「タイタニア」26話(最終回)

タイタニアオワタ\(^o^)/
スタッフのみなさんお疲れ様でした!(ってそれ半年前)
「終幕の鎮魂歌(レクイエム)」の巻。

あらすじ・ザーリッシュを穴の中に追い込んだ反タイタニア勢。しかしザーリッシュは一人でも頑張っていた。がんばり過ぎだった。岩も持ち上げていた。結局ヒューリックに銃で撃たれて哀れ非業の死を遂げてしまうのだった。

というようなお話でした。
箇条書きで。

  • 数ヶ月ぶりにアリアバート卿の顔を見た。
  • 久しぶりに見て思ったけどこの人の髪の毛(前髪)がやっぱり謎すぎる。
  • 髪が謎といえばリディア姫もだ。中(芯)に針金でも入っているのか?
  • そこはやはり「諸君らの愛したザーリッシュ卿は死んだ! なぜか!」「坊やだからさ」(ヒューリック?)と言ってほしかった。ああ、日本語のダーモク語化が……
  • フランシアの胸の谷間に顔を埋めるのを許されるのはジュスランとリディア姫くらいのもんなんだろう。うらやまし…げふんげふんっ
  • イドリスは「イドリスという生き物」って感じがしてきた。しゃべり方とか。
  • そういやロード・オブ・ザ・リングの原作の指輪物語の日本語訳だとボロミアも一人称が「わたくし」なんだよねえ。ああ、瀬田節。
  • とか、関係のないことを思い出している場合じゃない。
  • でも今時一人称がわたくしの男なんてあまり見かけないしな。いいけど。
  • 反タイタニア勢というか、ヒューリックと愉快な仲間たち。多分仲間内でのなんだか楽しそうな感じってのが、このアニメから私はあまり感じ取れないのだ。いや、作り手が、そういうのを出そうとしてるというのは分かるんだけど、感じられないのだ。多分、上手くいってないのだ。何故かはよくわからない。あと、私がそう感じられないだけで、他の視聴者の方の中には、それを感じ取っている人もいるのかもしれない。あなたはどうですか? 私はダメでした。
  • せめて「ユリアンのイゼルローン日記」の1割くらいでもそういう雰囲気がある連中ならよかったのになあ。なんでかなあ。
  • ザーリッシュを倒した後珍しくキメ顔していたヒューリックだが、君はそんなかっこいい顔付き出来る程の権利はまだ得られてないぞ。いいけど。
  • ジュスラン卿が直接遺体引き取りって。グラニートさんの仕事取るなよ~。そうまでしてジュスランとヒューリックを直接対峙させたいのか。
  • ザーリッシュが岩を持ち上げた時に実写版風魔の小次郎の劉鵬と黒獅子を思い出したのは私だけでいい。
  • てか、どんだけ強いんだザーリッシュ。もはや人類じゃねえ。
  • 鯨とか熊とかじゃね?
  • 人類だとしたら武蔵坊弁慶レベル。
  • 最期までザーリッシュ一家の描き方を根本的に間違えていたような気がする。
  • このアニメのスタッフはリディア姫に長文を語らせてはいけない。
  • アリアバートさんの周囲はアリアバートさんのあまりの美しさに、オーラで時空が歪みます。だから以前彼が持ってたティーカップも歪んでたし、今日も後ろにある窓枠がパース狂ってました。美しさは罪。アリアバートさんの美しさ表現のためにそこまでやるアニメの作画スタッフの周到さにわたくし感動のあまり涙で前が見えません。でも彼の顔本体ももっと美しく書いて頂けないでしょうか……。
  • 結論・2期はやらないで、1巻から3巻までの内容を、同じキャラデザ・同じ声優・同じ音楽スタッフで、それ以外のスタッフを変えて、作り直してください。大丈夫、鋼の錬金術師や、ヘルシングの前例があります(原作に忠実じゃないアニメを作ったあとに、最初から、原作に忠実なアニメを作り直した例ね)。

最期までちょっと毒舌な感想だったかなと思わなくもないです。
文句あるなら見るなって感じですが
でも、アリアバートさんがこのアニメでの一番の収穫だったなあ。
色々とアレでナニなアニメだったけど、アリアバート萌えをありがとう! また会う日まで!!
パッケージ目当てに3巻だけ買おうと思ってる昨今です(他の巻はいいや)。
でも美樹本さんより杉光さんのテイストがいいなあと思ってたりするのはここだけの話だよ!


固有名詞を間違う

私は今まで「ウラニボルグ」を「ウルニボルグ」と勘違いして覚えていたみたいで、本文中の文字を修正しました。
同じくバルガッシュをバルガシュに修正。
後者はわりとどうでもいい部類に入りますが(ひでえ)。
前も書いたけど私はリアルでタイタニアを語り合う友達がいないので、「ウルニボルグ」を声に出して発音したことはなく、誰からも修正されないまま固定していたみたいです。原作だとルビ表記の部分だからちっせえしな。アニメではキャラの声優さんが発音してそれを聞いている筈なんだけどなんでだろうねえ。
ついでなのですが、固有名詞の発音や読みの間違いについて思うことなど。
リアルライフに置いては、特に日本語なぞは「知ってないと分からない読みの名前」が溢れてますので、分からなかったり間違えたりするのはしょうがないというか、直してもらうのがいいとは思うけど、そういうことが起きたとしても本人が悪いわけじゃないよなーと思います。
仕方がない。
オタクライフに置いては、どうでもいいキャラや地名なんぞはともかく(と、今回自分が間違えたことに対する言い訳を用意する私でした)、自分の萌えキャラとか自分が好きな俳優さんやアイドルなんかの名前を間違えるのはよくないよ!
自分が好きというわけでもなんでもない人物名だったら上記リアルライフの基準に準じるけど。
というのはネットで見てると結構間違えている方が多いからで。
例えばライドウの「筑土町」を「築土町」と間違えてる方とか。
これはまあ前述の「地名」ってやつですけど。
スラムダンクの「木暮」を「小暮」と間違えている人がとても多い。
どちらも苗字として存在してるので余計ややこしいんだろうと思うけどね。
「藤真」を「藤間」にしてる人もすごく多い。
どちらもmixiのスラムダンクコミュでの話ですけどね。
間違いやすいのはしょうがないのでかまわないですし、キャラのファンというわけでないならまあいいんですけど、間違えていてかつ「藤間、好きです!」とか「小暮のファンです」とか書いてあると、もうね。
スラムダンク全巻10回読み返してこいと。
いや、藤真の場合は10巻と11巻だけでいいや。

完全版だと8巻と9巻ね。


日本語のダーモク語化

『ガンダム』『スラムダンク』など、メンズと一緒に盛り上がれるアニメの名セリフまとめっていう記事を読んだのですが。
紹介されてる台詞、全部普通に分かるな。現代日本の基礎知識ですよね。普通に周辺に溢れてますよね、この辺の言葉。「諦めたらそこで試合終了だよ」はよく使います。くじけそうになることが多いので。漫画やアニメには名台詞が多い上に、その蓄積もかなりなものになっています。
このまま日本語のダーモク語化が進んでいいものでしょうか!?
……と、反語的に書いてみたものの、全然構わないと思っています。
ダーモク語が何のことか分からない人は新スタートレック102話「謎のタマリアン星人」を見てね。