「デビルサマナー葛葉ライドウ対隻眼化神」後編


ドラマの後編です。
今回のキーワードは「早とちり」
ヴィクトル曰く「悪魔というより、神になりそこねたヤツ」。
いやあの、メガテンの世界では神でも悪魔呼ばれてますがな。
とかいうことは言っちゃいけないんだろうな。やっぱり民間信仰とかあるわけだし。
今回の話は、前編を見て予想したとおりの展開でした。ある意味、ひねりはないです。でも、良かったです。
この手の話だと、悪魔によるトラブルが起きているその奥には、何か悪さを企んでいる人間の存在がかかせません。以前高橋なにがしさんの陰陽師小説を読んだのですが。
……思い出そうとしたんだけど、どうもタイトルが思い出せないです。でも内容的にこの本だろうか。


ライドウのみたいなのじゃなくて、平安時代のほんとの陰陽師の話なのですが、短編の集まった1冊の本の全てがそのパターンでした。
つまり「より恐ろしいのは人間の方だった……!」ってやつ。
正直読んだときにびっくりしました。一つくらいはパターンにはまらない話があってもよかりそうなものなのに、全部それかよっ。
しかしよく考えると、いや考えるまでもなく、あやかしや妖怪というのは、人間の営みで現れた『歪み』を『視覚化したもの』であるという見方があるわけでして、それに則って考えれば、そういう話になるのは当然の流れなのかもしれません。人の営みのないところに、悪魔たちの出番もまた、ないわけです。
今回もそんな感じで、悪いことをした人が裁かれるべく警察にひっとらえられました。悪いことをした人間を引っ捕らえていくのは、風間刑事のお仕事。
そして、人々に害を為す悪魔を引っ捕らえるのはデビルサマナー葛葉ライドウのお仕事です。
あとはネタバレになってしまうので、お話についての話はここで終わり。
個別に感想など書いてゆきます。
まずはガイン君! 来たよガイン君! 前編の感想で不満をもっておりましたが、その私の気持ちをちゃんと汲んでくれたのでしょうか!(と電波っぽいことを言ってみる)やっぱりモコイさんはいいねえ~~~。
エフェクトかかりまくってましたけど!
その次。メモをとる猫! この頃はフェルトペンはあったのでしょうか。ボールペンや万年筆では猫の口で書くのは難しかろ? あるいは鉛筆でしょうか。それにしても書くの大変だろうと。
それから、ヴィクトルのところに沢山いた悪魔。ライドウに連れてってーとせがんでいたということは、ライドウのところの悪魔だったの? 悪魔保育園状態だったの? デビルカルテに登録するって、そういうことだったの? それはそれで面白い。
ところで今回の「隻眼化神」は天目一箇神(アメノマヒトツ)のことでございました。隻眼だな。
そして、キヨのとーちゃんを雇っていた浜垣さん。
1週間以上ノルマが達成してないからという理由で労働者を家に帰さないってどう考えてもただの犯罪者……。
そんな無茶な労働条件を押しつけてもいいことなさそうだけどなあ。
昔の人の工場勤めとか、労働者を働かせる時にやりすぎるとやばいという意識がなかったころの時代のひどい話は、よく聞く話ですよね。
蟹工船とかもそうなのか? 読んだことないけど。いや、これはもしかしたらワーキングプアという現在の暗部を鋭く抉り取った社会的な問題提起の物語なのかもしれない。100年に一度の不況のせいで、身につまされる人もいるのではないでしょうか。つまり、全然昔の話になっていないんだなあ。にしても浜垣重工は極端だろと思うけど。しかもやらせている行為が犯罪……なんだっけ、こういうの、こんぷらいあんす……ほうれいじゅんしゅとかなんとか……むにゅむにゅ……。難しい話をしようとしてぼろが出そうになったので、やめました。
ここでも現実の世界の人間の方が恐ろしかったというオチになってしまうのでしょうか……!!
そして鳴海さん。いいなあ、ドラマの鳴海さん。この鳴海さん好きだー! 鳴海らしさが良く出ています。
タエちゃんもそうですね。脚本の人がキャラクターの「らしさ」をちゃんと把握して書いている、という感じがします。丁寧な仕事です。よいですね。
今回割を食ったなあと思うキャラは出番がなかった「ヤタガラスの使者」。
キャスティングするとしたら個人的には勝生真沙子さんか田中敦子さんがいいです。
名も無き神社を通して異界へ行くシーンがあるので、そこで出番がなかったということは、キャスティングの都合上だったんだろうな。
でもまあ、しょうがない! 優先順位が低いと判断されたのだろうし。
実際のゲームの時もそんな感じでしたが、事件がクライマックスに近くなると、ライドウが異界で悪魔と対戦する展開が続くので、他の人たち、つまり鳴海やらタエちゃんやらの出番が減りますな。
このCDでも前編に比べて後編の方がそんなでした。ライドウとゴウトと悪魔と悪役以外の出番少ない。風間刑事はもともと出番多くなかったですけど、ヴィクトルとかね。金王屋に至っては後編は出番なかった。前編では出番が少ないとはいえかなり重要で、しかも彼らしい出番があってよかったですけどね。
今回出てきたヴィクトルさんの新作「レギンの剣」。
私は詳しくないのですが、北欧神話? だっけ?
本編にも出てくるといいな~。
レジンの剣となると、プラスティック製ってことになってしまうからな。
悪魔の話。
今回はヒーホーはお留守番だったホー。
ナタクとピクシーは続けて当番。
それから戦闘要員として新しく投入されたのはアルラウネ、ミシャグジさま、アマツミカボシ、そしてナーガラジャでした。
特技要員としては、先ほども書きましたがモコイ。
一つ気になるところがありまして。
ライドウの風魔、じゃねえ封魔方法。
2体同時召還してるし、ストーリー的にもアバドンより後なんです。
が、管で吸引という方法を使っているのです。その辺はドラマだから都合に合わせて採用した展開なのでしょうけど。
にしても、戦闘中、非戦闘中を問わず悪魔たちの言葉が最高です。
前回もそうでしたけど。
ゲームでも元々色々話しているわけですが、自分は操作に必死なので、何言ってるんだかわかんねーということもよくあるわけです。
でもドラマですと、そういうのがはっきりとしていて、台詞が実に的確で、おさまりの良い感じ。「聞こえますよ、悲鳴のオペラが!」とか、文字で読んでもピンとこなかったわけですが。こうして聞くと、わかるなあ。
かといって、作中での悪魔台詞にこだわらず、オリジナルで発言させている台詞もそれぞれそれっぽい。鳴海やタエちゃんのところでも書いたけど、じつに正しく各口調を把握して書いているんだなあと思います。ステキよ。
「お前誰?」って言われてるのか、ライドウ。「たまにな」
……いや、いじめじゃないよな。
ライドウは鳴海の面倒を見まくっているらしいです。
24時間面倒をみる存在、それは嫁といいます。
ただの探偵見習い、というかデビルサマナーなのにそこまでやらなくてもいいだろ、たとえ学生の身分じゃなくなっても……。
ここにも問題のある労働環境が(違います)。鳴海は結婚でもしろ。鳴海のところに嫁いで来たがる女性もいなさそうだけど。
おまけにあった、ネットで先行公開していた小話(?)。あれの鳴海V.S.ゴウトの話が好きです。とても好きです。特に鳴海の「うふふふ、うずうずしているね。おいで~~」が最高です。しゃべり方がすごくいいです。弄ばれるゴウトさんも最高です。
ですが。
おまけの、「無音時間」が長すぎです。
QuickTime(有料版)でカットさせて頂きました。
こちとらiPhoneで通勤時などに聞くのです。極端な無音時間は勘弁してください……。
最期のコメントで声優のみなさんも言ってたけど、続きができたらいいですね。
ゲームの続きでもいいし、ドラマの続きでもいい。同じキャストでアニメでもいいですね。ドラマCDやアニメを作るにしても、ゲームの続編も作って欲しい。ようするにもっとライドウを遊びたいです。アトラスさん、本当によろしくお願いします。
「この屏風にはいった……なんでもありませんありがとうございました!」


「うみものがたり」12話最終回

「島の心 人の心」の巻。

あらすじ・セドナに取り込まれたウリンはマリンから光の心を取り上げようとする。セドナが支配する世界では光の心を持つものは消えゆくさだめにあるからだ。マリンが自分を嫌いになることでそれを実現しようと、マリンをつれてウリンは二人の思い出の珊瑚礁にむかう。そしてマリンの目の前でその珊瑚礁を破壊するのだった。

というようなお話でした。
そもそもの物語の最初の段階で、覚悟が足りないんだよ、ウリンさんは。
あと、なぜかセドナに取り込まれたウリンさんは成長してました。子供の体型だった筈なのに少女っぽくなってた。等身も伸びてたし。
がっかりした人も多かろう……。
最終回のウリンさんの相も変わらず支離滅裂な理屈で行われる理解のできない行動を見ていて、唐突にあるものを思い出しました。
ウリンさんって、澤田亜希に似てるよね。
仮面ライダー555の。
もちろんやってることが。
澤田も、見ていて全然行動原理の理解できないキャラでした。
あー、そーだそーだ、彼に似てるんだ。
ほんとは「愛してる」「『愛してる』って言ってもらいたい」「もっと愛されたい」「もっと愛したい」と思ってるんだけど、そういうことを相手にアピールするというのができず、中間のことも色々とすっとばして、いきなりヒロイン(意中の女の子)を殺そうとして、そうすれば自分はもっとましな存在になれると、とうていあり得そうにないことを信じていた、謎の男の子の役でした。
というわけでうみものがたり、最終回でした。スタッフキャストの皆さん、お疲れ様でした!


妄想キャスティング・鋼鉄都市編

今テレビで「ケータイ大喜利」やってるんですが。
あと、前のエントリー書いて思い出したというのもあるんですが。
思い出したことがあるので書きます。
最近藤田玲愛好会の友達に聞かれたので考えた事の一つに、
「藤田玲にどんな役を演じてもらいたいか?」
というのがあったんですが、
それに何と答えたのかはさておき(機会があったらいずれまた)、演じてもらいたいなーと常々思っていたんだけど、忘れていたのがあったのを思い出しました!
それは鋼鉄都市のR・ダニール
そうなると当然相棒のイライジャ・ベイリも考えねばなりますまい。
R・ダニールが日本人だから(ハーフだけど)イライジャも日本人でいいよな! うーん…。
板尾創路さんだ!!!
……と、結構まじめに考えてました。ふざけてじゃなくて。
前にどっかで書いたような気がするけど。本気です。
誰か作って。
無理か。

鋼鉄都市はアシモフが書いたSFミステリ小説ですが、読んだのが結構前なので内容を忘れかけています。今度読み返したい。