつっかえ間違いながら弾いてるような映像を公開するのはいくら素人とはいえどうかと思う…。いや、別に何やろうと自由なんだけどね。個人的にどうかと思ったってだけなんだけどね。


Youtube Musicbox

最近YouTubeでChopinとかSatieとかで検索して出て来る音楽演奏動画を適当に聞くのが好きだ。プロの演奏っぽいのもあるけど、むちゃアマチュアっぽいのとかも味わいがある。ピアノの廻りがえらく所帯染みてるものもある。世界のどこかでなんかの具合でたまたま録画された映像が廻り廻っているのだろうなあ。たまに小学生の習い事レベルのもあるんだけど。
そんななかで特に気に入ったジムノペディがこれ。太っててはげかけて地味な色のシャツの眼鏡の小父さんがもの憂げに弾いているのがいい。後ろの本棚もいい感じだ。


シリアナのシドはステキ


というわけでシリアナ
実は劇場には2度観に行きました。
それなのにまだ全部は理解していないと思います。複雑なんですよ。わざとわかりにくいままにしてるのでは? という作りでもあるし。エンターテイメントでないのは確か。
石油にまつわる世界的陰謀についての映画です。
見終わるとアメリカ大嫌いになってしまうので、よくこんな映画作ることができたものだと思います。
そういうのが作れちゃうってところだけはすごいよ、アメリカ。
しかし石油なくなっちゃったらどうするんだろう、中近東の国々は。アメリカも。日本も。
ていうかアメリカは車社会じゃなくなれば中近東に干渉しなくなるんすかね。どう考えても石油は車社会には必需品だもんなあ。
で2度も観に行った理由はナシール王子が素敵すぎるから。我らがアレクサンダー・シディグさんが演じています。
Illyさんに聞いたのですが、キャスティングが発表される前にこれの脚本を読んだ映画評論家の一人が「ナシール王子のキャストはシディグがいいな」なんて言ってたらしいですよ! 判ってる評論家さんですね。
早くDVDが届かないかとキリンのように首を長くして待っています。王子なシドをまた観たいのです。密林で予約済みです。
原作というか原案の「CIAは何をしていた?」も買ったんですが、まだよんでません…
そんなシドの次回作はNativity。キリスト誕生前のマリアの話らしいです。
シドの役は天使ガブリエル。つまり受胎告知をするんですね。シドが。
褐色肌の天使かぁ…どんな衣装なのかなあ。
早く観たいです。
以下はちょっとだけネタバレな内容の話
ところで作中でブライアン(マット・デーモン)の息子がプールで事故死しますが…。
あれって「弟王子、使えない」描写も兼ねてるんですよね。
どうも間接的ですが弟くんに原因があるみたいなんで。まあ過失責任を取れる程ではないのかもしれませんけど。
それで兄王子(シド)は責任を感じてか心を痛めてかブライアンに取りはからってやることになったわけですけど…。弟くんは全然そんなこと思ってないんだろうなあ。1時間後には忘れてそうだ。


死ぬかと思った

PSバロックを持ってない知り合いにPSの画面を見せる必要が出来て、画面をキャプチャーするため、MacのTVチューナーにPS2を繋げて、Macのモニタでプレイしてみたんですが…。
死ぬかと思った。
何故かと言うと、チューナーを介して専用アプリケーションで表示すると、実際の表示と僅かな時間差があるんです。多分アプリが何か内部処理をしているんじゃないでしょうか。
だから、異形が近付いてきたなー…と思うと、画面じゃまだ少し離れてるのに、デュアルショックで攻撃されたのが判るのですよ。それから慌ててこっちも攻撃。方向転換とかも遅れがあるからつい押し過ぎちゃって必要以上に回っちゃったりとか。
防御力▲99まで育てた歪んだコートを着てたからタコ殴りにされても痛くもなかったんですが、普通だったらアレ、死んでますよ。
コートのお影でHPは心配ないんですが、何するにも時間がかかるので、VT不足が深刻でした。最後グリロから心臓せしめたからまだよかったが…でも大分減っちゃったよなあ。持久偽翼でもあれば良かったのですが特殊偽翼しかなかった…。
そんな感じで大変な思いをしながらようやくワンフロア探索終了。で、中断。お影でキャプチャは出来たんですけどね。それにしても神経塔なのに地獄ダンジョンかのような有様でしたよ。地獄ダンジョン行った事ないけど。


人の話を聞いているというボディランゲージ

私は人の話を聞いているように見えないことがあるらしい。
子供の頃とある習い事の先生がそういっていたのでそれを知ったのだが。
というのはある日「この教室で習ったことのお影でテストで良い点取れましたよ」と報告したら「話を聞いているか聞いてないのかわからないような態度だったけど、聞いてたのね」と言われたのです。
レベルE」というまんががありまして、パタリロみたいな宇宙人が主人公なんですが。それの話にやはり「実際はそんなことないんだけど人の話の話をちゃんと聞いているのだかいないのかが判らない感じの人」が出て来るのです。ただ、ちょい役どころか、その有様すら主人公の日記内の記述のみなので、まんがを読んだ人でもそんな人が出て来たのを覚えてない人も多そうですが。私は上記の理由でやけにその記述が印象深く残っていたのですがね。作中の人物がそういう性質だからといって話には何の関係もなかったような気がするので、作者がそういう記述を取り入れたのは何故なのだろうと今でも疑問なのですが。もしかしたら作者も何も考えてないかもしれませんけどね。
で、これこれこういう風な態度を取ると、自分が相手の話を聞いてるってのをアピール出来るよってLingkoさんに教えてもらったのですが。確か途中で相づちをうつ、とかそんな感じだったかな。そういうのって普通の人は自然にやってるもんなの? 私は話に集中すればするほどそういうボディランゲージを間に挟み込むというのを忘れてしまうのですが。作業が自動化されてないってことかなあ。
そんな訳で今は気をつけるようにしてますが、上手くいっているのかどうかは不明です。


J-WAVEで尋ねCD

J-WAVEには夕方頃「鼻歌を披露してうろ覚えの曲を他人(DJまたはリスナー)に教えてもらうというコーナー」があるのですが、木曜日に尋ねられていたある歌はSpiral Lifeの「星のクロニクル」であることが番組中で判明していたものの「CDが手に入らず、かけられません」とかなんとか言ってました。CD貸して下さいとかなんとかも言ってたような…あれ? でもあのコーナーって確か曲名を判明させるだけで必ずしもその曲をかけるとは限らないような? リクエストでもあったのか?(仕事中片手間に聞いてるので定かでない)
そうなのかーあのCD廃盤なのかーもう随分昔のCDになっちゃったんだなー名盤なんだがなーと思ってたんですが

Amazonで売ってるじゃん!!
買おうよ!
勿論うちにはありますよ。