「脳の国のDr.シナプス」千穐楽

4日は脳の国のDr.シナプスの千穐楽を見に行きました。
私は事前にチケットを取っていましたが、友達2名は前日までの公演を見て急遽楽日鑑賞を決めたらしく、当日券を買っていました。というわけで今回は3名の友達と鑑賞。
1度目と2度目は見方が変わるものですね。色々と知っていてもろもろ踏まえた上で見ていると役者の演技もまた違って見えてきたりもして。面白いです。
私は昔は演劇は一つの公演は一度見に行けばいいと思っていたのですが、今は見られるだけ見たい。出来れば全通したいね! 時間的にも経済的にも無理なので出来ませんが。
でも複数鑑賞当たり前になってきました。こわー。
芝居が終わった後のカーテンコールでIKKANさんが挨拶すると、一番最後はとりあえず(?)堀川さんに振るんですよ。
というか多分IKKANさんは単にドラゴンボールファンなのではないかという疑いがある。
なぜなら毎回明らかにベジータをやってもらっているのだ。
この場合の毎回というのは私が見たときは毎回という意味で、私が見なかった回を見た友達からは、アンドロメダ瞬の回もあったと聞きました。それも聞きたかったな。
ていうかやっぱりIKKANさんは単に漫画とかアニメとか好きな人では。
観客としては堀川さんが舞台で何かやってくれるというなら「ラインハルトやってほしいなー」とか、色々思うところがあっても心に秘めているというか。言えないじゃないですか、やっぱり。なんか、失礼なんじゃないかなーとか思うし。
でもその辺IKKANさんは違う。遠慮しない。だから毎回やってもらっている。というかいいたくても言い出せない観客に代わって言っておかなくてはという使命感があるのかもしれない。無いのかもしれない。それはわからない。
それはともかく、舞台が終わった後に友達とご飯を食べてから帰ったのですが。
上記のラインハルトもやってもらいたかったねえという話の流れで。
「でもラインハルトって決め台詞ってあったっけ?」と私が言いましたら友達のKさん(仮名)は
「あるじゃん、『キルヒアイス、俺は宇宙を手に入れる事が出来ると思うか』ってやつ」と言いました。
いやでもそれさ、キルヒアイスの返答前提の台詞じゃね? それきたら今度は広中さんも必要じゃね?
と言ったら「大丈夫私が代わりに言うから。「ラインハルトさま以外の何者にそれが適いましょう」って」
……って、Kさんあなたそれ自分が言いたいだけでしょう。
そんなKさんはON/OFFファンです(関係ない)。
話が芝居本編と全然関係ないですが、そんなの気にしません!
でも本編の話に戻します。
このお芝居を観ていてひっかかる、気になる場所が一つだけありました。
最期の入院しているサズクとヒロトの会話です。
沖縄でのレースでの出来事があってから、成長譚だとしたら、ここでキャラクターの変化を描くべきですよね。
んでまあ明らかにふっきれてる人たちとかもいるわけですが(ねーちゃんとか)。
サズクは結局なんだったのかなあ。真っ白になってたのが、Dr.の助けを借りなくても選択出来るようになりましたということなのか。
最期にロングバケーションだかサマーバケーションだか、人生一生バケーション気分で乗り切ろう的なことをヒロトに勢いよく伝えるわけですが、それがこのドラマで彼が得た物というか、成長した部分というか、そういうのと特に関係ないような内容のことを語っているように思えてならんのです。イマイチまとまってないというか。
芝居も最期だから主人公が何か良いこと言って終わるぜ! っていう勢いだけはすごくわかるのですが、肝心の内容が私には届かないのです。いや、彼らがとんでもない経験を通じて変化したり成長したりふっきれたりとか、そういうことが起きているなあというのは、わかるんですよ。わかるんですけどね。
あと、作品自体のテーマも分かるんですよ。選択の積み重ねで取り返しの付かないことになっても諦めちゃだめだ、とか。あとはまあ、一つ一つの選択が大切だとか。まあ、そんなようなことだ。分かる。
間違った選択を、結局彼はリカバー出来たのか?
そんなようなのがテーマだと思うのです。
そして必ずしもテーマを全て消化しなくてはいけないということもないのでしょうが。
なんか最期のサズクの長ゼリに関しては、ちょっと的を外しているような気がしてならなかったのが気になるところなのでした。
何かもっと書きたいような気もするのですが、とりあえずこんなところにしとこう。
面白いお芝居でした。
DVD化してくれないかなー。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「脳の国のDr.シナプス」またはダブル闇鬼

堀川さんといえばラインハルトさまアンドロメダ瞬。と、以前書きましたが。
今日、「脳の国のDr.シナプス」を見に行った時に、そういえば堀川さんはアニメ版風魔の小次郎でも役をやってたよなあ、しかも夜叉の。
……でも八将軍の誰をやっていたかは思い出せなくて、家に帰ってから調べたら 闇鬼 じゃん。
ってことはすごいよこの舞台。風魔の小次郎の闇鬼を演じた人が二人も出てるんだよ!! と、今頃になって無駄に興奮してるたじまです。みなさんこんにちは。
原田篤さんが出ておられました。
原田さんといえば私にとっては仮面ライダー555の人。
しかし戦隊ものにも出てるというじゃないですか(無知)。
それもゴーゴーファイブに。5の人(メモメモ)。
でも
私に取ってはデルタは北崎さん。デルタといえば北崎さん。それは譲れない。いや、譲らなくてもいいのか。
今日は芝居の前説がIKKANさんと原田さんだったのです。
が、
全席自由席の芝居なのですが、前説の人たちが時間つなぎをしないといけなくなってて。
で、原田さんがお店の話をしてました。
上野毛で飲み屋をやってるそうです。
行ってみたいものです。てか、飲み屋?
河井我聞がラーメン屋をやっていると聞いた時のような衝撃が。
そうそう、前説の相棒のIKKANさん。
怪人社の芝居は初めてだったんですけど、去年「セレブ気取り」に出演されていたのを見てるんですよね。
公太郎さんたち演じる草食系男子4人が、自分たちに恥をかかせた肉食系女子4人に復讐するために雇った刺客4人の一人がIKKANさんでしたが、あのときもすごかった。
今回もすごかった。
今回個人的に一番手に汗握ったシーンはひたすらボケまくるIKKANさんに公太郎さんがツッコミまくるシーンでした。
なんといったらいいんでしょうか……。応援したくなる感じ。
公太郎さんは今回は髪は短くて(闇鬼じゃないから)、目は開けてて(闇鬼じゃないから)サラリーマンでした。そしてメガネ。
なんという目の幸せ。
土方歳三のときもかなりすごかったけど、背広の破壊力もアレだぞ。すごいぞ。
物語後半は着替えてもっと色々な服装してくれるのも楽しかったですよ。
あとはあれだよね。堀川さんの声がかっこよすぎるよね。
堂々としててね。
生で聴けてよかったと思いました。
お芝居全体的に面白くてよかったです。
金曜の昼公園がちょっっっっとだけ残っているそうです。
他の券は完売してるんですって。
おめでたい。
これから見に行くという人にアドバイス。
前から2列目までに座るといいです。
席が空いてたら絶対そのあたりに座るべきです。面白いから。
まだ公演の続いている演劇ですので、ネタバレのない範囲で感想を書いてみました。
ネタバレつき感想はまたあらためて。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」1話

田中芳樹さんの小説が原作のアニメです。BSで先行放送していたシリーズですが、地上波の総合深夜にやってまいりました。
私は同じ作者の銀英伝・創竜伝・アルスラーン戦記とともにタイタニアも読んでいたんですが、この小説が発表されたのはちょうど私が田中小説をなんとなーく読まなくなってきたころでした。
タイタニアだけは続きが気になったので続けて購読してました。
結局3巻しか出ませんでしたけどね。
ずっと4巻が出るのを待ってたんですが。
それがどうして今頃いきなりテレビアニメになってるんですかね?
私には「いまさら」という印象が強いです。
当時アニメ化して欲しかったわけではないんですけど。
何故続きが気になっていたのかというと、アリアバートさんが大好きになってしまったからでした。
田中さんの小説は美形が多いのですが(銀英伝のラインハルトとか、創竜伝の兄弟とか)、アリアバートさんも美形です。
ただ、原作は小説なので、美形と言われてもそれは「文字情報」にすぎないのです。
こと小説に関する限り「美形」というのは、作中のエピソードでそういう設定として語られない限り、実感しずらい設定です。
逆に言うとどんなキャラとして扱われていたか、の方が重要なのです。
例を挙げれば、銀英伝でいうとピカピカの美形設定のラインハルトより、特に作中では美形とは語られてないヤンの方が人気があります。
ヤンのキャラクターの方が読み手に支持されたからです。
※ちなみに、ラインハルトに関して言えば、たまさか美形であったために、同じように美しい姉のアンネローゼが皇帝に見初められてしまった、というところから彼の物語が始まっていますので、「美形である」設定自体にも一応物語上の意味があります。が、キャラクターとしての魅力にその設定が寄与するかどうかは、別問題なんですね。
そんなわけで自分は面食いな訳じゃないよ!と言いたいがために長々と解説してきましたが、アリアバートさんが真価を発揮したのは物語最初の会戦で敗北して以降でした。
負けて男を上げる、とでも申しましょうか。
作中でそういう扱いだったんですが。
美形でこういう展開は新しいな、と当時思ったのを覚えています。
そして作者がこのキャラを今後どっち方向にもっていくのか、気になりました。
この辺はまだ1話しかアニメを見てない人にはネタバレかしらん。
すいません。
アニメ1話はアリアバートさんがふるぼっこにされるエピソードですからね。
がんばれアリアバートさん。
そんなわけでおそらくタイタニアを読んだ人の大半がヤンの系譜を継ぐヒューリック、もしくはタイタニア側の主人公ジュスランのファンなんじゃないかと思うのですが、一人でアリアバートを応援していきます。
とかいいつつマッドサイエンティストのドクター・リーも好きです。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]