「脳の国のDr.シナプス」千穐楽

4日は脳の国のDr.シナプスの千穐楽を見に行きました。
私は事前にチケットを取っていましたが、友達2名は前日までの公演を見て急遽楽日鑑賞を決めたらしく、当日券を買っていました。というわけで今回は3名の友達と鑑賞。
1度目と2度目は見方が変わるものですね。色々と知っていてもろもろ踏まえた上で見ていると役者の演技もまた違って見えてきたりもして。面白いです。
私は昔は演劇は一つの公演は一度見に行けばいいと思っていたのですが、今は見られるだけ見たい。出来れば全通したいね! 時間的にも経済的にも無理なので出来ませんが。
でも複数鑑賞当たり前になってきました。こわー。
芝居が終わった後のカーテンコールでIKKANさんが挨拶すると、一番最後はとりあえず(?)堀川さんに振るんですよ。
というか多分IKKANさんは単にドラゴンボールファンなのではないかという疑いがある。
なぜなら毎回明らかにベジータをやってもらっているのだ。
この場合の毎回というのは私が見たときは毎回という意味で、私が見なかった回を見た友達からは、アンドロメダ瞬の回もあったと聞きました。それも聞きたかったな。
ていうかやっぱりIKKANさんは単に漫画とかアニメとか好きな人では。
観客としては堀川さんが舞台で何かやってくれるというなら「ラインハルトやってほしいなー」とか、色々思うところがあっても心に秘めているというか。言えないじゃないですか、やっぱり。なんか、失礼なんじゃないかなーとか思うし。
でもその辺IKKANさんは違う。遠慮しない。だから毎回やってもらっている。というかいいたくても言い出せない観客に代わって言っておかなくてはという使命感があるのかもしれない。無いのかもしれない。それはわからない。
それはともかく、舞台が終わった後に友達とご飯を食べてから帰ったのですが。
上記のラインハルトもやってもらいたかったねえという話の流れで。
「でもラインハルトって決め台詞ってあったっけ?」と私が言いましたら友達のKさん(仮名)は
「あるじゃん、『キルヒアイス、俺は宇宙を手に入れる事が出来ると思うか』ってやつ」と言いました。
いやでもそれさ、キルヒアイスの返答前提の台詞じゃね? それきたら今度は広中さんも必要じゃね?
と言ったら「大丈夫私が代わりに言うから。「ラインハルトさま以外の何者にそれが適いましょう」って」
……って、Kさんあなたそれ自分が言いたいだけでしょう。
そんなKさんはON/OFFファンです(関係ない)。
話が芝居本編と全然関係ないですが、そんなの気にしません!
でも本編の話に戻します。
このお芝居を観ていてひっかかる、気になる場所が一つだけありました。
最期の入院しているサズクとヒロトの会話です。
沖縄でのレースでの出来事があってから、成長譚だとしたら、ここでキャラクターの変化を描くべきですよね。
んでまあ明らかにふっきれてる人たちとかもいるわけですが(ねーちゃんとか)。
サズクは結局なんだったのかなあ。真っ白になってたのが、Dr.の助けを借りなくても選択出来るようになりましたということなのか。
最期にロングバケーションだかサマーバケーションだか、人生一生バケーション気分で乗り切ろう的なことをヒロトに勢いよく伝えるわけですが、それがこのドラマで彼が得た物というか、成長した部分というか、そういうのと特に関係ないような内容のことを語っているように思えてならんのです。イマイチまとまってないというか。
芝居も最期だから主人公が何か良いこと言って終わるぜ! っていう勢いだけはすごくわかるのですが、肝心の内容が私には届かないのです。いや、彼らがとんでもない経験を通じて変化したり成長したりふっきれたりとか、そういうことが起きているなあというのは、わかるんですよ。わかるんですけどね。
あと、作品自体のテーマも分かるんですよ。選択の積み重ねで取り返しの付かないことになっても諦めちゃだめだ、とか。あとはまあ、一つ一つの選択が大切だとか。まあ、そんなようなことだ。分かる。
間違った選択を、結局彼はリカバー出来たのか?
そんなようなのがテーマだと思うのです。
そして必ずしもテーマを全て消化しなくてはいけないということもないのでしょうが。
なんか最期のサズクの長ゼリに関しては、ちょっと的を外しているような気がしてならなかったのが気になるところなのでした。
何かもっと書きたいような気もするのですが、とりあえずこんなところにしとこう。
面白いお芝居でした。
DVD化してくれないかなー。


「ドラマスペシャル・白洲次郎」第1回

「カントリージェントルマンへの道」の巻。
原田芳雄吉田茂すぎる件。
白洲次郎鷺巣詩郎は語感が似ている件。
まあそんなことはどうでもいいんですが。
ドラマの原案はこちらです。

この人、日本で一番かっこいい男とか言われているんです。
すげーな、そのキャッチ。
NHKが何度も番宣してたので見ることにしました。
予想通り美術がすばらしかったな。衣装も。小道具も。ロケも。
レトロ大好きなんです。
内容は戦前~戦中~戦後の頃、つまり大正から昭和の頃くらいまでのお話です。
本物のセレブ、つまり上流階級、そのころまだ日本にあった「貴族」という連中のお話、そして第一回は青春物語っぽくもある。ボーイミーツガールな話も入ってくる。
私は根っから庶民の生まれ育ちなので大正の時代に留学してたようなボンボンやお嬢様の話なんざ知るかって感じなんですが、でもさっきも書いたようにレトロ大好きなのでその時代の色々なのを持ってこられると飛びつかざるを得ない……。
そして自分じゃとても住んだり手に入れたりできないようなかっけー家やインテリアを見てうらやましがる次第です。いやー、ほんと良かったよ、農家の大きな日本家屋から、都内の貴族が住むような昔の屋敷やら。
たてもの園には高橋是清邸が移築されているので、庶民でも見学に行くことはできるんだけど、あれ、うちじゃないもんなー。
ドラマの撮影用とはいえ、人間が生活してるようにしているのもよかったです。博物館の展示物にされてると魅力はかなり削がれるものですから。
次郎の神戸の生家もよかったなー。
イギリスロケのパートもみんな良かったなあー。
あと俳優陣がみんなよいですなー。岸辺一徳が出るとみんな持って行かれちゃう勢いですが。
映像も変わってて良かったですな。ちょっとテンポが悪いところもあったと思ったけど、全体的に変だった(褒め言葉)。そのまま撮ると現代物っぽくなるだろうから、気を使っているのだろう。
そうそう、クラシックカーも良かったなあー。
いつもポアロのドラマを見る度に「イギリスにはこういうドラマの撮影用にクラシックカーをいつでも動かせるようにしてる仕事の人とかいるんだろうなあ」と思ってたんですが、日本にもいるのね。
クラシックカーいいよねー。
ていうか最近の車の形が全然ステキに見えないのだがどうしたらいいのか。
お話自体は太平洋戦争に突入したあたりで「続」です。
次郎さんは戦争に勝てると思っていないので、敗戦色が濃厚になるずっと前に都内から田舎(といっても鶴川町というからには神奈川県の、町田の近くだから、そんなに離れてないような気もするけど。戦時中はあの辺りは普通に田舎だろうなあ)に移り住み、自給自足を試みています。それは奇しくも彼が反発し続けていた父親が最期にしていたことと同じなわけで。
私がゲームの「デビルサマナー葛葉ライドウ」を遊んでいて、どうにも腑に落ちないというか……腑に落ちないというのと違うなあ。なんといったらいいのか……
ああ、そうそう、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の感想にも書いたけど、歴史上の人物のお話は、その人物が処刑されると分かっている後世の自分からすると、読むのにしんどいものがあるのですが。
(例を挙げていうとマリー・アントワネットや近藤勇なんかのことですが)
この時代の日本を舞台にした作品にも同じ働きがありまして。
なんとはいっても結局太平洋戦争とその敗北、それに続く占領の時代を後に控えているというのを知っているわけですから。
見ていてなんとなーく楽しさがないというか。
あるんですよ、そういうのが。
ライドウはまるきりフィクションだしそもそも歴史を少しばかり変えて架空の歴史物の趣もある(そればかりか、女神転生の流れを汲むのであればさらにその後東京にICBMが打ち込まれるかもしれない歴史の流れも含んでいるのですが、それはそれ)お話だからあまり関係ないといえばそうなんですが、このドラマのようにその時代を生きた実在の人物の実話を元に書かれた話となると、いかにフィクションといえど全然違ってきますな。
今回はそこそこなところで終わっていますが、第2回は戦中? それともいきなり戦後?
いやしかし白洲さん自身が多いに活動をしたのがその時代の話と言う事であれば、その時代をスルーするわけにはいきませんし、本末転倒ですし。それはわかってますが。ちょっとテンションが下がるのも確かなのでした。
でも衣装や美術につられて見るんだろうな、2話。


「デビルサマナー葛葉ライドウ対隻眼化神」後編


ドラマの後編です。
今回のキーワードは「早とちり」
ヴィクトル曰く「悪魔というより、神になりそこねたヤツ」。
いやあの、メガテンの世界では神でも悪魔呼ばれてますがな。
とかいうことは言っちゃいけないんだろうな。やっぱり民間信仰とかあるわけだし。
今回の話は、前編を見て予想したとおりの展開でした。ある意味、ひねりはないです。でも、良かったです。
この手の話だと、悪魔によるトラブルが起きているその奥には、何か悪さを企んでいる人間の存在がかかせません。以前高橋なにがしさんの陰陽師小説を読んだのですが。
……思い出そうとしたんだけど、どうもタイトルが思い出せないです。でも内容的にこの本だろうか。


ライドウのみたいなのじゃなくて、平安時代のほんとの陰陽師の話なのですが、短編の集まった1冊の本の全てがそのパターンでした。
つまり「より恐ろしいのは人間の方だった……!」ってやつ。
正直読んだときにびっくりしました。一つくらいはパターンにはまらない話があってもよかりそうなものなのに、全部それかよっ。
しかしよく考えると、いや考えるまでもなく、あやかしや妖怪というのは、人間の営みで現れた『歪み』を『視覚化したもの』であるという見方があるわけでして、それに則って考えれば、そういう話になるのは当然の流れなのかもしれません。人の営みのないところに、悪魔たちの出番もまた、ないわけです。
今回もそんな感じで、悪いことをした人が裁かれるべく警察にひっとらえられました。悪いことをした人間を引っ捕らえていくのは、風間刑事のお仕事。
そして、人々に害を為す悪魔を引っ捕らえるのはデビルサマナー葛葉ライドウのお仕事です。
あとはネタバレになってしまうので、お話についての話はここで終わり。
個別に感想など書いてゆきます。
まずはガイン君! 来たよガイン君! 前編の感想で不満をもっておりましたが、その私の気持ちをちゃんと汲んでくれたのでしょうか!(と電波っぽいことを言ってみる)やっぱりモコイさんはいいねえ~~~。
エフェクトかかりまくってましたけど!
その次。メモをとる猫! この頃はフェルトペンはあったのでしょうか。ボールペンや万年筆では猫の口で書くのは難しかろ? あるいは鉛筆でしょうか。それにしても書くの大変だろうと。
それから、ヴィクトルのところに沢山いた悪魔。ライドウに連れてってーとせがんでいたということは、ライドウのところの悪魔だったの? 悪魔保育園状態だったの? デビルカルテに登録するって、そういうことだったの? それはそれで面白い。
ところで今回の「隻眼化神」は天目一箇神(アメノマヒトツ)のことでございました。隻眼だな。
そして、キヨのとーちゃんを雇っていた浜垣さん。
1週間以上ノルマが達成してないからという理由で労働者を家に帰さないってどう考えてもただの犯罪者……。
そんな無茶な労働条件を押しつけてもいいことなさそうだけどなあ。
昔の人の工場勤めとか、労働者を働かせる時にやりすぎるとやばいという意識がなかったころの時代のひどい話は、よく聞く話ですよね。
蟹工船とかもそうなのか? 読んだことないけど。いや、これはもしかしたらワーキングプアという現在の暗部を鋭く抉り取った社会的な問題提起の物語なのかもしれない。100年に一度の不況のせいで、身につまされる人もいるのではないでしょうか。つまり、全然昔の話になっていないんだなあ。にしても浜垣重工は極端だろと思うけど。しかもやらせている行為が犯罪……なんだっけ、こういうの、こんぷらいあんす……ほうれいじゅんしゅとかなんとか……むにゅむにゅ……。難しい話をしようとしてぼろが出そうになったので、やめました。
ここでも現実の世界の人間の方が恐ろしかったというオチになってしまうのでしょうか……!!
そして鳴海さん。いいなあ、ドラマの鳴海さん。この鳴海さん好きだー! 鳴海らしさが良く出ています。
タエちゃんもそうですね。脚本の人がキャラクターの「らしさ」をちゃんと把握して書いている、という感じがします。丁寧な仕事です。よいですね。
今回割を食ったなあと思うキャラは出番がなかった「ヤタガラスの使者」。
キャスティングするとしたら個人的には勝生真沙子さんか田中敦子さんがいいです。
名も無き神社を通して異界へ行くシーンがあるので、そこで出番がなかったということは、キャスティングの都合上だったんだろうな。
でもまあ、しょうがない! 優先順位が低いと判断されたのだろうし。
実際のゲームの時もそんな感じでしたが、事件がクライマックスに近くなると、ライドウが異界で悪魔と対戦する展開が続くので、他の人たち、つまり鳴海やらタエちゃんやらの出番が減りますな。
このCDでも前編に比べて後編の方がそんなでした。ライドウとゴウトと悪魔と悪役以外の出番少ない。風間刑事はもともと出番多くなかったですけど、ヴィクトルとかね。金王屋に至っては後編は出番なかった。前編では出番が少ないとはいえかなり重要で、しかも彼らしい出番があってよかったですけどね。
今回出てきたヴィクトルさんの新作「レギンの剣」。
私は詳しくないのですが、北欧神話? だっけ?
本編にも出てくるといいな~。
レジンの剣となると、プラスティック製ってことになってしまうからな。
悪魔の話。
今回はヒーホーはお留守番だったホー。
ナタクとピクシーは続けて当番。
それから戦闘要員として新しく投入されたのはアルラウネ、ミシャグジさま、アマツミカボシ、そしてナーガラジャでした。
特技要員としては、先ほども書きましたがモコイ。
一つ気になるところがありまして。
ライドウの風魔、じゃねえ封魔方法。
2体同時召還してるし、ストーリー的にもアバドンより後なんです。
が、管で吸引という方法を使っているのです。その辺はドラマだから都合に合わせて採用した展開なのでしょうけど。
にしても、戦闘中、非戦闘中を問わず悪魔たちの言葉が最高です。
前回もそうでしたけど。
ゲームでも元々色々話しているわけですが、自分は操作に必死なので、何言ってるんだかわかんねーということもよくあるわけです。
でもドラマですと、そういうのがはっきりとしていて、台詞が実に的確で、おさまりの良い感じ。「聞こえますよ、悲鳴のオペラが!」とか、文字で読んでもピンとこなかったわけですが。こうして聞くと、わかるなあ。
かといって、作中での悪魔台詞にこだわらず、オリジナルで発言させている台詞もそれぞれそれっぽい。鳴海やタエちゃんのところでも書いたけど、じつに正しく各口調を把握して書いているんだなあと思います。ステキよ。
「お前誰?」って言われてるのか、ライドウ。「たまにな」
……いや、いじめじゃないよな。
ライドウは鳴海の面倒を見まくっているらしいです。
24時間面倒をみる存在、それは嫁といいます。
ただの探偵見習い、というかデビルサマナーなのにそこまでやらなくてもいいだろ、たとえ学生の身分じゃなくなっても……。
ここにも問題のある労働環境が(違います)。鳴海は結婚でもしろ。鳴海のところに嫁いで来たがる女性もいなさそうだけど。
おまけにあった、ネットで先行公開していた小話(?)。あれの鳴海V.S.ゴウトの話が好きです。とても好きです。特に鳴海の「うふふふ、うずうずしているね。おいで~~」が最高です。しゃべり方がすごくいいです。弄ばれるゴウトさんも最高です。
ですが。
おまけの、「無音時間」が長すぎです。
QuickTime(有料版)でカットさせて頂きました。
こちとらiPhoneで通勤時などに聞くのです。極端な無音時間は勘弁してください……。
最期のコメントで声優のみなさんも言ってたけど、続きができたらいいですね。
ゲームの続きでもいいし、ドラマの続きでもいい。同じキャストでアニメでもいいですね。ドラマCDやアニメを作るにしても、ゲームの続編も作って欲しい。ようするにもっとライドウを遊びたいです。アトラスさん、本当によろしくお願いします。
「この屏風にはいった……なんでもありませんありがとうございました!」


「俺たちは天使だ!」12話

「キムの涙」の巻。

あらすじ・実は日本人だったキム。彼女は「真田には自分で言うから」とCAPに口止めする。しかし些細なことで偶然真田は彼女の素性を知ってしまい、あまつさえちょっとした乙女心で真田に盗聴器をしかけていたキムに対し、真田はGフロンティアのスパイではないかと疑いを持つ。実際はキムは真田を盗聴したことでGフロンティアの極秘事項を知ってしまい、さらにそれをGフロンティアに盗聴されていたことで、Gフロンティアに命を狙われる身になってしまったのだった。

というようなややこしいお話でした。
教訓・盗聴などというややこしい手段に訴えるのはやめましょう。ばれたときにどうしようもないです。ばれなかったとしても、盗聴で得た情報など、どうにも活用しようがないです。
真田とキムの話が明後日の方向に向かいました。そして包丁をつきつけられても緊張感はないCAP。続く。
来週もキムと真田話が続くようです。
このドラマは悪くないと今でも私は思っているのだけど、それでも思うところがある。
このドラマは結構面白いと思っているのだけど、それでも「面白いドラマだよね」というには「何かが」足りない。
それが何なのかはわからない。一体何が足りないのだろう。
何だろう、この欠乏感は。


レギュラーキャラについて

のださんにリクエストを頂いたので、俺天の感想については進めたいとおもうのだけど、それとは別に、ドラマにおけるキャラ立ちについて考えてみたい。
正確に言うと週に1本ずつ連続して放送してるドラマの、レギュラー(もしくはサブレギュラー)についてです。
というのは、1本だけ作られるドラマや、あるいは映画なんかとは、連続してるシリーズドラマは根本的に作りが違うと思うのです。
舞台版はどちらかといえば後者、つまり単発もののくくりですね。
俺天のテレビ版に関して言えば、CAPが主人公だということにしても、レギュラー4人を看板にして制作してるからには、たとえベタだと言われようとも、最初の4話で各キャラ当番のエピソードを一度ずつやるべきだった。
だって別にGフロンティアの話なんていくらでも後回しにできるのだし(現にそうしてるし)、最初に続けて何話も特定のキャラを掘り下げる必要はないわけですし、それより先にキャラクターを視聴者に解説・紹介しなきゃいけないですし、そしてなによりもここが大事なのですが、各キャラクターを視聴者に好きになってもらわないといけない。
というところまで書いたところで猛烈な眠気が襲ってきたので、この話は次回以降に続くと言う事で。
おやすみー。


風小次キャストで「ソウルハッカーズ」

mixiで書いた日記だったんだけど、友人公開にしてたらびっくりするくらい私の友達で「風魔の小次郎」と「ソウルハッカーズ」を両方知ってる人がいなかった。
ので、こちらにも書いてみます。
『「実写版風魔の小次郎」のキャストで実写化を考える会』のソウルハッカーズの巻。
主人公   雷電(もみあげ伸ばしてもらう)
瞳     姫子ちゃん(夜叉姫でも可)
ネミッサ  夜叉姫(憑依で身長低くなる/姫子ちゃんでも可)
スプーキー 劉鵬
ランチ   黒獅子
シックス  壬生
ユーイチ  麗羅(小次郎でも可)
エリカ   絵里奈ちゃん
ナオミ   蘭子さん
スケロク  兜丸
ウラベ   武蔵
村正    紫炎
アルファ  項羽
ベータ   小龍
レッドマン 竜魔(声のみ)
主人公はカツオ繋がりで。
敵のデビルサマナーは風魔キャストからだと難しいですかね。一応入れられそうなところだけ。
蘭子さんはマヨーネでもいいかもしれん。
フィネガンとかキャロルJは風小次キャストの中からは無理ですよねー
その他のキャラもキャスティング難しいなあ
……てなわけで、フィネガン/ユダ/キャロルJ/レイ・レイホゥ/マダム銀子/ヴィクトル/メアリ/西/門倉あたりがキャスティング出来てません。
親父キャラと女性キャラが多い作品だと風小次キャストのみでのキャスティングは無理ですね。若い男性ばっか19人も出てくるドラマだったからなあ。今思うとすごく極端だよなあ。
でもエリカの絵里奈ちゃんはなかなかいいキャスティングだと思うんだよね!(自画自賛)
スキンヘッドのオカマ役に双子だからというだけの理由で坂本兄弟を降ってすいません。
スキンヘッドにしなくて普通にDJやってればいいと思います。でもオカマキャラは外さないで。