「脳の国のDr.シナプス」千穐楽

4日は脳の国のDr.シナプスの千穐楽を見に行きました。
私は事前にチケットを取っていましたが、友達2名は前日までの公演を見て急遽楽日鑑賞を決めたらしく、当日券を買っていました。というわけで今回は3名の友達と鑑賞。
1度目と2度目は見方が変わるものですね。色々と知っていてもろもろ踏まえた上で見ていると役者の演技もまた違って見えてきたりもして。面白いです。
私は昔は演劇は一つの公演は一度見に行けばいいと思っていたのですが、今は見られるだけ見たい。出来れば全通したいね! 時間的にも経済的にも無理なので出来ませんが。
でも複数鑑賞当たり前になってきました。こわー。
芝居が終わった後のカーテンコールでIKKANさんが挨拶すると、一番最後はとりあえず(?)堀川さんに振るんですよ。
というか多分IKKANさんは単にドラゴンボールファンなのではないかという疑いがある。
なぜなら毎回明らかにベジータをやってもらっているのだ。
この場合の毎回というのは私が見たときは毎回という意味で、私が見なかった回を見た友達からは、アンドロメダ瞬の回もあったと聞きました。それも聞きたかったな。
ていうかやっぱりIKKANさんは単に漫画とかアニメとか好きな人では。
観客としては堀川さんが舞台で何かやってくれるというなら「ラインハルトやってほしいなー」とか、色々思うところがあっても心に秘めているというか。言えないじゃないですか、やっぱり。なんか、失礼なんじゃないかなーとか思うし。
でもその辺IKKANさんは違う。遠慮しない。だから毎回やってもらっている。というかいいたくても言い出せない観客に代わって言っておかなくてはという使命感があるのかもしれない。無いのかもしれない。それはわからない。
それはともかく、舞台が終わった後に友達とご飯を食べてから帰ったのですが。
上記のラインハルトもやってもらいたかったねえという話の流れで。
「でもラインハルトって決め台詞ってあったっけ?」と私が言いましたら友達のKさん(仮名)は
「あるじゃん、『キルヒアイス、俺は宇宙を手に入れる事が出来ると思うか』ってやつ」と言いました。
いやでもそれさ、キルヒアイスの返答前提の台詞じゃね? それきたら今度は広中さんも必要じゃね?
と言ったら「大丈夫私が代わりに言うから。「ラインハルトさま以外の何者にそれが適いましょう」って」
……って、Kさんあなたそれ自分が言いたいだけでしょう。
そんなKさんはON/OFFファンです(関係ない)。
話が芝居本編と全然関係ないですが、そんなの気にしません!
でも本編の話に戻します。
このお芝居を観ていてひっかかる、気になる場所が一つだけありました。
最期の入院しているサズクとヒロトの会話です。
沖縄でのレースでの出来事があってから、成長譚だとしたら、ここでキャラクターの変化を描くべきですよね。
んでまあ明らかにふっきれてる人たちとかもいるわけですが(ねーちゃんとか)。
サズクは結局なんだったのかなあ。真っ白になってたのが、Dr.の助けを借りなくても選択出来るようになりましたということなのか。
最期にロングバケーションだかサマーバケーションだか、人生一生バケーション気分で乗り切ろう的なことをヒロトに勢いよく伝えるわけですが、それがこのドラマで彼が得た物というか、成長した部分というか、そういうのと特に関係ないような内容のことを語っているように思えてならんのです。イマイチまとまってないというか。
芝居も最期だから主人公が何か良いこと言って終わるぜ! っていう勢いだけはすごくわかるのですが、肝心の内容が私には届かないのです。いや、彼らがとんでもない経験を通じて変化したり成長したりふっきれたりとか、そういうことが起きているなあというのは、わかるんですよ。わかるんですけどね。
あと、作品自体のテーマも分かるんですよ。選択の積み重ねで取り返しの付かないことになっても諦めちゃだめだ、とか。あとはまあ、一つ一つの選択が大切だとか。まあ、そんなようなことだ。分かる。
間違った選択を、結局彼はリカバー出来たのか?
そんなようなのがテーマだと思うのです。
そして必ずしもテーマを全て消化しなくてはいけないということもないのでしょうが。
なんか最期のサズクの長ゼリに関しては、ちょっと的を外しているような気がしてならなかったのが気になるところなのでした。
何かもっと書きたいような気もするのですが、とりあえずこんなところにしとこう。
面白いお芝居でした。
DVD化してくれないかなー。


「レスキューファイア-」25話

「立ち上がれタツヤ 新ビークルと共に」の巻。

あらすじ・パワーアップしたウカエンを倒すことができず、タツヤはレスキューとは何かということについて悩みながらトレーニングをしていた。刑部長官の下へ新ビークル完成の報が届く。しかしパワーが大きい分、使いこなすにはより強いレスキュー魂が必要とのこと。長官はタツヤのレスキュー魂を確認するのだが、タツヤは悩んでいてそれどころではなかった。長官はそんなタツヤにある試練を与える。そのころ謎のエジプト考古学発掘調査から日本に帰国した謎の親子は、レスキューファイアー本部を訪れていた。

というようなお話でした。
長官は藤岡さんが演じています。
タツヤと長官が一つのフレームに収まったときの違和感がすごい。
言うなればゴルゴ13と孫悟空(ドラゴンボールの方)が一つのフレームに収まっている漫画みたいな違和感。
タツヤの「~ッス」という語尾も今更ながらに気に掛かる。
それで思ったんだけど、「~ッス」って、使っている人が思っている程には丁寧な表現ではない。単なる砕けた言葉使いになってしまっていると思う。
だから、もしも「丁寧な言葉遣いを心がけているつもりで」この語尾を使っている若い人がいるとしたら、やめたほうがいいですよ。ちゃんと「~~です」と言えばいいだけの話ッスから。
勿論タツヤが刑部長官に対して敬意を表してないとは思わない。だから余計変だと思いました。
余談はともかく、今回はずっとタツヤのターンで、他の4メンバーは皆新ビークル(とタツヤ)の引き立て役となっていました。
それはまあしょうがあるまい。主役だからな(本当はちょっと不満らしい)。
で、謎の考古学者親子。
親の方は隊長の兄でした。ということは娘は姪ね。
しかし似てない兄弟だな。
それにランドセルのCMで見かけたような気がげふんげふんっ。
先週、やけに動きがよかったのは、本業が体操のおにいさんだから……げふんげふんっ。
ひげは単に趣味でつけていたそうです。
そして、謎の石版を解読してくれました。
それによると火炎魔人たちはえらい昔から大活躍していた模様。長生きすぎる。
そしてファイアー1対パワーアップウカエンのガチ対決。
ファイアー1のアイコンタクトで、二人していきなり浜辺へ移動する。
どんだけ通じ合ってるんだよ、君たち。
結局ウカエンが負けるんだけど、ウカエンのいいところは、負けても死なないでちゃんと逃げ出すところですね。
死んだら出番なくなるもんね。
レスキューファイアーたちも彼らの息の根を止めるとか、逮捕するとか、そういう使命は負ってないみたいで、気にしてないしね。
とうか気にしたQスケが消えちゃいました。以下、次号。


「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」1話

ハガレン作り直しテレビアニメ第1話です。
実は私は原作は途中の巻まで、前回のアニメは途中を1回くらい、しか見てません。だから的外れなこと言ってたらごめんなさい。
EDが森井ケンシロウさんだよー!

森井さんは、ライブドアデイリー4コマで「さかな&ねこ」っていう漫画を連載してる人です。
「エンディングは手書き風か。どこかで見たことがあるようなねこがいるな」と思ったらクレジットされてました。
本編なんですが、原作は最初の方は見てるんですが、このアニメの最初はそれとは違うみたいですね。前回のアニメの時に「最初の方は原作通り、途中からオリジナル展開」だったから、最初の方はアニメ化すると前回アニメと被ってしまう、とかでしょうか?
それはそれで構わないんですが、内容的に「ハガレン既読者」対象で脚本が書かれているな、と思いました。『無能は雨の日だけにしていただきたいですね』という台詞は、原作での「雨の日は無能」という有名な下りが前提の台詞です。逆に言うとこのアニメで初めて「ハガレン」を見た人には不親切な台詞です。初見のお客さんを置いてけぼりにしてる。
もちろんこの漫画及び前回アニメはとてもヒットした作品なので、漫画やアニメ好きを標榜してる人だったら、目にしたことがない人の方が少ないだろう、とは思います。
が、それはそれ、これはこれ、だよね。
話は変わりますが。
ハガレン再アニメ化と聞いて、原作好きな人が原作通りにアニメにしてほしかったんだろうなと思いました。
そして、そういえば最近はヘルシングも同じような展開だったなあ、と。あれは再アニメ化はOVAですが(テレビじゃ放送出来ない内容ですので、適切な対処だと思います)。
再アニメをまだみてないんですが、冒頭部分はやっぱりテレビアニメの第一回と内容的に被ったりしてるんですかね?
今度見てみよう。
それからパトレイバーですね。
最初OVAで出て、同時に漫画で連載開始、その後テレビアニメと、都合3回も「導入部分」が存在するんですよね、それぞれちょっとずつ違う。
最近はドラゴンボールも「改」が放送されてますし、一度アニメ化したものでも、再アニメの機会が結構あるものですね。
私がもう一度アニメ化して欲しいのは「風の谷のナウシカ」です。
アニメ化したとき原作が未完だったのでアニメはアニメ、原作は原作って感じで作られてましたけど、なにしろこの作品、とても珍しい「原作者とアニメの監督が同一人物」な作品ですから、原作が完結した今、もう一度宮崎さんにアニメにしていただきたい。
なぜなら私は原作のクシャナ殿下が大好きなんです。
原作のクシャナ殿下をアニメで見たい! 榊原良子さんの声で見たい!
ハガレン再アニメに関しては、ロイの声が大川さんじゃなくなったのがなあ……。
元々アニメをほとんど見てなかった私が残念がるのもなんですけど、大川さん好きなんです。トレッキーなので! DS9好きなんで!
勿論三木さんのロイも申し分なかったです。それはそれ、これはこれ、だよね。