「俺たちは天使だ!」テレビ版DVD1巻発売記念イベントin青物横丁

アニメイトでのDVDの1巻の購入者特典のイベントです。
整理券は早い者順でした。
しかし。
イベント会場に入ると、中の係員の誘導に従って着席せねばなりません。
番号が早いほうが前の方の席に座れるのは確実だけど、真ん中あたりの席につけるとは限らないわけで。
番号が遅くても列の真ん中あたりの方が良い席、ということがありました。
具体的に言うと私より10以上前だった友達より、私の方がド真ん中の当たり席でした。ありがとうごさいました!!
自分はたまたま良い方にあたったから良かった物の、そうでなかったらちと理不尽に感じたかもしれない。
イベントはそういう参加者の些細な悲喜こもごもとは関係なく、取り行われていきました、文芸の田口さんが司会。握手会→トークショー→プレゼント抽選会の順番でした。
プレゼントは残念ながら外れました。でもキャストのサインは舞台版の時のスタンプラリーで入手済みなのであまりくやしくない(ブドウは酸っぱいに違いない)。
イベントはややぐだぐだには違いなかったものの、司会の人が進行しながらテレビ撮影の思い出を4人のキャストに語ってもらう形式でしたので、先日のDustzのファンクラブイベントにないものはこれだな、と思いました。
トークの出来る、かつDustzのことを理解している人に司会をやってもらい、少し4人からトークを引き出してもらいたいのです。音楽の演奏がバンドの本分ですが、そういうのは普段のライブで楽しませてもらっているのですから、ファンクラブイベントではそういうのがあってもいいと思う。どですか?
Dustzのことはともかく、俺天ですね。
握手会のときは少しキャストの方に声をかけたりできるのです。参加人数の関係で長々とお話出来るわけではないから、一言ずつですけどね。
私は思いました。事前に何言おうか考えてないかぎり、気の利いた一言なんか出てくるわけがない。そして事前に何言おうか考えていても、役者さん本人が目の前に来ると焦っているのもあり何を言うつもりだったか忘れる、と。
つまり、何か伝えたいことがあったら、手紙に書いてファンレター出せという話ですよ。
席が良かったためもあって、ずっと藤田氏を眺めていられ、生はいいねえと思いました。いや、テレビ越しでもいいんですが。
以前、ジャンフェスでのアニプレックスブースでの風小次イベントを見に行ったという人が、こういうことを言ってました。壬生の人はブラウン管を通さないタイプの光線出してる。
その人は壬生ファンだったのですが、テレビで見ていたときはあまり実写版の壬生をいいとは思わなかったらしいんですね。悪いとも思わなかったんでしょうけど。
でもイベントで生の壬生の中の人をみたら光線にやられてしまったそうです(ってこんな人ごとみたいな書き方してると私はジャンフェスの風小次ステージ行ってないみたいじゃないか。行きましたよ、ちゃんと壬生さんの回に)。
言われてみるとそうかなあ。
いやいや。
私は思うのですが、これは多分他の藤田氏のファンも同意してくれると思いますが、藤田氏は写真とか映像写りが難しいんですよ。ってこれって前からこのブログでも言ってるな。写真写りによって結構差がある。多分彼を撮るときはかなり意識してないとキレイに撮れないんじゃないかな。風魔の実写版の最初の方はスタッフの方がそういう藤田氏の特性を理解してないみたい。
そういう意味では最初からキレイに彼を撮っている牙狼や俺天のスタッフはすごいと思います。
そんなわけでテレビで見るより、生で観た方がすごいのかもしれません。また別の友達の談ですが、舞台版の風小次から藤田氏のファンになったお嬢さん方も多いとか。ほんとかよ?
なぜ私が懐疑的なのかというと、実写風小次1話で始めて彼を見たときから彼が大好きなのでよくわからんのです。最初からブラウン管ごしでも光線にやられてたし。後から見ると確かに実写風小次の1話はあまり写りが悪くないんだけど。でもあの頃から良いと思っていたんだよなあ。何故かなあ。
藤田氏のテレビ写り語りはともかく、今日は楽しいイベントでした。
握手会は風小次のイベントでも何度か、そしてDustzのイベントでも参加しております。が、未だに目の前にあの顔が来ると頭真っ白になるなあ。最近むしろそれが楽しいような気がするたじまさんです。
イベントが終わった後に、いつもイベントに来てるので何となく顔見知りになる藤田ファンの人とかと話したりしなかったりです。今回は先日バンダイの企画でイラスト募集に応募したときの絵のNAVIさんをトリミングした画像をiPhoneで数名の方に見せたりしてましたよ。
バンダイの企画ページで結果が判明して落選が確定したらこのブログにも載せますよー。


読書開始したり、ラスボスとか

ちぐはぐな部品」を読み終えたので、次は読み途中というか、部分読みしかしてなかった「中島敦全集2」を読み直しはじめております。

星の文体にどっぷり浸かった状態でいきなり中島敦読んだので軽く頭が混乱した。
そして、久しぶりにDSのFF4を始めたのですが。
いつもと違った場所に仕事で出向を命じられて、電車移動が長かったので、朝の通勤ラッシュのなか、久しぶりに電車でRPGでもやろうと思って持ち出したのですが……
いきなりラスボス戦がはじまってしまった。
いや、ラスダンにいたから、そろそろだろうとは思ったんだ。
でも、イベントがはじまったあと、もう一度くらい中断&最期のセーブポイントとかがあるだろうと思ってたんだ。
しかしそういうのは全然なくて普通にラスボス戦開始。
しかもしばらくDS使ってなかったので、30分ほど経った辺りで電源終了。
仕方がないのでポーズして蓋を伏せて、今そのままの状態で充電しています。
蓋開いたらラスボス戦の続きなんだなあと思うと……。
あーでも終わらせないと真メガテンのストレンジ・ジャーニーが始められないなあ。


DUSTZのイベントでした

今日はDUSTZのファンクラブイベントでした。
内容は、なんか変でした。
KenTが書いて、顔のところだけメンバーの写真を切り抜いて貼り付けた紙芝居「赤ずきんちゃん(DUSTZバージョン)」とか。
クイズ大会とか。
赤ずきんちゃんは面白かったけど、でもファン以外の人が見ても楽しめないと思うよ! ファンクラブイベントだからファン以外の人がいるわけないから、OK大丈夫だ。
なんでかというと、ぐだぐだしすぎです。いつものことですが。
でもGusの狼はよかったな。
Rayが母親と猟師をやってたんですが、母親の演技は「今までこんな演技をする役者・藤田玲を見たことがない!」って感じで、藤田玲ファン的にはお買い得だったかも(お買い得?)。そりゃお母さん役とか、やらないよね、二十歳くらいの男の子は。普通は。
赤ずきんちゃん役のNaokiさんはとても役者とは思えない棒読みっぷりでしたが、あれはやる気がないからです。
でもたまにやる気を出すとちょっと空回りしていた雰囲気だったので、彼はあれでいいんじゃないか。
クイズ大会は「本人以外知りようがない」、勘でしか当たらないクイズが多かったので、優勝した方は相当なマニアでもあるんだろうけど運も良かった人かと。
私は3問目くらいでダメでしたが、最初から勝てそうな気はしなかった。そんなことじゃだめだよね。気合いだよね。気合い入れてても、負けると思うけど。
今回のイベントはなぜかパンダがきてました。
少し彫りが深いアンニュイなパンダでしたが、会場では人気者でした。
クイズ大会も結構生き残ってたし……。いや、誰? DUSTZの新しいマスコットキャラ?
最期に次に発売されるシングルのブリリアントデイを演奏してくれました。うほーい。
というわけで楽しかったです。
アンケートがあったのですが、「欲しいグッズは?」という質問にある答えを書いて起きたかったのに書き忘れた! と家に付いてから思ったのです。
が、それが何だったのか、今再び忘れました。ダメだ。


「北京飯店」DVD発売記念イベント

『ザ・プロローグ ぬくみ~ず7「北京飯店」』というドラマがあります。
温水洋一さん主演のドラマのプロローグを7つ作り、人気投票をし、1位になったドラマのみ本編を作成する、という企画です。
残念ながら投票していたときにはその企画を知らなかったので、見てないんですけど、1位になった「北京飯店」が制作され、テレビ放映をされたときに視聴しました。去年の年末の話です。
この度そのドラマがDVDになり、発売記念イベントが発売元のポニーキャニオンでありましたので、行ってまいりました。
3月28日土曜日のことです。
DVD購入時に付いていたイベント参加申し込み券で応募すると、当選した人だけイベントに参加出来るという、ファン向け兼プレス向けのイベントでした。

出演された温水さん、山崎さん、森下さん、原田さんが参加して、トークショーのあとに、握手会でした! きゃっほー!
ところでこのドラマ、見た人はわかると思うのですが、なんだか思いっきり
続く
って感じで終わっているんですよね。
「俺たちの戦いは始まったばかりだ!」
と言わんばかりの終わり方なんですね。
トークショーでも、出演者のみなさんが、監督が撮影中に話してくれた話の構想などをばらしてくれました。それによるとまだかなり先が長いみたいですよ…?
一番悲しかったのは、中国人料理人チョウさんを演じた原田君が、「監督がチョウは続編の最初で死んじゃう予定と話していた」という話をしていたことです。
私としてはチョウさんにはもっと長く活躍して頂きたい。是非。
だってドラマの中でも意味深に指輪をはめていたんですよ。
何かあるんだなと思いませんか?
とかいってドラマ見てない人には分からない話ですが。
イベントの時山崎さんはなんだか天然なキャラっぽかったです。うーん、かわいいな。
森下さんは森下さんでかわいらしい~方でした。
4人並ぶと身長の高さが 森下さん<温水さん<山崎さん<原田さん。
並ぶ順番も左から背の順でした。
温水さんの「それどころじゃなかった話」とか、森下さんの「グラビアの仕事だと雪の上で水着みたいな仕事とかもあるので」という過酷な話とか、色々楽しいお話が聞けました。
イベント応募者は女性キャストのファンとおぼしき男性が多かったようにお見受けしました。男性オンリーではなかったですが。
北京飯店の今後の展開はとても気になるんですが。続編は作られないんでしょうか?