「俺たちは天使だ!」テレビ版DVD1巻発売記念イベントin青物横丁

アニメイトでのDVDの1巻の購入者特典のイベントです。
整理券は早い者順でした。
しかし。
イベント会場に入ると、中の係員の誘導に従って着席せねばなりません。
番号が早いほうが前の方の席に座れるのは確実だけど、真ん中あたりの席につけるとは限らないわけで。
番号が遅くても列の真ん中あたりの方が良い席、ということがありました。
具体的に言うと私より10以上前だった友達より、私の方がド真ん中の当たり席でした。ありがとうごさいました!!
自分はたまたま良い方にあたったから良かった物の、そうでなかったらちと理不尽に感じたかもしれない。
イベントはそういう参加者の些細な悲喜こもごもとは関係なく、取り行われていきました、文芸の田口さんが司会。握手会→トークショー→プレゼント抽選会の順番でした。
プレゼントは残念ながら外れました。でもキャストのサインは舞台版の時のスタンプラリーで入手済みなのであまりくやしくない(ブドウは酸っぱいに違いない)。
イベントはややぐだぐだには違いなかったものの、司会の人が進行しながらテレビ撮影の思い出を4人のキャストに語ってもらう形式でしたので、先日のDustzのファンクラブイベントにないものはこれだな、と思いました。
トークの出来る、かつDustzのことを理解している人に司会をやってもらい、少し4人からトークを引き出してもらいたいのです。音楽の演奏がバンドの本分ですが、そういうのは普段のライブで楽しませてもらっているのですから、ファンクラブイベントではそういうのがあってもいいと思う。どですか?
Dustzのことはともかく、俺天ですね。
握手会のときは少しキャストの方に声をかけたりできるのです。参加人数の関係で長々とお話出来るわけではないから、一言ずつですけどね。
私は思いました。事前に何言おうか考えてないかぎり、気の利いた一言なんか出てくるわけがない。そして事前に何言おうか考えていても、役者さん本人が目の前に来ると焦っているのもあり何を言うつもりだったか忘れる、と。
つまり、何か伝えたいことがあったら、手紙に書いてファンレター出せという話ですよ。
席が良かったためもあって、ずっと藤田氏を眺めていられ、生はいいねえと思いました。いや、テレビ越しでもいいんですが。
以前、ジャンフェスでのアニプレックスブースでの風小次イベントを見に行ったという人が、こういうことを言ってました。壬生の人はブラウン管を通さないタイプの光線出してる。
その人は壬生ファンだったのですが、テレビで見ていたときはあまり実写版の壬生をいいとは思わなかったらしいんですね。悪いとも思わなかったんでしょうけど。
でもイベントで生の壬生の中の人をみたら光線にやられてしまったそうです(ってこんな人ごとみたいな書き方してると私はジャンフェスの風小次ステージ行ってないみたいじゃないか。行きましたよ、ちゃんと壬生さんの回に)。
言われてみるとそうかなあ。
いやいや。
私は思うのですが、これは多分他の藤田氏のファンも同意してくれると思いますが、藤田氏は写真とか映像写りが難しいんですよ。ってこれって前からこのブログでも言ってるな。写真写りによって結構差がある。多分彼を撮るときはかなり意識してないとキレイに撮れないんじゃないかな。風魔の実写版の最初の方はスタッフの方がそういう藤田氏の特性を理解してないみたい。
そういう意味では最初からキレイに彼を撮っている牙狼や俺天のスタッフはすごいと思います。
そんなわけでテレビで見るより、生で観た方がすごいのかもしれません。また別の友達の談ですが、舞台版の風小次から藤田氏のファンになったお嬢さん方も多いとか。ほんとかよ?
なぜ私が懐疑的なのかというと、実写風小次1話で始めて彼を見たときから彼が大好きなのでよくわからんのです。最初からブラウン管ごしでも光線にやられてたし。後から見ると確かに実写風小次の1話はあまり写りが悪くないんだけど。でもあの頃から良いと思っていたんだよなあ。何故かなあ。
藤田氏のテレビ写り語りはともかく、今日は楽しいイベントでした。
握手会は風小次のイベントでも何度か、そしてDustzのイベントでも参加しております。が、未だに目の前にあの顔が来ると頭真っ白になるなあ。最近むしろそれが楽しいような気がするたじまさんです。
イベントが終わった後に、いつもイベントに来てるので何となく顔見知りになる藤田ファンの人とかと話したりしなかったりです。今回は先日バンダイの企画でイラスト募集に応募したときの絵のNAVIさんをトリミングした画像をiPhoneで数名の方に見せたりしてましたよ。
バンダイの企画ページで結果が判明して落選が確定したらこのブログにも載せますよー。


「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」購入


引き続き風邪です。昨日よりはいいですが、まだ体調悪いので、何かするのにすごくエネルギーが必要です。でないと忘れちゃったりだるくてめんどくさくてやりたくなくなったり。で、なんとかiPhoneを充電し、食後の薬を飲み、友達にメールを送り、別の友達に電話で連絡を取ることができました。今日はあとはもう寝るだけです。でも、せっかくSTRANGE JOURNEYを買ったのにまだ封も開けてない自分が気の毒でならん。明日からやるよ、明日から。
全然関係ないですが、今日の昼間J-WAVEで馬の骨さんキリンジお弟御さん)が歌ってたジョンレノンよかったですな。あれCD出てないのか。
ジョンレノン生きてたら今日で69歳らしいよ。


AUの新プロジェクトiida

http://iida.jp/
↑ネットでニュースにもなってた、コレの話題。
前にやってたデザインプロジェクトはどうしたの?
終わってた?
あれのコンセプトモデルにあったapollo02とishicoro、商品化されないのかとずっと待ってたんですけど(キャリアがAUじゃないので出ても機種変はしなかったと思いますけどね)。
思えばデザインプロジェクトの頃のAUは輝いていた。
INFOBARはかなり衝撃的だった。
talbyは随分長いこと、私の中で最も優れたデザインの携帯電話だった(iPhoneが出たから2番目になっちゃったけど)。
INFOBARやtalbyと違って、neon、w11kあたりになると、もう他の携帯製品群とあまり差別化出来てないなーと思っていました。
PENCKは、元がコンセプトモデル一覧にない製品なんだけど、どう考えてもishicoroだよねえ。深澤さんの。無関係にしては似すぎている。無関係なんだろうけど。
PENCKもフォント問題なんてあったりしましたが、実物自体はかなり魅惑的な製品でした。
AUのデザインプロジェクトを見ていて気になったのは、機種変の際に結局別の携帯になっちゃうって事です。
何を当たり前のことを言ってるんだと思われるでしょうが。
携帯自体が技術開発が進み続けていてサイクルの短い製品だから、いつか買い換えるという宿命を帯びてるんですよ。
私は2代前の携帯は7年くらい使ったんですが、それは特殊な例で、1~2年くらいのうちに買い換える人が多い。
普通の携帯ですら7年もつかった私なので、気に入った末に購入したtalbyであればきっとそれくらい使い続けていたいと思う。でも友達でtalbyを使ってた人がいたんだけど、その人はあっさり機種変してたんですよね。
それが結構衝撃的だったというか。
まあたかが携帯で何言ってるのと言われるかもしれませんが。
「気に入った、品の良いものを、長く愛用し続ける」という、時計やら万年筆みたいな使い方には、携帯電話は全然向いてないんですね。
どんどん機種変し続けるのが普通の使い方なのかもしれませんが、デザインプロジェクトの携帯はそういう使い方に乗せるにはもったいないくらいよい製品だった。結局使い捨てられていくのを見て、人ごとなのに心が痛んだのです。
iidaの方は……事実上のデザインプロジェクトの後継プロジェクトなんでしょうけど、今のところあまり関心がないです。デザインプロジェクトの時ほどのインパクトがないなあ。草間弥生ファンだったら嬉しいのかもしれないけど。
iPhone買っちゃったからですかね。iPhoneは、その機能に馴染んでしまうと他の携帯じゃ代替が聞かないタイプのデバイスなので。
そんなわけで5月末に出るんじゃないかと言われている次世代iPhoneの方が気になります。


Genius Bar 初体験

いきつけのブログに書いてあったので思い出したんですが、私も先日初めてGenius Barを利用しました。
iPhoneの調子が悪くなって、本体のMacと繋げても認識してくれなくなったんです。
対応してくれたスタッフは確かに爽やか&丁寧&素早くて、iPhoneの様子を見ながら時間待ちのときに(復元しましたし再起動の時なんかは待ってるしかないので)、Macに関する雑談が気軽に出来て、良い感じでした。
ブートキャンプを入れようと思ったらどうするのかとか、WindowsOSはフロッピードライブにバンドルされてるのが安くていいですよとか教えてくれました。え、フロッピードライブにバンドルされてるもんなの?
あとはCrossOverとバーチャルPCとの違いとか、Appleのサポートが終わった古いMacが壊れたらどうしたらいいかとか、伺いました。
Mac関連の深い話が出来るってだけでもかなり楽しいかも。
肝心のiPhoneですが、色々診てもらいとりあえずの対処もしてもらいましたが、未だにやや調子が悪いです。全く使えない訳ではなくて、特定の手順を踏めば問題を回避出来ることに気がついたのでそのまま使っています。近いうちに時間がとれたらまた相談にいこうかと思ってます。

↑こういう本私も買った方がいいのかな~