「脳の国のDr.シナプス」千穐楽

4日は脳の国のDr.シナプスの千穐楽を見に行きました。
私は事前にチケットを取っていましたが、友達2名は前日までの公演を見て急遽楽日鑑賞を決めたらしく、当日券を買っていました。というわけで今回は3名の友達と鑑賞。
1度目と2度目は見方が変わるものですね。色々と知っていてもろもろ踏まえた上で見ていると役者の演技もまた違って見えてきたりもして。面白いです。
私は昔は演劇は一つの公演は一度見に行けばいいと思っていたのですが、今は見られるだけ見たい。出来れば全通したいね! 時間的にも経済的にも無理なので出来ませんが。
でも複数鑑賞当たり前になってきました。こわー。
芝居が終わった後のカーテンコールでIKKANさんが挨拶すると、一番最後はとりあえず(?)堀川さんに振るんですよ。
というか多分IKKANさんは単にドラゴンボールファンなのではないかという疑いがある。
なぜなら毎回明らかにベジータをやってもらっているのだ。
この場合の毎回というのは私が見たときは毎回という意味で、私が見なかった回を見た友達からは、アンドロメダ瞬の回もあったと聞きました。それも聞きたかったな。
ていうかやっぱりIKKANさんは単に漫画とかアニメとか好きな人では。
観客としては堀川さんが舞台で何かやってくれるというなら「ラインハルトやってほしいなー」とか、色々思うところがあっても心に秘めているというか。言えないじゃないですか、やっぱり。なんか、失礼なんじゃないかなーとか思うし。
でもその辺IKKANさんは違う。遠慮しない。だから毎回やってもらっている。というかいいたくても言い出せない観客に代わって言っておかなくてはという使命感があるのかもしれない。無いのかもしれない。それはわからない。
それはともかく、舞台が終わった後に友達とご飯を食べてから帰ったのですが。
上記のラインハルトもやってもらいたかったねえという話の流れで。
「でもラインハルトって決め台詞ってあったっけ?」と私が言いましたら友達のKさん(仮名)は
「あるじゃん、『キルヒアイス、俺は宇宙を手に入れる事が出来ると思うか』ってやつ」と言いました。
いやでもそれさ、キルヒアイスの返答前提の台詞じゃね? それきたら今度は広中さんも必要じゃね?
と言ったら「大丈夫私が代わりに言うから。「ラインハルトさま以外の何者にそれが適いましょう」って」
……って、Kさんあなたそれ自分が言いたいだけでしょう。
そんなKさんはON/OFFファンです(関係ない)。
話が芝居本編と全然関係ないですが、そんなの気にしません!
でも本編の話に戻します。
このお芝居を観ていてひっかかる、気になる場所が一つだけありました。
最期の入院しているサズクとヒロトの会話です。
沖縄でのレースでの出来事があってから、成長譚だとしたら、ここでキャラクターの変化を描くべきですよね。
んでまあ明らかにふっきれてる人たちとかもいるわけですが(ねーちゃんとか)。
サズクは結局なんだったのかなあ。真っ白になってたのが、Dr.の助けを借りなくても選択出来るようになりましたということなのか。
最期にロングバケーションだかサマーバケーションだか、人生一生バケーション気分で乗り切ろう的なことをヒロトに勢いよく伝えるわけですが、それがこのドラマで彼が得た物というか、成長した部分というか、そういうのと特に関係ないような内容のことを語っているように思えてならんのです。イマイチまとまってないというか。
芝居も最期だから主人公が何か良いこと言って終わるぜ! っていう勢いだけはすごくわかるのですが、肝心の内容が私には届かないのです。いや、彼らがとんでもない経験を通じて変化したり成長したりふっきれたりとか、そういうことが起きているなあというのは、わかるんですよ。わかるんですけどね。
あと、作品自体のテーマも分かるんですよ。選択の積み重ねで取り返しの付かないことになっても諦めちゃだめだ、とか。あとはまあ、一つ一つの選択が大切だとか。まあ、そんなようなことだ。分かる。
間違った選択を、結局彼はリカバー出来たのか?
そんなようなのがテーマだと思うのです。
そして必ずしもテーマを全て消化しなくてはいけないということもないのでしょうが。
なんか最期のサズクの長ゼリに関しては、ちょっと的を外しているような気がしてならなかったのが気になるところなのでした。
何かもっと書きたいような気もするのですが、とりあえずこんなところにしとこう。
面白いお芝居でした。
DVD化してくれないかなー。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

寝言は寝て言う

多分スタトレ合宿とか、スタトレ仲間6人で温泉旅行したときとかの話だと思うんですが。
「たじまさんは寝言で「スローン、だめだ」と言ってた」
と言われました。
私はなぜ夢の中でスローンにダメだししていたんでしょうか?
ちなみに詳しくない方のために解説すると、スローンはスタートレックDS9のサブレギュラーキャラクターです。物語後半に出てきて、色々と問題のある裏設定を垂れ流して去っていった愛すべき変態キャラでした。
演じているのはウィリアム・サドラーさん
全然別の時の話ですが、母だったか誰だったかの家族に、こういう寝言を言っていたと指摘されたことがあります。
「顔も悪ければ性格も悪い」
一体どんな夢を見ていたのか。
私本人は全然覚えておりません。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

レギュラーキャラについて

のださんにリクエストを頂いたので、俺天の感想については進めたいとおもうのだけど、それとは別に、ドラマにおけるキャラ立ちについて考えてみたい。
正確に言うと週に1本ずつ連続して放送してるドラマの、レギュラー(もしくはサブレギュラー)についてです。
というのは、1本だけ作られるドラマや、あるいは映画なんかとは、連続してるシリーズドラマは根本的に作りが違うと思うのです。
舞台版はどちらかといえば後者、つまり単発もののくくりですね。
俺天のテレビ版に関して言えば、CAPが主人公だということにしても、レギュラー4人を看板にして制作してるからには、たとえベタだと言われようとも、最初の4話で各キャラ当番のエピソードを一度ずつやるべきだった。
だって別にGフロンティアの話なんていくらでも後回しにできるのだし(現にそうしてるし)、最初に続けて何話も特定のキャラを掘り下げる必要はないわけですし、それより先にキャラクターを視聴者に解説・紹介しなきゃいけないですし、そしてなによりもここが大事なのですが、各キャラクターを視聴者に好きになってもらわないといけない。
というところまで書いたところで猛烈な眠気が襲ってきたので、この話は次回以降に続くと言う事で。
おやすみー。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]