「脳の国のDr.シナプス」千穐楽

4日は脳の国のDr.シナプスの千穐楽を見に行きました。
私は事前にチケットを取っていましたが、友達2名は前日までの公演を見て急遽楽日鑑賞を決めたらしく、当日券を買っていました。というわけで今回は3名の友達と鑑賞。
1度目と2度目は見方が変わるものですね。色々と知っていてもろもろ踏まえた上で見ていると役者の演技もまた違って見えてきたりもして。面白いです。
私は昔は演劇は一つの公演は一度見に行けばいいと思っていたのですが、今は見られるだけ見たい。出来れば全通したいね! 時間的にも経済的にも無理なので出来ませんが。
でも複数鑑賞当たり前になってきました。こわー。
芝居が終わった後のカーテンコールでIKKANさんが挨拶すると、一番最後はとりあえず(?)堀川さんに振るんですよ。
というか多分IKKANさんは単にドラゴンボールファンなのではないかという疑いがある。
なぜなら毎回明らかにベジータをやってもらっているのだ。
この場合の毎回というのは私が見たときは毎回という意味で、私が見なかった回を見た友達からは、アンドロメダ瞬の回もあったと聞きました。それも聞きたかったな。
ていうかやっぱりIKKANさんは単に漫画とかアニメとか好きな人では。
観客としては堀川さんが舞台で何かやってくれるというなら「ラインハルトやってほしいなー」とか、色々思うところがあっても心に秘めているというか。言えないじゃないですか、やっぱり。なんか、失礼なんじゃないかなーとか思うし。
でもその辺IKKANさんは違う。遠慮しない。だから毎回やってもらっている。というかいいたくても言い出せない観客に代わって言っておかなくてはという使命感があるのかもしれない。無いのかもしれない。それはわからない。
それはともかく、舞台が終わった後に友達とご飯を食べてから帰ったのですが。
上記のラインハルトもやってもらいたかったねえという話の流れで。
「でもラインハルトって決め台詞ってあったっけ?」と私が言いましたら友達のKさん(仮名)は
「あるじゃん、『キルヒアイス、俺は宇宙を手に入れる事が出来ると思うか』ってやつ」と言いました。
いやでもそれさ、キルヒアイスの返答前提の台詞じゃね? それきたら今度は広中さんも必要じゃね?
と言ったら「大丈夫私が代わりに言うから。「ラインハルトさま以外の何者にそれが適いましょう」って」
……って、Kさんあなたそれ自分が言いたいだけでしょう。
そんなKさんはON/OFFファンです(関係ない)。
話が芝居本編と全然関係ないですが、そんなの気にしません!
でも本編の話に戻します。
このお芝居を観ていてひっかかる、気になる場所が一つだけありました。
最期の入院しているサズクとヒロトの会話です。
沖縄でのレースでの出来事があってから、成長譚だとしたら、ここでキャラクターの変化を描くべきですよね。
んでまあ明らかにふっきれてる人たちとかもいるわけですが(ねーちゃんとか)。
サズクは結局なんだったのかなあ。真っ白になってたのが、Dr.の助けを借りなくても選択出来るようになりましたということなのか。
最期にロングバケーションだかサマーバケーションだか、人生一生バケーション気分で乗り切ろう的なことをヒロトに勢いよく伝えるわけですが、それがこのドラマで彼が得た物というか、成長した部分というか、そういうのと特に関係ないような内容のことを語っているように思えてならんのです。イマイチまとまってないというか。
芝居も最期だから主人公が何か良いこと言って終わるぜ! っていう勢いだけはすごくわかるのですが、肝心の内容が私には届かないのです。いや、彼らがとんでもない経験を通じて変化したり成長したりふっきれたりとか、そういうことが起きているなあというのは、わかるんですよ。わかるんですけどね。
あと、作品自体のテーマも分かるんですよ。選択の積み重ねで取り返しの付かないことになっても諦めちゃだめだ、とか。あとはまあ、一つ一つの選択が大切だとか。まあ、そんなようなことだ。分かる。
間違った選択を、結局彼はリカバー出来たのか?
そんなようなのがテーマだと思うのです。
そして必ずしもテーマを全て消化しなくてはいけないということもないのでしょうが。
なんか最期のサズクの長ゼリに関しては、ちょっと的を外しているような気がしてならなかったのが気になるところなのでした。
何かもっと書きたいような気もするのですが、とりあえずこんなところにしとこう。
面白いお芝居でした。
DVD化してくれないかなー。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「脳の国のDr.シナプス」またはダブル闇鬼

堀川さんといえばラインハルトさまアンドロメダ瞬。と、以前書きましたが。
今日、「脳の国のDr.シナプス」を見に行った時に、そういえば堀川さんはアニメ版風魔の小次郎でも役をやってたよなあ、しかも夜叉の。
……でも八将軍の誰をやっていたかは思い出せなくて、家に帰ってから調べたら 闇鬼 じゃん。
ってことはすごいよこの舞台。風魔の小次郎の闇鬼を演じた人が二人も出てるんだよ!! と、今頃になって無駄に興奮してるたじまです。みなさんこんにちは。
原田篤さんが出ておられました。
原田さんといえば私にとっては仮面ライダー555の人。
しかし戦隊ものにも出てるというじゃないですか(無知)。
それもゴーゴーファイブに。5の人(メモメモ)。
でも
私に取ってはデルタは北崎さん。デルタといえば北崎さん。それは譲れない。いや、譲らなくてもいいのか。
今日は芝居の前説がIKKANさんと原田さんだったのです。
が、
全席自由席の芝居なのですが、前説の人たちが時間つなぎをしないといけなくなってて。
で、原田さんがお店の話をしてました。
上野毛で飲み屋をやってるそうです。
行ってみたいものです。てか、飲み屋?
河井我聞がラーメン屋をやっていると聞いた時のような衝撃が。
そうそう、前説の相棒のIKKANさん。
怪人社の芝居は初めてだったんですけど、去年「セレブ気取り」に出演されていたのを見てるんですよね。
公太郎さんたち演じる草食系男子4人が、自分たちに恥をかかせた肉食系女子4人に復讐するために雇った刺客4人の一人がIKKANさんでしたが、あのときもすごかった。
今回もすごかった。
今回個人的に一番手に汗握ったシーンはひたすらボケまくるIKKANさんに公太郎さんがツッコミまくるシーンでした。
なんといったらいいんでしょうか……。応援したくなる感じ。
公太郎さんは今回は髪は短くて(闇鬼じゃないから)、目は開けてて(闇鬼じゃないから)サラリーマンでした。そしてメガネ。
なんという目の幸せ。
土方歳三のときもかなりすごかったけど、背広の破壊力もアレだぞ。すごいぞ。
物語後半は着替えてもっと色々な服装してくれるのも楽しかったですよ。
あとはあれだよね。堀川さんの声がかっこよすぎるよね。
堂々としててね。
生で聴けてよかったと思いました。
お芝居全体的に面白くてよかったです。
金曜の昼公園がちょっっっっとだけ残っているそうです。
他の券は完売してるんですって。
おめでたい。
これから見に行くという人にアドバイス。
前から2列目までに座るといいです。
席が空いてたら絶対そのあたりに座るべきです。面白いから。
まだ公演の続いている演劇ですので、ネタバレのない範囲で感想を書いてみました。
ネタバレつき感想はまたあらためて。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

固有名詞を間違う

私は今まで「ウラニボルグ」を「ウルニボルグ」と勘違いして覚えていたみたいで、本文中の文字を修正しました。
同じくバルガッシュをバルガシュに修正。
後者はわりとどうでもいい部類に入りますが(ひでえ)。
前も書いたけど私はリアルでタイタニアを語り合う友達がいないので、「ウルニボルグ」を声に出して発音したことはなく、誰からも修正されないまま固定していたみたいです。原作だとルビ表記の部分だからちっせえしな。アニメではキャラの声優さんが発音してそれを聞いている筈なんだけどなんでだろうねえ。
ついでなのですが、固有名詞の発音や読みの間違いについて思うことなど。
リアルライフに置いては、特に日本語なぞは「知ってないと分からない読みの名前」が溢れてますので、分からなかったり間違えたりするのはしょうがないというか、直してもらうのがいいとは思うけど、そういうことが起きたとしても本人が悪いわけじゃないよなーと思います。
仕方がない。
オタクライフに置いては、どうでもいいキャラや地名なんぞはともかく(と、今回自分が間違えたことに対する言い訳を用意する私でした)、自分の萌えキャラとか自分が好きな俳優さんやアイドルなんかの名前を間違えるのはよくないよ!
自分が好きというわけでもなんでもない人物名だったら上記リアルライフの基準に準じるけど。
というのはネットで見てると結構間違えている方が多いからで。
例えばライドウの「筑土町」を「築土町」と間違えてる方とか。
これはまあ前述の「地名」ってやつですけど。
スラムダンクの「木暮」を「小暮」と間違えている人がとても多い。
どちらも苗字として存在してるので余計ややこしいんだろうと思うけどね。
「藤真」を「藤間」にしてる人もすごく多い。
どちらもmixiのスラムダンクコミュでの話ですけどね。
間違いやすいのはしょうがないのでかまわないですし、キャラのファンというわけでないならまあいいんですけど、間違えていてかつ「藤間、好きです!」とか「小暮のファンです」とか書いてあると、もうね。
スラムダンク全巻10回読み返してこいと。
いや、藤真の場合は10巻と11巻だけでいいや。

完全版だと8巻と9巻ね。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「タイタニア」3巻

新宿紀伊国屋書店の本店には1巻がなかった(高島屋の方の店にあると言われましたが移動面倒だろ!)ことは既報ですが、前日別の用事で新宿に出た折に小田急の三省堂に寄ったらこっちは3巻がなかった。
同じ日に秋葉原にも用事があったので、書泉によってみたら、3冊ともあって、しかも全部平積み(゚∀゚)。さすが書泉! 紀伊国屋と三省堂は見習え(笑)。だって三省堂は1冊ずつ棚に並んでいただけだしあまつさえ紀伊国屋は棚に並んでなかった(在庫棚にあったみたい)。アニメ放送中なんだから並べとけ!
コミック版の方はどれくらい売れてるのだろーか。
さて、そんなわけで電脳オタク都市まで出掛けてようやく入手した3巻です。

↑言わずと知れたアニメの表紙ですが、アリアバートさん大きすぎる。これじゃ主人公か副主人公クラスだろと。
ん? いいのか、副主人公で。
読み返して思ったんだけど、タイタニア側はジュスラン、反タイタニア側はヒューリックの描写が多いので、特にモノローグというか内面描写が多いジュスランは明らかに主人公なんだなーと思います。これだけ人数が多い小説だから(銀英伝程じゃないか)ある程度的を絞らないと分かり憎くなるだろうしね。
でもなぜか昔からジュスランよりアリアバートさんの方が気になってたんだよなあ……。
ところで、EX版の文庫本もありますが、実物は見たことありません(というか文庫化してるの知らなかった)。

↑これで見る限り、アニメ版とは関係のない表紙みたいなので、実物見てみたいな~!
そんなわけで3巻です。
結局文庫で揃えたんですが(解説あるし! 表紙も違うし!)、最初の2巻を買ったときはまだそんなにまじめに読む気が起きなくて(再読だし)、アリアバートさん関連だけとばし読み。反タイタニア勢のシーンすっとばし。すまん、ドクター。でも1巻と3巻は普通に読みました。
そして刊行当時の思い出がありありと蘇ってきつつ、アニメ版も踏まえた感想がだらだらと垂れ流されます(続きに)。

続きを読む 「タイタニア」3巻

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「戦国BASARA」8話

「血風大伽藍! 小十郎絶体絶命」の巻。
かすがさんがいないと男むさくてかなわんこのアニメ(;´Д`)。
今週はあまりにおっぱいが足りない……
しかし松永さんかっけーな。ダメ人間なおっさんでいいな。
藤原さんかっけー!(*゚∀゚)=3 惚れてまうやろ!
ポワロの「ひらいたトランプ」のシドも藤原さんにやってもらいたかった……東地宏樹さんもステキだけどね!)
そんなわけで来週はかすがさんお願いします。

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

「彼女にしたいジブリ作品のキャラクターランキング」


当然クシャナ殿下一択で。
人類として当たり前のことじゃよー。
さらにおぞましいものを見てもいいので夫にしてくださいというかむしろ見せてくださいというか、いや、原作派なんですけど、アニメの殿下は榊原さんだからさ!

↑殿下表紙の巻

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]